なんでも速報

タグ:志村けん

be2c798c

1: なまえないよぉ~ 2017/02/25(土) 15:01:18.69 ID:5/yKbV5e0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
元「光GENJI」の諸星和己(46)が24日深夜放送の読売テレビ「マヨなか笑人」(金曜深夜0・30)に出演。ビートたけし(70)と志村けん(67)の喧嘩を仲裁した過去を明かした。

 光GENJI時代、人生で悩んでいる時に相談に乗ってもらっていたなど、たけしを「恩人」と表現した諸星。そのたけしと2人で飲みに行った際のエピソードを語り始めた。

 向かった高級クラブには偶然志村がいたといい、一緒に飲むことに。しかし、支払いする時になり大御所2人が喧嘩を始めたという。「
(料金は)170万円ぐらいするんです。空ける(飲む)ものが違うから。そこでたけしさんが『俺の方が年上』
、志村さんが『俺の方が芸能界古い』って始まって。俺が払うぞと…」と、2人の言い合いを披露。その際、諸星が「俺が払います」と仲裁に入ったところ
、2人からは「そう?」と支払いを譲られたと明かした。

 諸星はこの時、初めてクレジットカードを持ったばかり。そのことをたけしは知っていたことから「二十歳になったら、
ごちそうをすることも大事ですよっていうメッセージだったのかもしれない」と推測。実際、カードで支払いを済ませると「
大人ってのはこういうものだぞ」と言われたとし「あえて喧嘩をする。そういう人なんです」とたけしの振舞いに感謝していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000112-spnannex-ent

【たけしと志村が飲み屋の支払い巡り喧嘩!諸星和己が「俺払います」たけしと志村「そう?」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/07/12(火) 05:20:46.58 ID:CAP_USER9
お笑いタレントの志村けん(66)が、人気スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラに“期間限定”で加入することが11日、わかった。

志村は、謎の三味線奏者「KEN from EVM」(EVM=East Village Mountain=東村山市)として、その腕前を披露する。

今回のスペシャルなコラボレーションは、タレントで東京海洋大学客員准教授のさかなクンが、帽子を含め全身に黒をまとった「GYO」として、バスサックスを華麗に演奏したことで話題になった
『キリン氷結』コラボ企画の第2弾。

12日からYoutubeで公開するWEBムービーでは、CMの収録スタジオに「バカ殿」がひょっこり現れ、ドラムを手で叩いたり、サックスに手を突っ込んだりと、コミカルに楽器の感触を試すが、突如「本番!」の声がかかると場面は一転。スカパラと紋付袴姿の“素”の志村による
CMソング「Paradise Has No Border」の演奏が始まる。

「ついに、僕の出番が来ましたね」と話す志村は「これまで密かな趣味として、腕を磨いてきた大好きな三味線を披露する機会を探していました。
今回、キリンさんにお声がけいただき、スカパラさんのナウいバンドと僕の渋い三味線による新しくてかっこよくてアイ~ンなコラボレーションが生まれました」と紹介。

「それぞれ音楽のジャンルが違うから、今回のようなコラボレーションはなかなか見れないし、だからこそ絶対面白い」とアピールし「話が来たときはすごく嬉しかったです。
是非、お楽しみください。惚れちゃや~よ。だっふんだ。」とコメントを寄せている。

TVCM「あたらしくいこう 志村けん」篇(15秒、30秒)も12日からオンエア。


・スカパラに加入し、三味線を披露する志村けん=『キリン氷結』WEBムービーより
no title
【志村けん、スカパラに期間限定で加入 三味線姿に「惚れちゃや~よ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/05(火) 16:53:09.65 ID:CAP_USER*.net
先月27日、モデルの竹下玲奈が自身のインスタグラムに、「志村けん氏飲み友」と、志村けんと一緒に飲んだ際のツーショット画像を投稿。
志村の肩に頭を乗せたり、肩を抱き寄せられたりと、あまりに親密な姿に、ファンからは「文春さん、見張ってて!」「金と権力があれば、何でも許されるんだな」など、嫉妬の声が上がっている。

「竹下といえば、1997年にファッション雑誌『プチセブン』(小学館)でモデルデビューを果たして以降は、数多くの雑誌、広告に登場。
“玲奈スタイル”“玲奈カジ”と呼ばれる独自のファッションスタイルが同世代女性にウケ、34歳となった今でも第一線で活躍。
さらに、後輩モデルたちにも影響を与え続けているだけに、志村とのツーショット画像には、女性ファンからも『志村の取り巻きって、B級のグラビアモデルが多いイメージだから、
ちょっと幻滅』『愛人に見える』など、否定的な声が上がり、さらに竹下は12年に一般男性と結婚しているだけに、ネット上では『今年流行りの不倫スクープ出ちゃう?』
『裏では、文春と新潮でスクープ争奪戦が繰り広げられているかもな』などと邪推する声も上がっているようです」(芸能関係者)

数々の女性タレントと浮名を流している志村が相手なだけに、ファンが心配する気持ちも分からなくはないが、その一方で、竹下の肉食っぷりを懸念する声も上がっているようだ。

「竹下が結婚した相手は、2歳年下の飲食関係の仕事をしている一般男性なのですが、竹下が福岡での仕事後に、スタッフと行った打ち上げのお店で働いていた男性を逆ナンパしたのが、付き合うきっかけだったようです
。このことについて竹下は、12年に発売された雑誌『BAILA』(集英社)のインタビューで、『ひと目ぼれに近い形で人を好きになったのは初めてだし、自分から声をかけたのも、
もちろん初のこと』と語ったのですが、ネット上では『本当に初めてだったのか?』『年下男をつかまえて、デキちゃった婚て、肉食の匂いがプンプンするのだが』などと指摘する声が上がっていたようです。
その一方で、女性ファンからは『自分から声をかけるなんて凄い!』『やっぱ美人は得だな』など、称賛の声が上がっていたようです」(同)

