なんでも速報

タグ:F1

ルイス

1: なまえないよぉ~ 2017/02/23(木) 12:27:14.33 ID:CAP_USER9
フォーミュラワンに参戦するメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが22日、先日米リバティメディアによる買収が完了したF1は「少し時代遅れ」としたうえで、新オーナーがよりエンターテインメント性の高い新風を吹かせることに期待していると語った。

先月、リバティメディアによる約80億ドル(約9000億円)規模の買収が完了したことを受け、長きにわたってF1を支えたバーニー・エクレストン氏は、最高責任者の座から退いた。

 2017年シーズンの新車発表を翌日に控えるメルセデスのハミルトンはこの日、BBCラジオ5ライブで、「F1が勝っているとは感じないし、そうした状況が長年続いている。F1にはまだ多くのファンがいる。新たに入ってくるオーナーたちについては興奮しているし、彼らが何か新しい試みをしてくれることを願っている」と話した。

「F1は少し時代遅れだ。他のスポーツに目をやれば、彼らがエンターテインメントの観点でかなり先にいることがわかる。F1は追いつこうとしているが、取り戻さなければならないものも本当に多い」

 F1におけるエンターテインメント性向上の必要性は、長きにわたって訴え続けられており、多くの人々はハミルトンと昨年現役から引退したニコ・ロズベルグを擁し、直近59戦で51勝を飾ったメルセデスに不満感を示している。

 また、幅広タイヤの導入で高速化するマシンはオーバーテークの回数を減らすというハミルトンは、「うちのエンジニアたちは、今年はオーバーテークがかなり困難になると言っている」としたうえで、「頭のいい彼らが間違っていてほしいと思う。より見ごたえがあり、史上最も競走があるものになればと願っているし、もしそうなった場合は、自分がその一部になることを楽しみにしている」と語った。

AFP=時事 2/23(木) 10:13配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000009-jij_afp-moto

【【F1】<ハミルトン>「(F1は)少し時代遅れ」「他のスポーツは、エンターテインメントの観点でかなり先にいる」新オーナーに期待】の続きを読む

001_size6

1: なまえないよぉ~ 2017/01/30(月) 21:08:08.61 ID:CAP_USER9
フォース・インディアからルノーへ移籍したニコ・ヒュルケンベルグが、今年のクルマは「とんでもなく速い」と語った。

2014年からハイブリッド方式のパワーユニットを導入するとともに、空力効果などを大きく制限したレギュレーションを導入したF1だが、その結果クルマのスピードが下位カテゴリーのものと変わらない程度に遅くなったとの批判を受けていた。そうした反省を踏まえ、今年からまた新たなシャシーやタイヤのレギュレーションが導入されることになっている。

■2017年型F1カーは確実にスピードアップ

そして、ルノーの2017年型車をシミュレーターで体験したヒュルケンベルグは、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に「新車はとてつもなく速いと感じているよ」と語った。

ヒュルケンベルグは、2月27日(月)からF1公式シーズン前テストが行われるバルセロナのレイアウトを使ってシミュレーター作業を行ったのだが、「第3コーナーと第9コーナーはまったくアクセル全開で行けるよ」と付け加えている。

■一方でオーバーテイクは減少か?

だが、ヒュルケンベルグはその2017年型車で争われるレースでは、追い抜きは減ってしまうのではないかとの心配も抱いているようだ。これまでよりも速度が速くなるとともにタイヤのグリップが向上することにより、ブレーキングポイントもこれまでよりも短くなると考えられるためだ。

「モンテカルロ(モナコGP)では追い抜きはできないだろうね。幅が広くなったクルマでただコースの中央部を走るだけになるだろうし、それ以上のことはできないよ」とヒュルケンベルグは主張した。

■ドライバーの負担は確実に増加

だが、グリップが高くなり、コーナリングスピードが増す2017年のF1カーでは、ドライバーにはこれまで以上の負荷がかかることになる。

「これまでよりも2割か3割増し」のトレーニングに努めていると語ったヒュルケンベルグは、「このクルマは、僕たちにとっては再び本当に厳しいものになるだろうということはみんなに約束できるよ」と付け加えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000008-fliv-moto

