なんでも速報

タグ:50周年

1: なまえないよぉ~ 2017/03/20(月) 22:06:16.85 ID:CAP_USER9
1966年の1月、富士山の麓に日本を代表するサーキットが誕生した。その名は富士スピードウェイ! 
そう、『週刊プレイボーイ』と富士スピードウェイは共に昨年、50周年を迎えた、同い年の「タメ」なのだ!(学年はひとつ違うけど…)

その富士スピードウェイで3月12日、開業50周年イベントの掉尾(とうび)を飾る「FUJI WONDERLAND FES!」が行なわれ、
これまで富士スピードウェイを彩ってきた伝説の名車やドライバーたちが大集合! 富士山麓に懐かしいエキゾーストノートを響かせながら、
集まった3万1千人のファンを魅了した。

ちなみに、週プレと富士スピードウェイが「タメ年」なのは、決して偶然ではない…。1966年といえば、東京オリンピック開催から2年後。
ビートルズが武道館で伝説の来日公演を行ない、東名高速に続いて、前年には名神高速道路が全面開通。後に「マイカー元年」と
呼ばれたこの年には、初代トヨタカローラが誕生するなど、自家用車の普及で日本の「モータリゼーション」(懐かしい言葉…)が急速に
進んだ年としても知られている。

終戦から20年を超え、そんな「アゲアゲ」の空気の中、週プレにとって女のコや音楽やファッションと共に「クルマ」がすごく大切なテーマだった
時代に日本の「カーレース」を大きく発展させたのが、1962年に開業した鈴鹿サーキットに続いて、この年、新たに「国際規格サーキット」
として誕生した富士スピードウェイだったのである。

そんなワケで「富士スピードウェイの50年」は、そのまんま「週プレの50年」の歩みとも重なっている。この日、時空を超えてサーキットを駆け抜けた、
伝説のレーシングカーやドライバーたちの記憶は、いわば週プレ50年の歴史の中でそれぞれの時代が刻んだ「柱の傷」みたいなモノだと言っていいのだ。

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/20/81793/

eea76938a7880d0ed8c6d77b1a973c3e_sho_0483-700x525[1]

【富士スピードウェイ50周年 輝かしい日本のモータースポーツ史とは】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/11(土) 10:42:27.76 ID:D0QEOTX70 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
Hondaは、原付50ccの人気レジャーモデル「モンキー」の発売50周年を記念し、1967年に発売された初代モデル『モンキーZ50M』のカラーリングイメージを復刻。
記念モデルにふさわしい専用の立体エンブレムやメインキーを採用した『モンキー・50周年アニバーサリー』を発売した。
価格は35万2080円(税込み)。

http://www.excite.co.jp/News/product/20170310/Dime_357536.html
no title

【発売開始から半世紀!ホンダの原付レジャーバイク『モンキー』のアニバーサリーモデル】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/14(水) 07:26:59.38 ID:IuNDGSOo0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
フェラーリ J50 発表…10台限定、日本進出50周年記念車

イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは12月13日、東京において、フェラーリ『J50』を初公開した。

J50は、フェラーリの日本進出50周年を記念して開発された限定モデル。車名の「J」はJapan、「50」は50周年を意味する。

J50のベース車両は、『488スパイダー』。イタリア・マラネロのフェラーリ・スタイリング・センターが、488スパイダーを1970~80年代のフェラーリ車に多く見られたタルガボディに変身させた。
また、フロントマスクは、ヘッドライトやバンパーなどを専用設計。ブラックアウトされたリアエンドも専用デザイン。

パワートレインは、488スパイダー譲り。ミッドシップに搭載される3.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力670psを発生する。

J50は10台の限定生産。希少性の高いフェラーリとなる。

http://response.jp/article/2016/12/13/286938.html
no title

no title

no title

no title

no title

【フェラーリが日本進出50周年記念車を発表!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/07/10(日) 06:51:55.15 ID:CAP_USER9
no title

no title

no title



 『巨人の星』星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ、『ドラゴンボール』のヤムチャ、『聖闘士星矢』ペガサス星矢、『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面など、そうそうたるキャラクターを演じてきた声優の古谷徹が、声優活動50周年を記念した3大プロジェクトを実施することが9日、発表された。

 1つ目は、「50年もの間、第一線で声優を続けてこられたのは、作品を観続けて下さったファンの方たちの応援があればこそです。この機会に日本中のファンの皆さまに長年の感謝の思いを直接会って伝えたい」という古谷本人の発案のもと、全国47都道府県を巡る「古谷が“通る”47都道府県」無料サイン会などのイベントを順次開催する。

 2つ目は、50周年を記念したミニアルバム『古谷徹 50th Anniversary 「Thanks ~感謝~」/古谷徹』の制作。古谷の代表作から『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編』より「めぐりあい」、『聖闘士星矢』「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」、『ドラゴンボールZ』「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を自ら選出して歌い上げる。3曲の編曲をTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが担当する。アニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定の商品として9月23日発売予定。

 3つ目は、ファンブック。プライベートショットなどの貴重な写真と、先輩や後輩声優、ゆかりのあるスタッフや作家などからのお祝いコメント、気になるものQ&Aなど、さまざまな角度から古谷の50年の歴史を振り返る。ミニアルバムと同日の9月23日発売。

 50周年の節目に古谷は「アッと言う間でした。多少の波風はあったものの、ほぼ順風満帆な50年間でした。多くの人の記憶に残るヒット作品で、数々のヒーローたちを演じることができて、大変幸せに思っています。彼らは僕の生きた証です」とコメントを寄せている。

 古谷は1953年7月31日生まれ。主な出演作品は、前出のほか、『きまぐれオレンジロード』(春日恭介)、『名探偵コナン』(安室透)、『ONE PIECE』(サボ)など、多数。アニメ以外でもテレビ番組やCMのナレーション、バラエティー番組やイベントへの出演、歌唱の披露といった、さまざまな分野で活躍し、老若男女に幅広いファン層を持つ。

http://www.oricon.co.jp/news/2074829/full/

【古谷徹、デビュー50周年記念3大プロジェクトいきまーす!】の続きを読む







このページのトップヘ