なんでも速報

タグ:次期

1: なまえないよぉ~ 2017/01/13(金) 03:35:03.54 ID:VXB1KGj00 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
日産が世界に誇るスーパースポーツ、「GT-R」次期型に関する最新レポートを海外から入手、編集部では期待を込めた予想CGを作成した。

現在、最新モデルとして販売されている「R35」型から、新章「R36」型へと移り変わる次期型はどのような進化を見せるのだろうか。

エクステリアは2014年に公開された、「2020ビジョンGTグランツーリスモ」からインスピレーションを得たデザインが有力だ。

ヘッドライトはフェラーリ「458イタリア」を彷彿させ、ボンネットにはエアーバルジ、フェンダーにはエアブリーザー、「GTグランツーリスモ」から
さらに進化を遂げたフロントエアスプリッター付きエアダクト、大型リアスポイラーなどを装備させた。

最新レポートには、次期GT-Rはマクラーレンやメルセデスから発売が予定されている、3億円クラスのハイパーカー同等のモデルと予想されており、
それに恥じないアグレッシブなエクステリアに仕上げた。

心臓部には 日産の最新エンジン、3リットルV型6気筒ツインターボ「VR30」エンジンと「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高馬力は700ps超えとも噂されている。

予想販売価格もぐっと高く設定されるはずだ。現在の価格帯は1,100万円から1,300万円だが、次期型では1,500万円から2,000万円級も予想される。

ワールドプレミアは2020年と期待されている一方、開発が遅れているという情報もあり流動的だ。

http://response.jp/article/2017/01/12/288248.html
日産 GT-R 次期型 予想CG
no title

2020ビジョンGTグランツーリスモ
no title

日産 GT-R ニスモNアタックパッケージ
no title

日産 スカイラインGT-R(R34)
no title

日産 スカイラインGT-R(R32)
no title

no title

【次期 GT-R は2000万円級か 700馬力ハイブリッドで登場】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/29(木) 06:11:23.36 ID:fqmor9wf0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
注目は、インプレッサとは異なるアグレッシブなフロントマスクだ。シャープに釣り上がるヘッドライトに、立体感のある大口エアダクトや
特徴的なサイドスカートが目を引き、巨大リアスポイラーも存在感を増している。

また、グリルのアウトライン、及びフロントスプリッターに赤いラインを施し、フロントエンドが引き締められているのも特徴的だ。

プラットフォームには、スバルの次世代「SGP」を採用し、全幅が僅かながらワイドになり、ホイールベースも延長される他、
剛性&軽量化、及び安定感が向上すると見られる。この「SGP」プラットフォームは今後登場する新型「XV」などにも継承される。

ハイライトはパワートレインだろう。WRX STIと言えば伝統の「EJ20ターボ」だが、次期型では「FA20ターボ」搭載が有力で、PHVモデルの登場も噂ざれている。

6速MTと組み合わされる、2リットル・フラット4は最高馬力315psを発揮すると見られる。

ワールドプレミアは2017年7月から8月が有力だ。

http://response.jp/article/2016/12/28/287736.html
no title

【スバル 次期WRX STI 315馬力で2017年夏登場か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/20(火) 00:08:03.18 ID:AZe1eYBv0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title


ホンダのハイブリッド・3ドアハッチバッククーペ「CR-Z」次期型が、2018年にも復活すると噂されているが、次期型にはハイパフォーマンスモデルの、激アツ「CR-Z タイプR」が投入される可能性があるというレポートを入手した。

Spyder7では情報を元に、予想CGを完成させた。

希望的観測を込めているが、薄くシャープなヘッドライト、アグレッシブな大口エアインテーク、リップスポイラー、パワーバルジ、大型リアスポイラーなどのエアロパーツで武装、「NSX」を彷彿させるフロントエンドに仕上がった。

「CR-Z」次期型のパワートレインには、1.5リットルターボ+モーターの組み合わされによるハイブリッドの可能性が高いようだが、頂点に君臨する「タイプR」には、2リットル直列4気筒VTECターボエンジンが搭載され、最高馬力はVW ゴルフRを凌ぐ320psとも噂される。

また、軽量化を図るボディは1100kg台を目指し、燃費向上やパフォーマンスに、一層の磨きをかけるだろう。実現すればスーパーハッチバッククーペの誕生だ。

http://response.jp/article/2016/12/19/287263.html

【次期 CR-Z 予想CG】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/09/25(日) 15:06:59.82 ID:5lFEyWd00 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16。同ショーにおいて、日産自動車が新型車を初公開する。

これは9月22日、欧州日産が明らかにしたもの。「パリモーターショーへ、レボリューション」と題して、パリモーターショー16で、新型車をワールドプレミアすることを発表している。

http://response.jp/article/2016/09/23/282241.html
no title

no title


no title

no title

【日産が新型車公開へ…マーチ 次期型か え?これがマーチ?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/08/09(火) 22:58:07.63 ID:nDrc4Hcq0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
2002年に生産終了となった、マツダのフラッグシップ・ピュアスポーツ『RX-7』次期型の
レンダリングCGが、最新リポートと共に欧州から届きました。

情報によれば、、1.6リットル次世代ロータリーエンジン「16x」ターボチャージャー搭載が有力で、
最高馬力は450psを発揮するという情報です。

また「SKYACTIVシャーシ」を採用するボディは、トヨタ「86」並の1250kg程度に軽量化し、
燃費向上やトルク不足の解消も図ると見られています。

エクステリアはコンセプトモデル「マツダ RX-VISION」の意匠を継承し、
ロングノーズ&ショートデッキを特徴とした、アグレッシブなデザインとなることが予想されます。

ワールドプレミアは2017年東京モーターショーが有力です。
世界が待つ、ロータリーエンジン搭載「RX-7」次期型、復活へのカウントダウンが始まっています。
http://clicccar.com/2016/08/09/392000/
no title

【マツダの次期『RX-7』デザイン流出 1.6Lロータリーエンジンから450馬力】の続きを読む







このページのトップヘ