なんでも速報

タグ:実写化

1: なまえないよぉ~ 2017/03/20(月) 17:10:22.93 ID:CAP_USER9
 モデルで女優の池田エライザさんが、押見修造さんのマンガが原作のドラマ「ぼくは麻理のなか」で主演を務めることが20日、明らかになった。新感覚の“男女入れ替わり”の物語で、美形の女子高生・吉崎麻理を演じる池田さんは「押見修造さんのマンガはそれこそストーカーのように、常に追っていたので、お話をいただいた時はとても光栄でした」とコメントしている。

 「ぼくは麻理のなか」は、アニメ化もされた「悪の華」などで知られる押見さんが「漫画アクション」(双葉社)で連載した同名マンガが原作。友人作りに失敗したことが原因でまともに学校にも行けなくなった“ぼっち”の大学生・小森功が、ある朝、目を覚ますと、行きつけのコンビニエンスストアでたびたび遭遇し、尾行していた美形の女子高生・吉崎麻理の“なか”に入ってしまう……という新感覚の“男女入れ替わり”ドラマで、功は吉沢亮さん、麻理の親友・柿口依(より)を中村ゆりかさんが演じる。

 池田さんは「人間の潜在的にある感覚を、どこまで掘り起こせるかが日々勝負になってくる撮影は、楽しいですが過酷な時もあり、いま体当たりしてるなあと感じます」と明かし、「めちゃめちゃになりながらも愛を持って撮っています。お楽しみに」とメッセージを寄せている。

 ドラマは、3月31日午後5時から、配信サイト「FOD(フジテレビオンデマンド)」で全8話を一挙にライブストリーミング形式で配信。FODプレミアム会員のみ視聴できる。

2017年03月20日
http://mantan-web.jp/2017/03/20/20170319dog00m200030000c.html
no title

no title

no title

【池田エライザ 「ぼくは麻理のなか」実写化でドラマ主演 “男女入れ替わり”の美形女子高生に】の続きを読む

5b58d307-d077-47ce-a362-bf2cdebc7920

1: なまえないよぉ~ 2017/03/17(金) 21:21:43.60 ID:CAP_USER9
アニメ・漫画が実写化するとなると原作ファンにとっては、作品がより多くの人に知ってもらえるといういい面もあるとはわかりつつ、いろいろ心配になってしまうもの。原作の世界観を壊してしまわないか、キャストや演出面が気になってしまうという人は多いのではないでしょうか。今回はアニメ・漫画の実写化が決まったときに「これだけはやらないでほしい」と思うNGポイントについてアニメ・漫画が好きな大学生に聞いてみました。

■漫画・アニメの実写化で「これだけはやらないでくれ!」と思うことはどれですか?

第1位「キャスティングがイメージと違う」57人(29.6%)
第2位「原作の設定を変えている」33人(17.1%)
第3位「ストーリーの結末が違う」22人(11.4%)
第4位「オリジナルキャラを出す」21人(10.9%)
第5位「役柄の性別が変わっている(男性設定のキャラが女優起用になるなど)」16人(8.3%)

●第1位「キャスティングがイメージと違う」

・別にその原作を使わなくてもいいじゃん、と思うから(女性/22歳/大学4年生)
・ただのごり押しだと思うから。だとしたら話の内容も変わってくるし見る気も失せる(男性/22歳/大学4年生)
・登場人物のビジュアルが原作に沿っていないと世界観が失われてしまう気がするから(女性/22歳/大学4年生)
・アニメや漫画とのイメージが違うと、実写でやる必要がないと思うから(男性/20歳/短大・専門学校生)

●第2位「原作の設定を変えている」

・元々の作品を最初に見てしまったら、変わった後違和感があると思うから(女性/22歳/大学4年生)
・原作ありきの実写化なのに原作の設定を変えてなかったことにするのは冒涜(女性/22歳/大学4年生)
・オリジナルの作品と関係ない全く別のものを、実写化と言われて見せられてもなにもおもしろくないと思うから(男性/28歳/大学院生)
・原作の設定と違ったらもうそれはオリジナル作品(男性/23歳/大学4年生)