今年1月に放送された『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)に出演した際、志村は、交際する女性の年齢に関して、
「最近広がったんですよ。上は35~36歳まで全然OKですよ」と語ったのだが、これに関して、ネット上では「ストライクゾーンを広げたのは、34歳の竹下を意識して?」という声が上がり、
さらに、志村が「(下は)18くらいから」と語ったことに関しては、「犯罪だろ!」「孫とお爺ちゃんにしか見えない」などと指摘する声が上がっていたようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1112394/
2016.04.05 12:00 おたぽる

no title

【【芸能】竹下玲奈、志村けんとの親密ツーショットに「文春さん見張ってて!」の声 結婚相手への“初逆ナン”には「本当に初めて?」】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 09:45:01.79 ID:CAP_USER*.net
名だたる芸能美女が寵愛を受けてきた“志村大奥”に、異変が起こっている。大人気の橋本マナミ(31)が、
バカ殿・志村けん(66)の「正室の座についた!?」と、業界で話題騒然だというのだ。

そのキッカケは、2月20日に開催された志村の誕生日会。中山秀征、宮根誠司、上島竜兵、元プロ野球選手の佐々木主浩氏など、
志村と親しい著名人たちが顔を揃えた毎年恒例の“正式行事”において、志村自身がブログで公開した集合写真のほとんどで、
橋本が志村の隣の“ポジション”を占めていたのだ。
「過去、志村の彼女ではないかと目されたタレントに、いしのようこ(48)や優香(35)の他、元人気セクシー女優のみひろ(33)などがいました。
また最近では、磯山さやか(32)も、お気に入りの美女といわれています。
彼女たちは、志村の冠番組で重用される他、こうした誕生日会などでは必ずメインのポジションにいる。
最近の番組での使われ方や、今回の誕生日会での扱いを見れば、
今、志村が最も熱を上げているのは、橋本であることは一目瞭然です」(業界関係者)

実際、ここ最近の『志村の時間』や『志村けんのだいじょうぶだぁ』(いずれもフジテレビ系)などの共演者を見ると、
コントなどで志村の重要な“相手役”は橋本が演じている。
また、あるテレビ局関係者によれば、「志村さんは、好みのタレントを優先的に自分の番組に使います。
ダメだと思ったら、二度とお呼びがかからない。重要なのは、顔、性格、やる気があること、そして、コントのできる芝居心があることです」 
つまり、一緒に「仕事=コント」ができるかどうかが重要なポイントというのだが、もちろん、“好きな女性のタイプ”はある。
「志村の好みは清潔感があって、あまり細すぎないこと、身長が高すぎないこと。
要はモデル体型ではない、ということです。
加えて、お酒を飲むのが好きというのも重要。自分から“私が私が”と前に出るタイプは、嫌われます」(芸能記者) 考えてみれば、
いしのにしても、優香にしても、「みんな清潔感のある控えめなタイプ」(前同)だった。

もう一つ、重要な条件があると指摘するのは芸能ライターの織田(おりた)祐二氏。「志村さんは、都会ずれしていない地方出身者が好みなんです。
山形出身で素朴さを残している、そのうえGカップとくれば、ドンピシャでしょう」 
そんな殿の寵愛めでたい橋本だが、デビュー後は不遇の時代が長かった。
1997年、「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞し、芸能界入りしたものの、
せっかくの2時間ドラマ出演も水死体役だけで終わるなど、あまりいい仕事が回ってこず、ブレイクするまで結局18年もかかっている。

人気が出たキッカケは、事務所を移り、芸名を変えたことと、昨年、発売した写真集がヒットしたこと。
視聴率を取れる色っぽいタレントを求めていたテレビ局のニーズにハマったこともあり、バラエティ番組に引っ張りだことなったのだ。
前出の織田氏が言う。「下積み時代、夜の接待などで男への接し方を学んだといわれています。
彼女は今の“セクシーキャラ”を実地で確立させたわけです」

そして、それが志村番組への出演につながった。「苦労人だからか、橋本さんはスタッフへの気遣いも抜群なんです。
ちゃんと挨拶してくれるのはもちろんのこと、一人一人に何かひと言添えてくれる。
覚えてくれてたんだと思うと、うれしいですよね。しかも、殿からの誘いのかわし方も見事です(笑)」(テレビ局関係者)

ただ、前出の織田氏は、こんな懸念を口にする。「彼女が出演する『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で共演している梅沢富美男が“
最近、橋本はテングになってる”とボヤいていましたが、これは志村という後ろ盾ができたせいかもしれません」 
また、一説によれば、「最近は、少し前まで仲の良かったグラドル友達の森下悠里や矢吹春奈らと距離を置き始めているとも。
単なる嫉妬という話もありますが、その辺はちょっと心配ですね」(前同)

ちなみに志村は、気に入った女性の写真を自分の携帯電話の待ち受けにするのが趣味だといわれている。
「現在、志村の待ち受け写真になっているのは当然、橋本マナミだとか」(同) このままいくと、本当に“バカ殿の正室”になる!?

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160318-15956931-taishuq
2016/3/18 09:00 日刊大衆

no title

【【芸能】橋本マナミが掴む「志村けん正室」の座】の続きを読む

1: 腕ひしぎ十字固め(東京都)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 22:30:27.93 ID:Qh8pKexb0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典

昨夜66歳の誕生日
沢山の仲間からお祝いして貰いました
皆さん有難う御座いました
http://ameblo.jp/shimura--ken/entry-12131225797.html
no title
【志村けん、ハゲのくせに女に囲まれたお誕生日会】の続きを読む







このページのトップヘ