なんでも速報

タグ:日本テレビ

1: なまえないよぉ~ 2017/03/12(日) 14:42:16.42 ID:CAP_USER9
前代未聞のトラブルで、世間を騒がせたのは今から2年前のこと。いろいろな意味で大注目の新人だった日本テレビ・笹崎里菜アナも4月で入社3年目に突入する。

件(くだん)のトラブルをざっとふり返ると、内定後にホステスのアルバイト歴が発覚し、それが問題視されて入社取り消しに。その後、彼女が日テレを相手どって民事訴訟を起こし、和解が成立して入社を勝ち取ったというものだ。

苦労して念願の女子アナになったものの、今の活躍を見る限り、決して大成したとは言い難い。

「結局のところ、笹崎は“腫れモノ”なんですよ。あの和解条項の中に『訴訟の影響で(笹崎アナが)不平等にならないように配慮すること』『不平等が起きてコンプライアンス部門に訴えた場合、改善すること』という条項があって、裏を返せば、特別扱いしないことでもある。

しかも、あの騒動を快く思っていない局員もいるようで、彼女を番組でプッシュしようとすると『平等に仕事させないと。笹崎だけ売り出すわけにはいかない』と反対する声も聞こえてくる。かなり根深いですよ、あれは」(日テレ関係者)

また、こんな話もある。

「問題なのは、彼女がスキャンダルを起こしたときの事後処理。番組内不倫が発覚したテレビ朝日の田中萌アナのように休養をさせるわけにもいかない。正直、上層部としてはあまり大きな番組に起用したくないというのが本心でしょう」(日テレ局員)

今年こそ、ブレイクしてほしいが…。

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/12/81495/
no title

【ブレイクしきれない日テレ・笹崎アナ、内定取り消し騒動の代償は大きかった?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/10(金) 21:30:47.40 ID:CAP_USER9
 大ヒットを記録した細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて3月24日夜9時より、本編ノーカットでテレビ放送されることが決定した。

 本作は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』など、新作を発表するごとに注目を浴びる細田監督が手掛けたアニメーション映画。“おおかみおとこ”と恋に落ちたヒロインの花は、雪と雨という2人の“おおかみこども”を授かるが、彼は帰らぬ人に。残されたこどもたちが人間とおおかみのどちらの生き方も選べるように、大自然豊かな田舎町へと移り住む、母と子の13年間にわたる物語を映し出す。

 2012年に全国劇場公開され、国内興行収入42.2億円、動員数344万人という大ヒットを記録。海外でも、フランスをはじめとする93の国と地域で配給され、スペインのシッチェス・カタロニア映画祭ではアニメーション部門で最優秀長編作品賞を受賞するなど高い評価を受けている。

(中略)
(編集部・石神恵美子)

「金曜ロードSHOW!」『おおかみこどもの雨と雪』は3月24日夜9時00分~11時19分(25分拡大)本編ノーカット放送


・号泣必至の名作です…『おおかみこどもの雨と雪』メインビジュアル - (C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会 
  
http://www.cinematoday.jp/page/N0090212

おおかみこどもの雨と雪

【『おおかみこどもの雨と雪』金ローで本編ノーカット放送!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/07(火) 21:02:34.47 ID:CAP_USER9
乃木坂46のメンバーだった市來玲奈が、日本テレビのアナウンサーに内定したことが判明。元アイドルが女子アナになることを巡って、ネット上で議論が起きている。

市來は2011年に行われた乃木坂46の第一期メンバーオーディションに合格し、1枚目から4枚目のシングルまで選抜メンバーとして活躍。
アイドル活動を続けながら2014年に早稲田大学に合格したが、「学業に専念したい」という理由で同年7月にグループを卒業した。
しかし2015年には芸能活動を再開し、バラエティ番組にも出演。そして今回、日本テレビのアナウンサーに内定したことが報じられた。

アイドル→女子アナという流れは、最近のちょっとしたトレンドだ。元・モーニング娘。の紺野あさ美(テレビ東京)、元NMBの村上文香(NHK)、元SKEの柴田阿弥(フリーアナ)などがいる。
中でも村上は、「アナウンサーになりたい」とグループを卒業し、夢を叶えている。

