なんでも速報

タグ:新型

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 15:19:05.63 ID:FfcUhG6E0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
「軽自動車の真ん中」が伸びない

スズキ新型ワゴンRが苦戦している。

一般社団法人全国軽自動車協会連合会によると、2017年3月の同車販売台数は1万3949台で第6位となり、トップの
ホンダN-BOXの2万6124台の約半分という厳しい状況だ。ワゴンRは6代目として2月に発売開始したばかりだが、
一方のN-BOXは今年夏頃にフルモデルチェンジが噂されるモデル末期である。

ワゴンRといえば、1993年のデビュー以来、軽ワゴン市場をけん引し、2016年末時点での累積販売台数は約440万台、
このうち約280万台が現時点で保有されているという、軽自動車の王道である。スズキが配布した6代目の広報資料の
1ページ目にも「軽自動車の真ん中、それがワゴンR」との記載がある。

その“軽自動車の真ん中”にいま、いったい何が起こっているのか?

市場の成熟と分散化

軽自動車市場が変調している。これが、いまワゴンRの販売に影響を与えている最大の原因だ。

日本国内の全体需要の中で、軽自動車のシェアは“ほぼ半数”に達したが、軽自動車の市場環境自体も成熟してきた。
ここ数年は、ワゴンRとダイハツムーヴというツートップを母体として、スペーシアとタントというハイト系に派生、
そこにホンダがN-BOXで一気に攻勢をかけるという市場が形成されてきたが、これが崩れ始めている。

そのきっかけを作ったのは、ハスラーだ。同車の購入者の平均年齢は30歳代で、ワゴンRの平均年齢である50代半ばから
一気に若返った。これまで軽自動車に興味のなかった層が、ライフスタイル系の新しい乗り物としてハスラーをフックに
軽自動車市場に入ってきた。2017年3月のハスラー販売台数は1万240台となり、ワゴンRとの差は少ない。

これは、ハスラーがワゴンRを“食っている”訳ではなく、ハスラーが軽自動車のイメージを変えた、と捉えるべきだ。

続きはソースで
http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/special-3296731/
no title

【スズキ・新型ワゴンRはなぜ全然売れないのか? 販売台数はN-BOXに惨敗】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/19(水) 23:41:05.74 ID:dXczNgzG0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ホンダ、2モーターハイブリッドの新型「CR-V ハイブリッド」世界初公開

no title


 本田技研工業は4月19日(現地時間)、「The 17th Shanghai International Automobile Industry Exhibition」(オート上海2017。プレスデー:4月19日~20日、一般公開日:4月21日~28日)で新型SUV「CR-V ハイブリッド」を世界初公開した。

 中国市場で2017年の後半に発売を予定するCR-V ハイブリッドでは、ホンダの「アコード ハイブリッド」「オデッセイ ハイブリッド」などでも採用されている
2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」をパワートレーンに採用し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立。
さらに先進的な安全運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載するなど装備を充実させている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/autoshanghai2017/1055886.html

【CR-Vハイブリッド 基本的にエンジンは発電用でモーターのみ走行 高速走行ではエンジン走行!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/19(水) 08:25:24.89 ID:0/beRr0/0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
先日、米国ホンダが発表した2018年型「シビック Si」のセダンとクーペの最高出力の数字は、世間を驚かせた。
"わずか"205hpの先代シビック Siから全く向上していなかったからだ。先代モデルより向上したのは26.5kgmの最大トルクのみ。さらに同様に驚いたのは、
最高出力も最大トルクも、306hp(米国仕様)を発生する「シビック タイプR」とは大きく差が付けられていたことだ。
しかし、ホンダの広報担当であるデイビス・アダムズ氏によると、これにはいくつか理由があるようだ。



まず1つ目として、排気量を1.5リッターのまま、高出力化させた理由は、価格面の問題によるものだ。
タイプRの2.0リッター・エンジンをグレードダウンさせて搭載することも可能だったかもしれないが、
そのエンジンを使用するにはコストが掛かりすぎる。ホンダは手頃な価格設定を維持させたかった。
http://jp.autoblog.com/2017/04/14/why-2018-honda-civic-si-only-205-horsepower/

01-2017-honda-civic-si-coupe-ny-1

【新型ホンダ「シビック Si」、パワーは現行と代わり映えしない205馬力コストカットエンジン】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/29(水) 20:10:07.06 ID:CAP_USER
https://www.autocar.jp/news/2017/03/29/213461/
no title

no title


[編集部より]
日産リーフ新型の開発車両を初撮りしました。トランク部分の形状が随分変わります。本当に550km走行可能なら、EVも実用的に?

2018年に登場する次世代型リーフは、スタイリングに大きな変更を受ける。それは新型マイクラのデザインを踏襲したものになるだろう。
撮影に成功した開発車両は、カモフラージュが施されているものの、日産ファミリーのフロント・フェイスと、
ジュークのようなV型テールライト・クラスターを確認できる。またトランクは、現行世代のものよりも一般的な形状になるようだ。
リーフ新型 2018年登場? 航続可能距離550kmへ

既報の通り、新型リーフは550kmの航続が可能なバッテリーパック・オプションを設定する。これは現行モデルの
高性能仕様に搭載される30kWhのリチウム・イオン・パックにくらべて、2倍となる60kWhのパックとなる見込みだ。
また、航続可能距離250kmという30kWh仕様がエントリー・グレードとして用意され、新型のラインナップは、
テスラのようにパフォーマンスに応じて数車種用意されるようだ。
日本ではセレナでお馴染みのプロパイロットを導入

日産は、新型リーフが単一車線の自動運転を可能にするプロパイロット機能を搭載すると認めている。
また日産のデザイナーは、第2のエレクトリック・モデルの計画が進行中であり、これはサルーンやSUVといったボディ・スタイルになると示唆している。

【日産リーフ新型の開発車両を初撮り、航続可能距離は最大550kmか】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/27(月) 21:23:22.94 ID:/bcyjtba0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
新型シビックを見て、乗るチャンス! ホンダは27日、ファン向けイベント「Enjoy Honda 2017」の会場で、今夏に国内発売予定の新型シビックシリーズを特別展示すると発表した。
「Enjoy Honda 2017」は4月1日(土)~2日(日)のHSR九州(熊本県)を皮切りに、全国9会場で実施。HSR九州・鈴鹿サーキット・富士スピードウェイの3会場では、抽選で試乗できるプログラムも設定される予定だ。

展示が予定されているのは、「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビック タイプR」(プロトタイプモデル)の3モデル。
海外ではすでに販売されている新型シビックシリーズだが、日本では1月に開催された東京オートサロン2017で初披露され、導入が待たれている状態だ。(carview!)

https://carview.yahoo.co.jp/news/event/20170327-10262661-carview/
no title

【ホンダ新型シビックの特別展示 試乗】の続きを読む







このページのトップヘ