なんでも速報

タグ:日産

1: なまえないよぉ~ 2017/03/20(月) 12:18:33.47 ID:CAP_USER
http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/

no title

no title

no title



日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。

これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。

アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。
トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッドサイズ乗用車は1~2月の累計で前年同期比17.5%減と大幅な落ち込み。

一方で、大型SUVなどライトトラック分野は売り上げ増となる展開だ。これはガソリン価格が1ガロン
あたり2ドル強(リッターあたり70円程度)で安定しているため、顧客のエコカー意識が上がらず、ハイブリッド車よりもデッカイSUVを選ぶ人が増えているのだ。

EVについては、テスラ モデルS/モデルX、日産リーフ、そしてGMボルトが量産されているが、
テスラをファッション感覚で所有する富裕層が中核であり、一般乗用車として“リーフ”や“ボルト”を購入する人が多い訳ではない。
そうしたなか、このタイミングで日産が半年先の新型リーフ発表タイミングをアメリカ発で公開した裏には、2つの理由があると、筆者は考える。

まずは、ZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)への対応だ。米国・カリフォルニア州環境局が定めるEVやFCV(燃料電池車)等の電動車の普及を目指す法律で、
2017年夏に発売される2018年モデルから、ZEV法が一部改正させる。
これを受けて、これまでZEV法の対象だった、デトロイト3(GM、フォード、FCA)と、日系ビック3(トヨタ、日産、ホンダ)以外に、
ジャーマン3(ダイムラー、BMW、VW)や韓国ヒュンダイ・KIA、そしてマツダ、スバルなど多くの自動車メーカーがEVや
PHEV(プラグインハイブリッド車)を北米市場に一気に投入する。

日産としてはこれからも、ZEV対応の筆頭をEVのリーフとしているため、カリフォルニア州環境局から日産に課せられた
ZEVの販売台数をクリアするために、競合車が増える2017年にリーフのフルモデルチェンジを合わせたと考えられる。

もうひとつの理由は、テスラ モデル3への対抗策だ。各メーカーからEVが出るのは、あくまでもZEV対応であり、
本気でEV市場を拡大しようと考えているのは、現時点ではテスラと日産の2社のみ。
VWがEV拡大戦略とうたっているのは、あくまでも排気ガス規制違反による企業のマイナスイメージ刷新が主な目的であり、本格的なEV量産にはまだ時間がかかる。

となると、EVの販売ボリュームゾーンは当面、『モデル3』と『リーフ』が担うことになる。よって、モデル3の量産が始まる
今年後半を意識して、日産リーフも新型投入となるのが妥当だ。

(続きはサイトで)

【日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か】の続きを読む

GTR

1: なまえないよぉ~ 2017/02/19(日) 19:11:56.13 ID:vnWf6PwS0 BE:545162937-BRZ(10500)
「スカイライン」≠「GT-R」のナゼ 歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」
http://news.livedoor.com/article/detail/12693055/

新型のV35型「スカイライン」は、本来は別のスポーツセダンとして開発されていたもの。
「こんなのはスカイラインじゃない」という反発や、「スカイラインがなくなるよりはマシ」
という意見が飛び交うクルマでした。もちろんV35型「スカイライン」は「GT-R」と関係なく
生まれたので、同車に「GT-R」が追加されることはありませんでした。

 一方、1999年6月より日産の新しいリーダーとなったカルロス・ゴーン氏は、「GT-R」の
必要性を認めていました。日産の顔となるスーパースポーツとしての「GT-R」です。そこで
ゴーン氏は、大きな決断をくだします。「スカイライン」と「GT-R」を別のクルマにしたのです。

ゴーン氏の決断は「スカイライン」と「GT-R」になにをもたらしたか

 筆者(鈴木ケンイチ:モータジャーナリスト)は個人的に、ゴーン氏の決断は正解だったと思い
ます。別々にすることで、「GT-R」は思い切った高性能車にできます。素の「スカイライン」も、
普通のセダンとしてコストや性能、キャラクターを独自に磨くことができるようになりました。
「GT-R」という高性能スポーツモデルに影響されず生まれたV35型「スカイライン」は、まっとう
なスポーティセダンであり、アメリカ市場でヒット作となります。そしてV36型、V37型と「スカ
イライン」は普通のスポーティセダンとして進化。日産のグローバルなプレミアムブランドである
インフィニティの主力モデルに成長します。

【「スカイライン」と「GT-R」はナゼ分かれた?歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」】の続きを読む

1

1: なまえないよぉ~ 2017/02/04(土) 12:32:26.44 ID:gLGKhuNO0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
170万円台から買える「電気自動車」 人気の日産ノートe-POWER、使い勝手や燃費性能は?