●第3位「ストーリーの結末が違う」

・監督の勝手な解釈でストーリーを組み立てると作品自体の評価が下がることがあるから。
原作者も苦笑い(女性/20歳/短大・専門学校生)
・そのストーリーだからファンになったと言えるので、変えられるのは嫌(女性/22歳/大学4年生)
・最後の最後でがっかりしたくないので(男性/22歳/大学4年生)
・違うものになっちゃうから(女性/22歳/大学4年生)

●第4位「オリジナルキャラを出す」

・マンガの全体構成が変わってしまうため(男性/22歳/大学4年生)
・原作を変えられてしまうと、観に行く必要性を感じられない。なんのためにその作品を実写化したのかよくわからない(女性/22歳/大学4年生)
・オリジナルが好きだから実写版も見たいと思うのに、それを変えられてしまうとがっかりしてしまう(男性/24歳/短大・専門学校生)
・興ざめ(女性/22歳/大学4年生)

●第5位「役柄の性別が変わっている(男性設定のキャラが女優起用になるなど)」

・一般ウケを狙ったんだろうなと思うから。原作ファンのおかげで映画化できるのだから、せめて原作に忠実にやってほしい(女性/22歳/大学4年生)
・ストーリーの改編はまだ我慢できるけど、キャラの性別変えたらそれはもう別作品だろと思っちゃう(女性/20歳/短大・専門学校生)
・内容は変えてくれると別の物と見ることができるが、男女を変更してストーリー通りはしんどい(男性/24歳/大学院生)
・多少のイメージの違いは許せるが、性別の違いは根本から違う(男性/23歳/大学4年生)

原作の設定や流れを無視して、オリジナル要素を入れられてしまうと興ざめしてしまう原作ファンが多いようです

キャスティングには大人の事情もいろいろと絡んでいるのでしょうが、原作ファンとしてはやはりできるだけ元のキャラに忠実なキャストを選んでほしいですよね。

そもそもアニメ・漫画ファンのなかには、どんなかたちにしろ実写化はしなくていいと思う人も多いようです。実写版と原作はまた別の作品と捉える必要があるとわかりつつも、実写化された作品にいろいろと思うところがあるファンは多そうですよね。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170316/Mycom_freshers__gmd_articles_48391.html?_p=3

【漫画・アニメの実写化で「これだけはやらないでほしい」と思うことTop5!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/07(火) 05:22:27.35 ID:CAP_USER9
 荒木飛呂彦さんの人気マンガを実写化する映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(三池崇史監督)の特報映像が7日、公開された。映像では、アクセサリーが付いた個性的な学生服にリーゼントといういでたちの山崎賢人さん演じる主人公・東方仗助が鋭い眼光を向ける姿や、仗助の目前で人が吹っ飛ぶシーンなどがお披露目された。また、タイトルの“ダイヤモンド”をイメージした背景をバックに仗助が力強い眼光を向けている、「その『力』(スタンド)を、使う時が来た。」というキャッチコピーが付いたティザーポスターも公開された。

 特報映像の冒頭では、海岸線やオレンジ色の屋根の家が並ぶ街並みなど、スペイン・シッチェスで撮影された物語の舞台である杜王町の上空からの風景が映し出されており、塗装の剥げた「立入禁止」の看板や「一家惨殺犯人の手掛かりゼロ」という見出しのスクラップ記事、謎の矢なども映像には登場。口から血を流す仗助の姿や弓矢を持って暗い部屋に立つ何者かの姿なども映し出され、ラストには「この町、何かがおかしい」という言葉が表示されるサスペンス調の映像となっている。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった人気マンガ。英国貴族の血を受け継ぐジョースター家と個性的な悪人たちとの数世代にわたる戦いを描いた壮大なストーリーが特徴で、独特の擬音を用いた表現や立ちポーズも人気を博している。現在は「ウルトラジャンプ」(同)でシリーズ第8部「ジョジョリオン」が連載されている。

