なんでも速報

タグ:F1

1: なまえないよぉ~ 2017/04/12(水) 20:33:26.89 ID:CAP_USER9
マクラーレン・ホンダは12日(水)、フェルナンド・アロンソが5月28日(日)にアメリカのインディアナポリス・
モータースピードウエイで開催されるインディ500マイルレース第101回大会に出走することを発表した。

アロンソは、F1モナコGP、ル・マン24時間レースとともに世界3大レースのひとつに数えられるインディ500に
初参戦することになるが、マシンはホンダエンジンを搭載するアンドレッティ・オートスポーツのものを使用し、
マクラーレン・ホンダ・アンドレッティというチーム名でエントリーすることになる予定だ。

同チームのオーナーであるマイケル・アンドレッティは1993年にアイルトン・セナのチームメートとして
マクラーレンからF1参戦したことでも知られている。また、同チームには今年日本人元F1ドライバーの
佐藤琢磨も所属している。

なお、マクラーレンとしては1970年代にインディ500への挑戦を行っており、今年の参戦は1979年以来に
エントリーするのは38年ぶりのこととなる。

また、インディ500の開催がF1モナコGPと重なることとなり、アロンソは今季のモナコGPは欠場することになる。
マクラーレン・ホンダは、誰がモナコGPでアロンソの代役を務めることになるかについては追って発表するとしている。
.
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000007-fliv-moto

20170412-00000007-fliv-000-0-view[1]

【【F1】フェルナンド・アロンソが今季インディ500に参戦 F1モナコGPは欠場】の続きを読む

4d82b4cf (2)

1: なまえないよぉ~ 2017/04/04(火) 11:06:57.80 ID:EcsqfenK0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
テストでのマクラーレン・ホンダはピットに止まっている時間も長く......
 トラブルだらけのパワーユニット。性能も信頼性もなく、マクラーレン・ホンダの開幕前テストを惨憺(さんたん)たるものにした――。メディアセンターのみならず、世界中がそんな目でホンダを見ていた。

 人はとかく先入観に囚われがちな生き物だ。先入観は物事を見る目を曇らせ、事実を覆い隠す。

 現実は、ホンダが開幕戦仕様のベースとなるパワーユニットを持ち込んだテスト6日目以降、パワーユニットにトラブルは起きていなかった。
マクラーレン・ホンダが最後の2日間で計6度もコース上にストップしたのは、車体のハーネス(配線)不良による電源シャットダウンという凡ミスのせいだ。
その前日にガレージで長時間の修理作業を強いられたのは、ターボコンプレッサーにつないだマクラーレン製のカーボンパイプにクラックが入り、水漏れを起こしたからだ。

 マクラーレン・ホンダが下位に低迷しているのが、あたかもパワーユニットの信頼性不足のせいであるかのような目で世間は見るが、
それでは問題の本質は見えてこない。

 マクラーレン・ホンダが抱えている真の問題は、「とにかくコース上でのパフォーマンスが低い」ということだ。

「マシンにはまったく問題はない。唯一の問題は、ホンダだ」

 6日目の走行後、メディアに不満をぶちまけたフェルナンド・アロンソにしても、マシンに速さがあればこんな暴言を吐くことはなかったはずだ。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者も、性能の低さにこそ危機感を持っている。

「止まったことが世間で問題視されていますけど、それよりも、ちゃんと走っているときのパフォーマンスがよくないということのほうが大きな問題です。
実際のところ、新スペックのパワーユニットに関しては、この3日間で問題はほとんど出ていません。しかし、速さが……我々としては相当な危機感を持っています」

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/motorsports/2017/03/25/f1___split_4/index_3.php

【F1ホンダのホンネ。真の問題は「信頼性じゃなく、コースで遅いこと」】の続きを読む

4d82b4cf (2)

1: なまえないよぉ~ 2017/03/30(木) 03:48:50.51 ID:A8J2aRr/0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
マクラーレンは、違約金を支払ってホンダとの契約を解消し、今シーズン中にもメルセデスのカスタマーエンジンを搭載すると Motorsport-Total.com が報じている。

マクラーレンは、ホンダと2024年までF1エンジン供給契約を結んでいるとされているが、ホンダとの契約は年間1億ドル(約113億4000万円)の価値があると言われている。

しかし、ホンダのF1エンジンの信頼性とパフォーマンス不足に忍耐が尽きたマクラーレンは、多額の違約金を支払ってもホンダとの契約を解消して、メルセデスのエンジンを搭載する意向だという。

マクラーレンは、今シーズン中にもメルセデスのカスタマーに戻るために、ザウバーにホンダと契約を結ばせることを裏で計画 しているとも報じられていた。マクラーレンは、それを実現させるためにザウバーにギアボックスを供給するという。

現在、ザウバーは1年落ちのフェラーリ製エンジンを搭載しており、ホンダとの契約によって金銭的に利益を得るとされている。
ホンダは、ザウバーに資金をもたらすことで、日本人ドライバーを乗せるシートを確保するという。
http://f1-gate.com/mclaren/f1_35576.html

【マクラーレン「ホンダのF1エンジンひどすぎ。違約金払ってメルセデスに変えるわ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/26(日) 16:06:33.59 ID:x2ZStQbZ0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
F1オーストラリアGP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝!
http://f1-gate.com/result/f1_35523.html

フェルナンド・アロンソは、F1オーストラリアGPの決勝レースをリタイアで終えた。
12番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、しばらく入賞圏内の10番手レースを展開。
しかし、無線でマシンが左に引っ張られることを訴え、後続2台に抜かれた後、54周目にレースをリタイアした。

http://f1-gate.com/alonso/f1_35524.html


no title

【マクラーレン、次はどうやってホンダのせいに?ポイント圏内走行もサスが壊れてリタイア】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2017/03/25(土) 17:35:44.39 ID:CAP_USER9
3月25日(土)、2017年F1第1戦オーストラリアGPは、アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km)で2日目を迎え、現地時間17時(日本時間15時)から予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

予選のチェッカーフラッグが振られ、最後のアタックに出ていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、メルセデスの牙城を崩す2番手に飛び込み、観客から歓声が上がった。

■【予選順位】F1開幕戦オーストラリアGP
1 L.ハミルトン メルセデス
2 S.ベッテル フェラーリ
3 V.ボッタス メルセデス
4 K.ライコネン フェラーリ
5 M.フェルスタッペン レッドブル
6 R.グロージャン ハース
7 F.マッサ ウィリアムズ
8 C.サインツ トロロッソ
9 D.クビアト トロロッソ
10 D.リカルド レッドブル
■以下Q2ノックアウト
11 S.ペレス フォース・インディア
12 N.ヒュルケンベルグ ルノー
13 F.アロンソ マクラーレン
14 E.オコン フォース・インディア
15 M.エリクソン ザウバー
■以下Q3ノックアウト
16 A.ジョビナッツィ ザウバー
17 K.マグヌッセン ハース
18 S.バンドーン マクラーレン
19 R.ストロール ウィリアムズ
20 J.パーマー ルノー

TopNews 3/25(土) 16:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000013-fliv-moto

http://www.topnews.jp/f1/f1calendar2017/f1-australia-qualify-2017

【【F1】ポールポジションはハミルトン、フェラーリのベッテルが2番手に飛び込む/開幕戦オーストラリアGP】の続きを読む







このページのトップヘ