なんでも速報

タグ:能年玲奈

1: なまえないよぉ~ 2017/05/30(火) 14:35:55.24 ID:zK4PYLDT0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
・誰も知らなかったのんの秘密8選

1. 「能年」姓は日本に約10世帯しかない
「のん」の本名である「能年」という名字は非常に珍しく、日本に10世帯程度、人数にして30人程度しか存在しないとされている。珍名の部類にさえ入る貴重な名字なのだ。

2. 特別扱いで女優デビューを果たす
「のん」は2010年に映画「告白」の生徒役として女優デビューを果たしたのだが、この役は15歳以下という条件のもとオーディションが行われた。「のん」は当時すでに16歳であり、特別扱いを受けてオーディションに通過したのである。

3. ヒゲが好きで仕方ない
「のん」はギター演奏や読書、アニメ鑑賞などを趣味として公言しているが、実は隠れた趣味として「ヒゲマニア」という一面がある。

4. 演技指導の講師から生ゴミ呼ばわりされていた
「のん」は下積み時代、演技指導の講師から「あなたは女優をやらないと生ゴミね」と言われたことがある。

5. あまちゃんの合格発表での天然ボケ
「のん」はオーディションを経て「あまちゃん」のヒロインに抜擢されたのだが、合格通知に書かれていた「ヒロインは能年さんに決定しました」という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声に出して何度も読むも自身が合格したと気づかないという凄まじい天然ボケを披露したのである。

6. まだ身長が伸びている
「のん」の身長は163センチだったが、22歳になって1センチ身長が伸び、現在は164センチとなっている。バレエを始めたことがきっかけとなったそうだ。

7. テレビ番組で25秒沈黙する放送事故未遂
2014年に「のん」が日本テレビ系列の「月曜から夜ふかし」に出演した際、マツコデラックスからの質問に詰まってそのまま沈黙。なんと25秒間に渡って「のん」が無言で考え込むという姿がそのまま放送されたのであ.

8. 意外すぎる2017年の目標
女優としての活動を再開し、いよいよテレビや映画への復帰が期待される2017年だが、「のん」本人が掲げた2017年の目標はなんと「足を開かない」。これはスカート着用時に足を開くクセがあるため、それを直したいということなのだが、謙虚なのか天然なのかわからない。

http://buzz-plus.com/article/2017/05/29/non-himitsu/
no title

【【極秘】女優のん(本名:能年玲奈)の未だに誰も知らなかった秘密8選】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/20(土) 18:11:20.45 ID:CAP_USER9
 JA全農いわての「純情産地いわて宣伝本部長」を務める女優のん(能年玲奈から改名)さんが20日、岩手県花巻市の田んぼで、同県が生産に力を入れるブランド米「銀河のしずく」の田植えをし「ふっくらやわらかいお米に育ってほしいです」と笑顔でPRした。

 雲一つない快晴の下、のんさんは黄色のつなぎ姿で田植え機を運転し、泥に足を取られそうになりながら手植えも体験。「どこに足を入れるか分からず難しかった」と話した。9月下旬ごろに収穫予定で、パックご飯として販売される。

 銀河のしずくは、同県が独自に開発した品種で2016年から一般に市販されている。日本穀物検定協会の食味ランキングでは、15、16年産が2年連続で最高評価「特A」を獲得した。


田植え機を運転する女優のんさん(左)=20日午後、岩手県花巻市
no title

田植えをする女優のんさん=20日午後、岩手県花巻市
no title

http://www.sankei.com/photo/story/news/170520/sty1705200011-n1.html

【女優のんさんが田植え 岩手「銀河のしずく」をPR】の続きを読む

43ae52db5389885ca0b48959857dbd7820161209125949218


1: なまえないよぉ~ 2017/05/04(木) 21:49:17.26 ID:CAP_USER9
 「彼女は現在、『LINEモバイル』のテレビCMに出演しています。これがひんぱんに流れているので、完全復活の印象を受けますが、まだまだテレビ出演には高いハードルがあるんです。LINEは新興のIT企業なので、出演可能だったにすぎないんです」(広告代理店関係者)

 能年玲奈(23歳)は昨年7月から本名だった芸名をあらためて、「のん」として芸能活動をしている。NHK朝ドラ『あまちゃん』で国民的人気を獲得しながら、所属事務所「レプロエンタテインメント」と契約をめぐってトラブルになり、独立後も彼女は活動の場が狭められているのが、現状なのである。

 「改名後は彼女の個人事務所がマネジメントをしています。ただし前所属事務所のレプロは契約の問題はまだ解決していないというスタンス。

 実際、レプロのHPには『能年玲奈』が所属タレントとして掲載されています。同事務所は新垣結衣などの人気女優を抱え、芸能界でも影響力が大きい。そのため各テレビ局は『のん』にオファーしたくても、レプロに配慮してキャスティングできないんです。

 スポンサーも同様でトラブルを抱えたままの女優を起用することには及び腰。独立問題の際、先生と慕う演出家に『洗脳』されたと一部で報道されたイメージダウンも大きい」(民放テレビ局局員)

 だが、のんは小規模の公開予定だったアニメ映画『この世界の片隅に』に、片渕須直監督のたっての願いで声優として出演。これが興行収入25億円を突破する大ヒットとなり、風向きは変わりつつある。