 映画は、シリーズ第4部「ダイヤモンドは砕けない」を基に、東宝とワーナー ブラザース ジャパンの共同製作・配給作品として実写化する。山崎さんのほかに、仗助の親友の広瀬康一を神木隆之介さん、仗助を導く空条承太郎を伊勢谷友介さん、康一に好意を寄せる山岸由花子を小松菜奈さん、仗助と対立する虹村形兆を岡田将生さん、形兆の弟・億泰を真剣佑さん、仗助の母親・朋子を観月ありささん、仗助の祖父・良平を國村隼さん、殺人犯・片桐安十郎を山田孝之さんが演じる。8月4日公開。


・公開された「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のティザーポスター(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
no title

http://mantan-web.jp/2017/03/07/20170306dog00m200054000c.html


∥動画∥
実写映画「ジョジョの奇妙な冒険」学生服&リーゼント姿の仗助が鋭い眼光を向け… 本編映像解禁 [ maidigitv ]
https://www.youtube.com/watch?v=4ZRHiGg3QzA


【ジョジョの奇妙な冒険 学生服&リーゼント姿の仗助が鋭い眼光を向け… 実写映画本編映像解禁】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/26(日) 13:30:42.53 ID:CAP_USER9
今度こそ期待!今年実写化のマンガ・アニメランキング

これまでに多数のマンガやアニメが実写化されましたが、残念ながら原作ファンが納得する作品は少ないよう。
今年も人気作品の映画化が控えていますが、みなさん「今度こそ面白くなってほしい!」という気持ちではないでしょうか。

そこで今回は、「今度こそ期待したい!今年実写化のマンガ・アニメ」を調査・ランキングにしてみました。
どんなキャラクターがランク・インしているのでしょうか?

1位 銀魂(7月14日公開)
2位 3月のライオン(前編3月18日、後編4月22日公開)
3位 ハルチカ(3月4日公開)

【1位は560票で『銀魂』!】

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈の他、豪華キャストで送る『銀魂』。あの世界観を一体どうやって実写映像化するのかとても気になるところですが、どうやらアクション主体の内容となりそうですね。
キャストのビジュアルが公表されると「完成度高い!」と感じた人が多いようで、映画への期待が高まっている様子が伺えます。
公開は今年夏。これからどんな情報が出てくるか楽しみですね。

【2位は319票で『3月のライオン』!】

公開間近となった『3月のライオン』。マンガはもちろん、現在放送されているアニメも人気とあって気になっている人も多いのでは?
先行試写会で見た人からは「主演の神木隆之介君の演技がハマってる」と高評価。映画化にありがちなアレンジも少なく、原作を忠実に再現しているとファンも一安心のようです。
どうやら実写化大当たりの予感がする本作。原作を知らずとも見る価値がありそうですよ。

【3位は200票で『ハルチカ』!】

いよいよ公開!Sexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈主演の『ハルチカ』。原作はミステリー、吹奏楽、恋愛と盛りだくさんの内容ですが、映画はオリジナルの設定が盛り込まれるようで、そのためか映画化を不安に思う声が多くあがりました。
しかし、佐藤さんと橋本さんというリアルイケメンと美女の恋愛なら許せる!というファンも多いよう。フレッシュなキャストが繰り広げる「吹奏楽純愛ストーリー」に期待したいところです。

上位には、原作が大人気の作品が多くランク・インしました。どの作品も公開が楽しみですね!