■ガソリンさえあればどこまでも
 ノートe-POWERの使い勝手だが、結論から言うと抜群にいい。ガソリンを入れるだけで
電気を作り出して走るので、一般的なEVに付いて回る「充電の心配」が全くない。
外で充電スタンドを探すことも、自宅に充電器を設置するといった煩わしさとも無縁だ。
みなさんが乗り慣れているガソリン車と同じで、ガソリンスタンドさえあればどこまでも
走ることができてしまう。
 100%モーター駆動ということは、静粛性に優れていて振動も少ないということ。
実際に走ってみると、加速時も減速時もスピードに関係なく滑らかで、まるでレールの
上を走っているかのようにスムーズだった。しかも、日産のEV「リーフ」とまったく
同じモーターを、リーフより300キロも軽いボディに積んで走るから想像以上に
パワフルだ。難点を挙げるとすれば、高い静粛性が逆に仇となり、高速走行時にロード
ノイズや風切り音が目立ちやすいこと。ただ、走っているうちに慣れてしまうレベルの
話だから心配はいらない。
 ノートe-POWERは発電機能を持つため、従来型のHVやEVのような「重くて高価な
大容量バッテリー」を積む必要がない。薄くて軽い小型バッテリーを前席床下に搭載する
ことで車両の軽量化と燃費の向上を実現。バッテリーのコストダウンのおかげで車両価格が
下がり、居住スペースや荷室を広く取れるというメリットも出てくる。

■e-POWERの燃費は…
 HVならユーザーが燃費性能に期待するのは当然だ。ノートe-POWERは、最も燃費性能が
優れる「S」グレードでクラス1位の37.2キロ/L(JC08モード)、筆者が試乗した
「X」グレードで34.0キロ/Lだ。この好燃費は、エンジンとタイヤを完全に切り離す
ことで実現できた、まさに「100%モーター走行」の賜物だ。今回は横浜-城ケ島を
往復して約122キロを走行し、満タン法で計算した燃費は17.2キロだった。車両が
まだ燃料で重く、高速道路でけっこうな距離をモーター出力の高いSモード(=スポーツ
モード)で走ったことを考えると妥当か。
http://www.sankei.com/premium/news/170204/prm1702040016-n1.html

【人気の日産ノートe-POWER、使い勝手は結論から言うと抜群にいい】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/01/13(金) 03:35:03.54 ID:VXB1KGj00 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
日産が世界に誇るスーパースポーツ、「GT-R」次期型に関する最新レポートを海外から入手、編集部では期待を込めた予想CGを作成した。

現在、最新モデルとして販売されている「R35」型から、新章「R36」型へと移り変わる次期型はどのような進化を見せるのだろうか。

エクステリアは2014年に公開された、「2020ビジョンGTグランツーリスモ」からインスピレーションを得たデザインが有力だ。

ヘッドライトはフェラーリ「458イタリア」を彷彿させ、ボンネットにはエアーバルジ、フェンダーにはエアブリーザー、「GTグランツーリスモ」から
さらに進化を遂げたフロントエアスプリッター付きエアダクト、大型リアスポイラーなどを装備させた。

最新レポートには、次期GT-Rはマクラーレンやメルセデスから発売が予定されている、3億円クラスのハイパーカー同等のモデルと予想されており、
それに恥じないアグレッシブなエクステリアに仕上げた。

心臓部には 日産の最新エンジン、3リットルV型6気筒ツインターボ「VR30」エンジンと「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高馬力は700ps超えとも噂されている。

予想販売価格もぐっと高く設定されるはずだ。現在の価格帯は1,100万円から1,300万円だが、次期型では1,500万円から2,000万円級も予想される。

ワールドプレミアは2020年と期待されている一方、開発が遅れているという情報もあり流動的だ。

http://response.jp/article/2017/01/12/288248.html
日産 GT-R 次期型 予想CG
no title

2020ビジョンGTグランツーリスモ
no title

日産 GT-R ニスモNアタックパッケージ
no title

日産 スカイラインGT-R(R34)
no title

日産 スカイラインGT-R(R32)
no title

no title

【次期 GT-R は2000万円級か 700馬力ハイブリッドで登場】の続きを読む







このページのトップヘ