なんでも速報

タグ:及川奈央

1: なまえないよぉ~ 2017/02/25(土) 19:10:48.88 ID:CAP_USER9
 昨年12月5日に41歳の会社員男性と結婚した女優の及川奈央(35)が25日、
出演映画「真白の恋」(監督坂本欣弘)が封切られた東京・渋谷のアップリンクでの
初日舞台あいさつに登壇した。

 及川は、佐藤みゆき(32)演じる主人公の兄嫁役。撮影は2年前だが、劇中で
白むく須姿になる結婚式のシーンがあり、「2年前は想像もできなかったけれど、
無事に入籍することができました」と報告。客席からの拍手の祝福に、
「ありがとうございます」と照れながら手を振って応えた。

 及川が入籍した3日後には坂本監督も結婚し、スタッフも含めればこの2年間で
結婚したカップルは8組に上るという。主人公の父親役で出演した長谷川初範(61)は、
「この映画に携わった人、見た人は結婚できる、とツイッターでつぶやいて」と
アピールしていた。

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/25/kiji/20170225s00041000248000c.html
no title

【新婚・及川奈央 白むく披露の映画初日に結婚報告「無事入籍できました」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/16(木) 23:59:01.16 ID:CAP_USER9
 [映画.com ニュース]“日本のベニス”と称される絶景が広がる富山県射水市を舞台にした映画「真白の恋」のスペシャルプレビューイベントが2月16日、東京・アップリンク渋谷で行われ、主演の佐藤みゆきをはじめ共演の岩井堂聖子、及川奈央、メガホンをとった坂本欣弘監督が舞台挨拶に立った。

 初めて恋をした軽度の知的障がいのある女性・真白と家族の姿を描き、第4回なら国際映画祭ではインターナショナルコンペティション部門の観客賞に輝いた。呉美保、冨樫森らのもとで助監督として活躍した坂本監督は、約5年前に「故郷の富山で映画を撮りたい」と一念発起し帰郷。約2年前に撮り上げ、ようやく上映にこぎつけただけに「最初は僕のポケットマネーで製作していて、周囲の方にご迷惑をおかけしていました。配給も決まっておらず、作品が僕のパソコン上でしか流れない可能性もありましたが、こうして上映できて胸がいっぱいです」と感無量の面持ちだ。

 今作は2月11日から富山で先行公開されており、真白役で映画初主演を飾った佐藤は「すごく大きいスクリーンでの舞台挨拶で、満席のお客様がじっと私たちの話をきてくださって。泣きそうになってしまい、自己紹介がおぼつかない状態でしたが、とても幸せでした」と振り返る。難しい役づくりを「実際に知的障害の方々が勤める作業所に1日、行かせていただきました。なるべくたくさんの人と会って話し、納得してから富山に入りました」と明かすと、共演シーンの多かった岩井堂は「佐藤さんは素晴らしい女優さん。ご一緒できて本当に嬉しかったです」と喜んだ。

 また2016年12月5日に一般男性との結婚を発表した及川は、「先々月、個人的にも結婚しました」と改めて報告。場内から拍手喝さいが沸き起こるなか、「思い出が詰まったこの温かい作品が、ひとりでも多くの方に届きますように」と思いを込めた。劇中では自身初の白無垢に身を包んだが、撮影時は「結婚の『け』の字も想像していなかった」といい、「初日にだんなさん役の杉浦文紀さんと『はじめまして』で結婚式のシーン。実際の結婚式と同じように最初から最後までやっていただきました」と目を細めた。

 一方で及川は、「それで満足してしまいまして、白無垢姿はこれで最初で最後でしょうね」とも語る。撮影後はめでたい話題が続いたそうで、坂本監督が16年12月に結婚式を挙げ、及川含めてキャスト2人、スタッフ6人が入籍。一同は「『結婚できる映画』。ご利益がありそう」と目を輝かせていた。「真白の恋」は、2月25日からアップリンク渋谷ほか全国で順次公開される。

映画.com 2/16(木) 21:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000022-eiga-movi
no title

no title

no title

no title

no title

no title

【及川奈央、結婚生報告に拍手喝さい 映画で白無垢姿披露も「最初で最後」】の続きを読む

001-75

1: なまえないよぉ~ 2016/12/09(金) 07:43:05.19 ID:CAP_USER9
◆AVレジェンド及川奈央結婚「お世話になりました」の声

2月5日、女優でタレントの及川奈央(35歳)が、
41歳の一般男性と入籍したことを自身のブログで報告した。

ネットでは、祝福とともに、元AV女優である及川に対して、
過去に“お世話になった”という男性ユーザーからの感謝の言葉であふれている。

及川といえば、AV界の“レジェンド”の一人。
2000年から2004年にかけてAV女優として活動し、
その美貌と抜群のプロポーションで多くの男性を悩殺し絶大な人気を誇った。

