なんでも速報

タグ:大島優子

1: なまえないよぉ~ 2017/06/16(金) 19:00:14.17 ID:CAP_USER9
 今こそ“脱ぎ時、見せ時”だ。女性としての魅力の完成形が出来上がっている。

 女優の大島優子(28)が5月31日に都内で開かれたマクドナルドのキャンペーン『ビッグマック祭り』の発表会に出席した。
 「大島は新CM『ずっと好きだった編』に出演しています。オファーが来たときには“ビッグマックが本当に好きなので、すごくうれしかった”と笑顔を見せていました」(芸能記者)

 CM撮影時のエピソードを尋ねられると、「一口ずつカットを撮るので、ずっと“お預け状態”でした。全部食べられなくて欲求が溜まりましたが、撮影後に2~3個いただきました」と、“優子スマイル”で振り返った。
 「彼女はプライベートでも食べることが大好き。口いっぱいに頬張って食べるのが好きなんです。いわゆる“B級グルメ”で、マックも大好物。ビッグマックとフライドポテトの組み合わせがお気に入りです」(芸能関係者)

 ちなみに、ビッグマックのエネルギー量は3個だと1590カロリーとなり、体形維持が気になるところだが、大島は、
 「さっきも楽屋で歌ったり踊ったりしてきました。ドラマの撮影でも、楽屋で歌って踊って暴れたりしています。汗をかいて消費しているので、太ったりすることはありません」と明かす。

 また、“祭り”の思い出を聞かれると、「浴衣が大好きで6着持っています。でも、着るとアクティブに動いてしまって毎回破れます」と、照れ臭そうに話した。
 「破けるところは、いつもおっぱいかお尻の部分らしいです。相変わらず、セクシーバディは健在ですね」(テレビ局関係者)

 そこで取り沙汰されているのが大島の“フルヌード”。'14年発売の写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)のイベントで、「脱ぐのは全然構いません。女優として、別に抵抗はありません」と断言している通り、大島にはかねてから“見せたい”願望があった。
 「浴衣のエピソードにしても“張り”があることを十分に証明しているし、年齢的に見ても三十路前で、まさに今年が脱ぎ時です。『AKB48』時代は、楽屋では常に全裸で、大島の裸を見ることが“選抜メンバーの証”と言われたほどでした。自分のスタイルに自信があり、人前で脱ぐことに抵抗がないんです。すでに、一部出版関係者が動いているとの情報も流れています。実現すれば、億単位のビッグビジネスになることは間違いありませんね」(芸能レポーター)

 昨年公開された映画『疾風ロンド』の初日舞台挨拶では、“黒いブラジャー”が透ける白いニット姿で登場した大島。
 「業界内からも、フルヌード熱望の声が数多く上がっています。皆、見たがっているんです」(ワイドショー芸能デスク)

 AKB時代、大島は自慢のおっぱいを楽屋でよく見せびらかしていた。
 「題して“大島優子・ストリップショー”。“スッポンポン”は当たり前で、腰を高速で前後にピストンさせて、後輩たちにセックスを連想させたりするところから、“セクハラ露出おばさん”と呼ばれていました」(芸能ライター)

 もちろん、そのボディーは今も健在だという。
 「自宅で入浴後、鏡の前で足を大きく開脚する“全裸ストレッチ”で、体形チェックに余念がないようです。おっぱいは釣り鐘型のFカップ乳で乳首は桃色。お尻は“ビッグな白桃”のようで、見ているだけでフル勃起し、自然にヨダレが出てくるそうです」(同)

 乳も尻も熟れ熟れ状態! 大島も夜な夜な狂おしい肉体を持て余していることだろう。今こそ「脱ぎやがれ」。

2017年06月16日 18時00分
http://wjn.jp/article/detail/5625394/
no title

【【余裕】大島優子 乳も尻も熟れ熟れ! “肉体完成形”の今こそ「脱ぎやがれ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/06/04(土) 17:44:00.57 ID:CAP_USER9
2014年6月にAKB48を卒業して以来、同年公開の映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、目下、女優の道を邁進しているAKBの元エース・大島優子。
だが、メディアに対してはいまだに“脱AKBアピール”を行っているようだ。

大島は5月12日、都内・下北沢の本多劇場で同夜開幕の舞台『鈴木おさむ劇場 美幸 ―アンコンディショナルラブ-』のゲネプロを行ったが、ゲネプロ前にセッティングされた報道陣向けの囲み取材では、毎年6月に開催されるAKBの選抜総選挙について問われると「無関心」を装っていたという。

「大島は『最近、テレビを観ない、いっぱいいっぱいの生活を送っていたので……』と舞台稽古に打ち込むストイックさをアピールしつつ、『8回目だからそろそろダレてくるんじゃないですかね』と他人事のようにコメント。
推しメンバーについても、とりあえずで劇場に花を贈った武藤十夢を挙げるなど、AKBと距離を置きたいという思惑がみえみえでしたね」(現場にいた記者)