1位 銀魂 560票
主演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈(Rev. from DVL)
7月14日公開

2位 3月のライオン(前後編) 319票
主演:神木隆之介
3月18日(前編)、4月22日(後編)公開

3位 ハルチカ 200票
主演:佐藤勝利(Sexy Zone)、橋本環奈(Rev. from DVL)
3月4日公開

4位 東京喰種 トーキョーグール 166票
主演:窪田正孝、清水富美加
夏公開予定

5位 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(第1章) 124票
主演:山崎賢人
8月4日公開

6位 鋼の錬金術師 108票
主演:山田涼介(Hey! Say! JUMP)、本田翼
12月1日公開

7位 氷菓 96票
主演:山崎賢人、広瀬アリス
2017年公開予定

8位 斉木楠雄のΨ難 88票
主演:山崎賢人
2017年公開予定

9位 PとJK 77票
主演:亀梨和也(KAT-TUN)、土屋太鳳
3月25公開

9位 ピーチガール 77票
主演:山本美月
5月20日公開


調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,551票
調査期間:2017年02月10日~2017年02月20日

https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4188/
no title

no title

no title

【今度こそ期待!今年実写化のマンガ・アニメランキング】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/10/30(日) 17:11:34.68 ID:CAP_USER9
まるでベルトコンベアーの流れ作業のように次から次へと……。10月27日、広瀬すず(18)と生田斗真(32)がW主演を果たす映画『先生!』の制作および2017年秋の公開予定が発表された。
“人気恋愛漫画の実写映画化作品”への出演が続く広瀬すずを中心に、漫画ファンの間で「お腹いっぱい」などとブーイングの嵐だ。

■広瀬すず主演で「ミスキャスト」「お腹いっぱい」

11月以降、漫画原作の公開予定映画は目白押し。『溺れるナイフ』や『イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編』、『一週間フレンズ。』、
『きょうのキラ君』、『ひるなかの流星』、『3月のライオン』などあふれんばかりだ。

広瀬も2016年、漫画原作の実写映画『ちはやふる』シリーズ(上の句・下の句)や『四月は君の嘘』に出演。
PRにも熱心で、幾度となくイベントに出席して芸能ニュースに登場した。
そして今回は、『別冊マーガレット』(集英社)で1996年から2003年まで連載された人気恋愛漫画『先生!』の実写映画に出演が決定。広瀬は女子高生・島田響を演じる。

ファンの反応はどうもイマイチ。タメ息まじりで「ミスキャスト」「お腹いっぱい」という声が続出し、先生・伊藤貢作を演じる生田にも「イメージに合わない」と非難が飛んでいる。

ファンが納得いかない点の一つが、作り手の反省感のなさだ。近年公開された『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』は公開前から「ムチャだ」と非難され、あげく公開後に大爆死。
広瀬が出演した『四月は君の嘘』も評価はやや低調だった。それにもかかわらず、企画時点で安易に見える漫画実写化の連発が止まらない。

「広瀬出演が決定した『先生!』は、わざわざ13年前の作品を引っ張り出して実写映画化することになります。
夢もワクワクもない代わり、リスクがない安全な投資だということでしょうか。
この人気漫画実写化の傾向は当分止まりそうになく、むしろ勢いが増すばかり。原作の熱心なファンほど諦めが要求されるかもしれません」(報道関係者)

人気漫画『GANTZ』の作者・奥浩哉(49)も過去にツイッターで、「知名度がある原作とイケメンの組み合わせだけで内容はテキトーでも観に行く人達がいっぱいいるからですよ。
コアなファンなんて最初から相手にされてません。儲からなかったら誰も作りません」とあられもない現実をファンに突きつけた。

また最近は、熱心な原作ファンに心境の変化を求める声も出ている。
10月26日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で漫画やアニメの実写化が話題になった際、マツコ・デラックス(44)は「今、文句言う人はちょっとダサい」と意見した。

実写化にウンザリするファンからは「もうどうせなら漫画原作は全て山崎賢人(22)と広瀬すずですれば」とヤケクソ気味の皮肉も飛ぶ人気漫画の実写化。
2017年は山崎主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』、山田涼介(23)主演の『鋼の錬金術師』などの公開も控えている。
熱心なファンは我慢を強いられ、阿鼻叫喚の年となりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1219122/
2016.10.30 12:05 デイリーニュースオンライン

1 (1)

【広瀬すずでまた漫画実写化?『先生!』主演決定にブーイングの嵐】の続きを読む







このページのトップヘ