引退後は、女優として『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日系)で害水大臣ケガレシア役、
NHK大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬を誘惑する志乃役などを演じた。
また、バラエティ番組や麻雀番組などにもタレントとして出演している。

結婚相手については「お相手は41歳の会社員」で、
「一緒にいると私自身が自然体でいられて安心し穏やかな気持ちでいられる方」とつづられている。

Twitterでは、

「おめでとうございます。現役時代大変お世話になりましたwww」
「及川奈央が結婚かぁおめでとうごさまいます!その節は大変お世話になりましたw」(原文ママ)
「わー!俺たちの及川奈央さん結婚かぁー!めでてぇー!!大変お世話になりました(成人男性一同)」

と祝福とお礼の言葉が相次いでいる。さらに、

「及川奈央と結婚できるは男は、選ばれし男。すごい」
「及川奈央と結婚できるとか正直めちゃくちゃ羨ましい」
「及川奈央結婚したのか~ええな相手~私もケガレシア様と結婚してぇ~」
「及川奈央の結婚相手が “一般男性”って事みたいですが、“ファン代表の一般男性”って書いてくれたら夢が有りますよね」

と結婚相手をうらやましがる声も投稿されている。

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

R25 2016/12/9(金) 7:02
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161209-00000002-rnijugo-ent

【【レジェンド】及川奈央結婚に「お世話になりました!」の祝福とお礼の声】の続きを読む

1 (1)

1: なまえないよぉ~ 2016/12/07(水) 08:21:12.64 ID:CAP_USER9
12月6日に会社員の一般男性と結婚を発表した元艶系女優で現在はタレントの及川奈央。
結婚相手が「会社役員」ではなく「会社員」ということで及川の株が上がっている。ところが、その一方で過去に交際していた男のことが話題になっているという。

「それはお笑い芸人の陣内智則です。及川は陣内が東京での仕事が増えてきた03年頃から交際をスタートさせ、まだ東京では知名度の低かった陣内を支えていました。
当時の及川は、自分が陣内にとって“都合のいい女”であることを自覚していましたが『それでもジンくん(陣内)が好き』と周囲に漏らしていたほど陣内にゾッコンでした。

その後、陣内は06年に藤原紀香と出会い翌07年には結婚していますが、及川とはきれいに別れたわけでなく、
携帯電話を新しくして及川とは連絡が取れなくなるようにするといったひどい別れ方でした。

それでも及川は陣内の悪口は一切言わずに現在に至っているわけですから、
及川の性格のよさもさることながら、陣内の男としての魅力はいったい何なのか、改めて不思議がられているんです」(芸能関係者)

自身のブログで「一緒にいると私自身が自然体でいられて安心し、穏やかな気持ちでいられる方です」
と結婚相手を紹介した及川。今度は「都合のいい女」などにならず、素敵な家庭を築いてほしい。

アサジョ / 2016年12月6日 18時15分
http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_21081/

写真
no title

【及川奈央の結婚で改めて注目される「元カレ」陣内智則が取った最低の別れ方】の続きを読む

001_size6

1: なまえないよぉ~ 2016/12/05(月) 20:08:52.00 ID:z8V0mKR40
女優でタレントの及川奈央(35)が5日、41歳の会社員と結婚したことを自身のブログで報告した。

 「私ごとで大変恐縮でございますが、本日12月5日に入籍致しました事をご報告させていただきます。
お相手は41歳の会社員の方です。一般の方なので、名前や写真は控えさせていただきます。
出会いは数年前になりますが、今年の春頃から自然と惹かれ合い、
お付き合いを始めさせていただくようになりました。
一緒にいると私自身が自然体でいられて安心し穏やかな気持ちでいられる方です」と報告した。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」や「炎神戦隊ゴーオンジャー」などの特撮に出演。
麻雀を得意とし、麻雀番組でも活躍している。

スポニチアネックス 12/5(月) 19:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000142-spnannex-ent

【【悲報】及川奈央結婚】の続きを読む







このページのトップヘ