【【F1】「とんでもなく速い」2017年のF1マシン】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/01/17(火) 16:55:00.81 ID:a3+z55Rv0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
no title


マクラーレン・ホンダは、2月24日(金)に2017年F1マシンを公開することを発表。カラーリングが異なるものになることを示唆している。

マクラーレン・ホンダは、2月24日にマクラーレン・テクノロジー・センターで2017年F1マシンを披露。発表会には2017年のドライバーを務めるフェルンド・アロンソとストフェル・バンドーンが参加する。

マクラーレンの2017年F1マシンは、MP4の記号が変更になるか可能性がある。P4はロン・デニスがマクラーレンの代表になる以前に運営していたF2チームのプロジェクト4に由来する。
http://f1-gate.com/mclaren/f1_34508.html

【マクラーレン・ホンダ、2017年F1マシンはオレンジのカラーリングが復活?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/20(火) 18:08:04.68 ID:CAP_USER9
3年前、フランス・アルプスでのスキー事故で頭部に大怪我を負って以来、スイスで療養生活を送っているといわれているF1ドライバーのミハエル・シューマッハ。その詳しい容態や近影などは、彼の私生活を守るために一切公表されていない。

しかし、ベッドに横たわる彼を写した写真が自宅から持ち出され、約100万ドルで欧州のメディアに買い取られたことがわかった。もし、この写真が公表される事態となれば、家族とエージェントが必死で守ってきた伝説のF1ドライバーの現状が白日の下にさらされてしまう。

ドイツのテレビ局RTLの報道によると、犯人はシューマッハの友人だという。夫の写真が不法に売却されたと知った妻のコリーナは激怒し、犯人を告発。現在捜査に当たっている検察当局は「ある身元不明の人物が、大金のために写真を提供した」と声明を出したが、写真を買い取ったメディアは情報提供者保護の観点から名前を明かすことを拒否している。

no title

スキーを楽しむシューマッハ夫妻(2005年)写真:アフロ

2016年12月20日 13:00 JST
http://jisin.jp/serial/%E3%A8%E3%B3%E3%BF%E3%A1/hollywood/26952

【【F1】ミハエル・シューマッハ、事故後初の写真が1億円超で買収される】の続きを読む

up77847

1: なまえないよぉ~ 2016/12/09(金) 07:10:14.95 ID:CAP_USER9
1950年、英国ではじまったモータースポーツの最高峰が「F1」だ。半世紀以上の長きにわたって
人々に愛されるF1の歴史は、マシンの進化と共にあるといっても過言ではない。
そんなF1マシンの中でも、進化の過程が如実に現れるパーツのひとつに「ハンドル(ステアリング)」
がある。そこで今回はF1のハンドルの歴史が3分でわかる動画をご紹介したい。

・F1のステアリングの進化がわかる動画

モータースポーツをはじめとする、様々な車の情報を扱う人気インターネットメディア「Donut Media」が
公開した動画のタイトルは『The Evolution of F1 Steering Wheels』である。

・1995年からボタンが増え始める

まず始めは、1950年代に活躍した偉大なるドライバー「スターリング・モス」のステアリングからスタート。
材質は木とアルミでボタンやレバーなどは一切ない。グリップには何も巻かれておらず、ツルツルして
いるのが印象的だ。
やがて「ミハエル・シューマッハ」の1995年のステアリングあたりから、ボタンの数が増え始める。
見逃せないのはこのステアリングの中央に「チープカシオ」と思われるデジタル時計が装備されて
いる点だ。

・2014年以降からまるでゲーム機
続いて様々な形状のものが登場した後、2000年代に入ると「デジタルディスプレイ」がスタンダートに。
ここからさらにツマミやボタンが増え、2014年以降のものになると……まるでゲーム機! 操作を
覚えるだけも一苦労しそうである。

こうしてみるとテレビや携帯電話と同様、時代が進むにつれてF1のステアリングもハイテク化している
ことがわかる。ぜひご自身の目でその進化の過程をご覧いただきたい。

ソース/ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2016/12/09/833149/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=8V4soKKUzSI


【F1の「ハンドルの進化」が3分でわかる動画】の続きを読む







このページのトップヘ