 「いまは個人事務所では捌ききれないほど、仕事のオファーが舞い込み、雑誌の連載や書き下ろし本の出版の計画が複数進んでいるようです。

 ただし、相変わらず民放のテレビ番組や、大スポンサーやテレビ局が絡む映画からの依頼はないと聞いています。事務所のスタッフはもともと芸能界とは関係のない人たちですし、強力な後ろ盾もいない。レプロと和解し、この状態を打開することは簡単ではないでしょうね」(芸能事務所関係者)

 そんなのんの救世主となりそうなのが、あの人気脚本家だ。

 「『あまちゃん』の脚本を手がけたクドカンこと宮藤官九郎です。いまもクドカンはのんと連絡を取り合う親しい関係。彼が脚本を書く'19年放送の大河ドラマに、のんは起用されることになると思います。

 同作のチーフプロデューサーと演出家が『あまちゃん』と同じですし、主演の阿部サダヲと中村勘九郎はレプロとの関係が薄い。そもそもNHKならスポンサーは関係ないですし、芸能界のしがらみもさほど気にしません」(前出・芸能事務所関係者)

 のんは騒動後、本誌の取材にこう答えている。

 「役者としての想いは変わっていません。暇な時間ができましたが、お休みしている意識はなかった。感覚が鈍らないように、演技やクラシックバレエを習ったりと忙しかったです」

 彼女が本名を取り戻し、活躍できる日を待っているファンは多い。

 「週刊現代」2017年5月6日・13日合併号より

現代ビジネス 5/4(木) 14:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170504-00051603-gendaibiz-bus_all

【「能年玲奈」改め「のん」 いまだに民放テレビに出られないワケ...本名を取り戻し、活躍できる日を待っているファンは多い】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/15(水) 18:52:52.08 ID:CAP_USER9
 能年玲奈から改名した女優・のん(23)が「LINEモバイル」の新CMキャラクターに決定し、14日、都内で行われた発表会見に出席した。

 純白ワンピース姿で登場したのんは、改名後の初CM出演に「ものすごくうれしくて、最初聞いた時『ワァー!』って叫んでました」と話した。

 昨年3月のミラーレスカメラ「EOS M2」以来の久しぶりのCM撮影を終え(放送は15日から)「今、したいことは」と聞かれると「お肌のためにチョコレートを我慢していたので、たくさん食べたい」とほほ笑んだ。

 発表会後、LINEモバイルの嘉戸彩乃社長が報道陣に「第2弾、第3弾も検討しています」と継続起用を示唆。報道陣から「のんさんは事務所との(契約)問題があったが?」との質問にも「事務所の問題は認識はしていましたが(CMのキャッチコピーである)“愛と革新。”を実現できるのは彼女しかいない」と同社長は大絶賛した。

 広告代理店関係者は「前事務所問題というリスクがあっても『のんを応援したい』と起用に前向きな企業や自治体は多い。出世作『あまちゃん』の舞台・岩手県や、本人の故郷である兵庫県神河町など自治体が積極的に動いている」と語る。

 実際に神河町は公式サイトで「神河町は『のん』ちゃん(本名‥能年玲奈さん)を応援しています。」と、観光PR起用を進めている。

 のんが主演声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」は大ヒットし、CM出演、イベントへの露出も増えつつある。完全復帰も期待されるが、まだ越えねばならないハードルはある。

 前出の関係者は「今でも前所属事務所のホームページには『能年玲奈』として掲載中。“芸能界の力学”で、テレビ各局は出演イベントもほとんど放送できない状況です。不測の事態に備えて多数のカメラが詰め掛けてはいるんですが、中には『テレビで流れないんじゃ…』と二の足を踏むクライアントもあるでしょう」と指摘する。

 前事務所との協議は続き、公式ホームページから名前が削除されるかはいまだ不明。テレビ出演を含む芸能界への完全復帰はもう少し時間がかかりそうだ。

2017年03月15日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/662851/
no title

【のん 芸能界の力学でテレビ出演困難も…完全復活へ支援の輪広がる】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/22(水) 14:17:51.61 ID:CAP_USER9
 女優・のん(本名・能年玲奈=23)が22日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜・前11時半)にゲスト出演し、「ビバデミー賞2017」の最優秀声優賞を受賞した。

 声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒットし、各映画賞を総なめ状態。MCの落語家・春風亭昇太(57)が対面し開口一番、「お肌がつるつるでかわいいよね」と絶賛。のんはすっぴんでスタジオ入りしていたことを明かすと、昇太は「本当に、君それ、すっぴんなの?何だよもう!」と絶叫した。

 肌のお手入れ法を聞かれ「内臓の調子が肌の調子につながるので、内臓の調子を整えるものを摂取している。ご飯とかは野菜を中心に…」と話しながらも、大好きなものはポテトチップと即答。「食べものの中で一番好きです」と不思議なトークを繰り広げ、昇太を大爆笑させた。

 表彰したい人物を聞かれると「考えたんですが、“おーい、はに丸くん”です」とNHKのキャラを挙げ、「この間、初めてお会いして共演させていただきました。むちゃくちゃ元気でした。顔色? ちょっと土系で心配でした。(はに丸くんに)似ていると言われたことがあったので…。2人から…」と話した。

 声優の挑戦については「声だけで演技をする、感情の流れを声に乗せる今までと違うことができました」と語り、リスナーからの質問で「今、一番やりたいこと」を聞かれると「仕事ですね」と回答。女優業について振られると「企画があれば…」と意気込んだ。


no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170222-OHT1T50055.html

【のん、ラジオで激白!「今、一番やりたいことは仕事ですね」】の続きを読む







このページのトップヘ