肝心の舞台は鈴木浩介との二人芝居で、膨大なセリフ量と大島の下ネタ連呼も話題になっている。

「ゲネプロを観終わった作・演出担当の鈴木おさむが大島の演技を『素晴らしい』と絶賛していましたが、囲み取材で大島が下ネタを叫ぶことにも『平気になっちゃった』と話していたとおり、とくに作品後半で自身の過去の経験を再現するシーンでは、鈴木の股間に自分の顔を近づけて卑猥な言葉を叫んだり、直後に机の上に寝て大股を開き『こうやって……』と絶叫するなど、元アイドルとは思えない迫真の演技を展開。共演の鈴木も『大島優子の最強伝説の幕開け』と絶賛していました。

また、AKB時代にウエンツ瑛士との熱愛が報じられた大島ですが、恋に盲目になったがゆえに猟奇的な復讐劇を行うヒロインの役柄に『気持ちはわかるが私は恋に盲目とかはない。
仕事を優先しちゃうんで』と語っていました。今は恋愛に気持ちは向かっていないようです」(同)

●ブーイング

そんな大島の女優魂が存分に表現された舞台のようだが、取材した報道陣には理不尽な制限が設けられていたという。

「ゲネプロは通しで約1時間半行われましたが、そのうち、撮影が許可されたのは冒頭の20分のみ。
その時間帯で唯一登場する下ネタの『巨根』を連呼するシーンはテレビもスチール、記者も記事使用NGとされ、
記者たちも『大島の下ネタが話題のわりに制約多すぎ』とブーイングでしたね。
脱AKBを誇張しつつも、下ネタ発言のNG指定など、まだアイドル売り的な部分が残っていると言われても仕方がありません」(同)

本当の意味で「元アイドル」から完全脱皮した女優・大島優子の覚醒に期待したい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00010004-bjournal-ent
Business Journal 6月4日(土)17時30分配信


no title

【大島優子、取材で記者から大ブーイング…「AKBに無関心」アピールに必死】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/21(土) 14:14:08.31 ID:CAP_USER9
「過激なせりふが多いんです」と話す大島優子(彦野公太朗撮影)
no title
【大島優子「愛のため。出刃包丁握りしめ…でも怖くないんですよ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/13(水) 06:57:03.39 ID:CAP_USER*.net
エレベーターの中で大島優子さん(27)とふたりっきり。そんな状況下で繰り広げられる、視覚、音声の臨場感がスゴい密室動画が花王から公開された。

会社の後輩・大島さんが、あなたのスーツのニオイに気づいたみたいだ。
クンクンしながらどんどんこっちに、スーツに鼻先がついてしまいそうに近づいてきたと思ったら、その先まで!? イヤホン着用のうえお楽しみを。

https://youtu.be/WwOxv_BwGUg



「じっとしててください」のあとに、「脇はすっぱくないです」は!?

後輩の確認と激ツメはこんなものでは済まないのだった。本当に耳元で聴こえる『花王 リセッシュ 大島優子にもしもニオイを嗅がれたら・・・』このCM動画、ひとりで見ることをオススメする。

http://dailynewsonline.jp/article/1115697/
2016.04.13 05:00 ViRATES

no title

no title

【【CM】会社の後輩・大島優子が耳元でささやく「じっとしててください」スーツの匂いで怒られる!】の続きを読む

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 21:09:28.50 ID:CAP_USER*.net
3月21日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”は、
予想通りAKB48のニューシングル『君はメロディー』が約141万枚のビッグセールスを叩き出し、
連続初登場1位の記録を更新した。

宮脇咲良がセンターを務めた本作は、
グループ10周年記念シングルとして前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子ら卒業生が参加。
大きな売上が期待されていたが、
発売3日間の集計ですでに約135万枚という圧倒的な数字を出していたこともあり、
今回もチャートを制する結果となった。

また、2位以下で熾烈なチャート争いも。
その中で見事に2位の座を獲得したのが、ももちこと嗣永桃子率いるカントリー・ガールズの『ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~』。
3位にはaikoの新作『もっと』と続いており、その後はアルスマグナ『マシュマロ』、高橋優『さくらのうた』がチャートイン。
それぞれ好調なセールスを記録しており、総じてレベルの高いTOP5となっている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2016年3月21日付)
1位.AKB48『君はメロディー』
2位.カントリー・ガールズ『ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~』
3位.aiko『もっと』
4位.アルスマグナ『マシュマロ』
5位.高橋優『さくらのうた』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160314-00036110-exp-musi

■【MV】君はメロディー Short ver. / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=qtt7z9Y6-go



AKB48の10周年記念シングル「君はメロディー」初回限定盤Type-D
no title

センター 宮脇咲良
no title

【【AKB48】 ニューシングル『君はメロディー』、約141万枚のビッグセールス 連続初登場1位の記録更新】の続きを読む







このページのトップヘ