女子アナといえば採用の倍率が1000倍以上ともいわれる超人気職。そんな難関を突破したことに対し、ツイッターには、

「凄いなぁ…アイドル?大学?日テレって… いっぱい勉強して、努力したんだろうな」
「おぉっ!これは楽しみだ。コンコン以来のバリバリのアイドル出身アナか。48グループでも、なかまったーとかまりなってるがアナを目指してるみたいだし、どんどん増えて欲しい」
「市來玲奈ちゃんは結局日テレのアナウンサーになるんだ みとちゃんみたいにみんなに愛されるアナウンサーになって欲しいね」

と、期待の声が上がっている。

しかし、

「アイドル→局アナウンサー採用かあ… なんだかなぁ」
「ついに日テレも元アイドルを起用したか…。 ちょっとガッカリ…」
「元乃木坂が日テレの女子アナに内定したらしいが、元アイドルの局アナってなんか面白くないわ」

など、元アイドルが女子アナとして採用されることに抵抗を感じる人も少なくない。

このまま「アイドル→女子アナ」の流れが定着するのかどうかは、市來がアナウンサーとしてどれだけ活躍できるかが、ひとつの試金石となりそうだ。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0207/r25_170207_2564103812.html
R252月7日(火)11時2分 
001-76
  
 
no title

【元乃木坂・市來玲奈日テレへ「元アイドルアナ」に賛否】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/09/24(土) 20:14:36.96 ID:wmDQnFr70 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
9月24日、日本テレビの「PON!」の月曜日担当のお天気お姉さんで9頭身超スレンダーボディ
モデルとして注目されている熊江琉唯さんの2ndDVD&Blu-ray『るい色予報』(エスデジタル)
発売記念イベントが秋葉原のソフマップアミューズメント館で行われた。

DVDの内容について「今回は先輩と仕事先の海外で偶然会う設定です。OLの格好やビーチ
で黄色い水着を着たり、学生服を着させて頂きました。花びら一面のシーンは今まで着た事
が無かった大人っぽいカーキ色の水着ですごく新鮮でした。中国語のセリフも有ります。」と
紹介。

恥ずかしかったシーンについて「制服のシーンです。3年ぶりだったので、似合ってるかどうか
見て確かめて下さい。」と照れながら語っていた。 また、セクシーなシーンについて「お風呂の
シーンやカーキ色の水着で花びらがいっぱいに広がってるシーンです。前回よりも大人っぽく
撮れました。」とコメント。

プロフィール 熊江琉唯(くまえ るい) 1995年4月17日生まれ 
サイズ:T172 B86 W61 H84 中国・四川省出身
趣味:料理 特技:中国語

http://entameclip.com/topics/35088
no title
 

【B86W61H84、9等身超ボディのお天気お姉さんが水着姿を披露】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/09/05(月) 05:10:23.84 ID:CAP_USER9
日本テレビの朝の情報番組「PON!」(毎週月~木曜午前10時25分)に初めての
“お天気お兄さん”が登場することが明らかになった。

抜てきされたのは、東海発の5人組男性アイドルグループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」
(マジプリ)の西岡健吾さんで、4日に行われた同グループ初の東京でのライブで発表された。
西岡さんはフェミニンなルックスで人気のメンバーで、10月からお天気コーナーを担当する。

西岡さんは1997年10月22日生まれ。愛知県出身。
CBCテレビ(名古屋市中区)の生放送情報バラエティー番組で2000を超える応募の中から
オーディションで選ばれ、2015年3月に結成された「マジプリ」のメンバーとなった。
マジプリは東海地方を中心にテレビやラジオ、ライブなどで活躍している。

西岡さんは、お天気お兄さんとしての出演を
「お話を聞いた時は飛び上がるほどうれしかったです!」と喜び、
「早くPON!ファミリーとして認めていただき、きちんとお天気をお伝えできるように精いっぱい頑張ります!」
と意気込んでいる。

またMCのビビる大木さんは、西岡さんの印象を
「お天気お兄さんというか、やっぱりお姉さんみたいなうわさもありながら、 でもお兄さんなんですよね。
男の子か女の子か見間違えるような見た目、雰囲気にびっくりしました」といい、
「僕たちオジサンが触れてはいけないような、真っ白なでピュアな健吾くんを新メンバーとして、
どうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけている。


・「PON!」で初めての“お天気お兄さん”に起用された「MAG!C☆PRINCE」の西岡健吾さん
no title

no title

no title

http://mantan-web.jp/2016/09/05/20160904dog00m200031000c.html

【PON! 初の“お天気お兄さん”に東海発のフェミニン系アイドルを抜てき】の続きを読む







このページのトップヘ