なんでも速報

タグ:余裕

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: なまえないよぉ~ 2017/02/15(水) 19:04:35.02 ID:CAP_USER9
 今回取り上げるのは、NMB48の絶対的エース、山本彩。昨年大晦日、NHK紅白歌合戦でのAKB「紅白選抜」(重複投票できない視聴者投票による順位決定)では、指原莉乃、渡辺麻友、島崎遥香らを押さえて堂々の1位に輝き、センターポジョンを獲得した。
 彼女の相の特徴は、何よりまず強い目力が挙げられる。黒目と白目の境界がくっきりした、切れ長の大きな目で、気力・精力・体力の横溢を感じさせる強さだ。芸能界で生きていくには必須の強さで、相学的に観ても「センターポジション」がふさわしい女相と言える。
 またその眼光には、威圧的な(もしくは刺すような、あるいは意地悪な)厭なキツさがなく、清明で澄んだ透明度を宿しており、好印象を受ける。
 前にも横にも張った頬骨も特徴的で、我が強く、負けず嫌いで行動力があり(悪く言えばでしゃばり)、自己顕示欲と忍耐力を兼ね備えた、いたってパワフルな女相だ。ただ、恋愛や夫婦関係においては強すぎる気性がアダとなり、相手男性を剋する、いわゆる「後家相」の持ち主でもある。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の膨らみがやや乏しく精神的な情愛が現れる唇も薄めで、性愛には淡泊。
 一方、目頭に切れ込みがあり、恋愛やセックスに機略を持ち込め、男性側からすると油断のならない女相だ。他者愛・奉仕愛を示す上唇が極端に薄く、こと性愛に関しては受け身好きで甘えん坊。現時点の【淫乱度】は「2」と低めだ。
 アゴ先が突き出ていて、小さめの口ながら門歯が大きいのはバイタリティー豊か。反面、彼女は鼻相が弱く、金甲(小鼻)の張りも乏しい。毛質の強い吊り上がりの眉が補っているものの、【絶倫度】としては「3」どまり。
 生来的な膣道と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが、深くて狭い極上の名器相。口角(唇の両端)が形よく上がっているのも名器ポイント。惜しむらくは、膣肉の締まりと連動する口元の肉付きが乏しいこと。それでもトータルで観て、【名器度】は「3」寄りの「4」。
 下瞼のラインが上がっているのはあげまん相の代表格。すっきりとした口元もあげまん要素ながら、吊り上がりの眉と乏しい金甲が大きくマイナスで、【あげまん度】は「2」。

 彼女にはこれといった尻軽相がなく(切れ込んだ目頭が辛うじて尻軽要素)、【尻軽度】は「1」と低い。強い眼相・眉相からも、軽率な交友で恋愛騒動を起こすタイプではないと観る。
 一方、上がり目・眉に独占欲・嫉妬心の強さが現れていて、相手男性の浮気にはいたって厳格。彼女の恋人(夫)となる男性は、大きな度量と一途な愛情の持ち主でなければ務まらないだろう。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

2017年02月15日 18時00分
http://wjn.jp/article/detail/5550053/
no title

【【余裕】山本彩(23) SEXは受け身好きで甘えん坊!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: なまえないよぉ~ 2017/02/14(火) 20:16:58.54 ID:CAP_USER9
 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(25)が、MLBへの移籍について「まずは(WBCで)優勝してから」と語ったが、このタイムリミットに“カトパン”こと加藤綾子(31)は焦った。『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ系)での単独取材では筒香を目の前にして顔を紅潮させていたほどで、「目がハートになっていた」との声がしきりだった。
 「カトパンというと、昨年のイベントで『カレ氏募集中』を宣言。狙いは日ハムの大谷翔平、そして筒香のどちらかというのが定説でした。しかし最近、どうも筒香に絞ったのではないかという見方に変わってきています」(スポーツ紙記者)

 その理由は、加藤がMCを務める『スポーツLIFE HERO'S』を見れば一目瞭然。同番組では、日曜日に局アナの宮澤智アナと共演しているが、
 「番組内で大谷を紹介するのは、いつも宮澤アナ。それをカトパンが怒った目付きで見ているんです。これは、テレビ画面でも明らかに伝わってきます」(同)

 宮澤アナは、大谷の高校時代から何度も取材し、面識がある。それに対して加藤は、同番組で1度、インタビューしただけというから致し方ない…というのは表向き。実は大谷サイドが、加藤との接触を制限するように触れ回っているという。
 「昨年、加藤はインタビュー中に、大谷に恋愛話を聞き出そうとして球団広報が、その行きすぎた取材に対して途中でカット。以後、“悪い虫がついては困る”と、“女子アナ取材禁止令”を出したそうなのです。結局、女子アナ取材禁止は解除されましたが、カトパンだけは、いまだNGだとか」(日ハム担当記者)

 加藤がその仕打ちに憤慨したかは定かではないが、大谷には分が悪いと、最近は筒香に走っているともっぱらだ。
 「加藤は、もともと筒香に熱を上げていたんですよ。『スポーツLIFE HERO'S』で現役野球選手に取材したのは筒香が初めて。そのときの加藤の上ずった顔は、ネットでも話題になりましたからね。『カトパン、近すぎ』とか書かれました」(横浜DeNA担当記者)

 そうした中、筒香へ向けた求愛モードは、さらに拍車が掛かっている。
 「昨年後半の横浜戦で、加藤らしき女性が筒香を応援しているのを、たびたび目撃されています。さらに野球関係者から聞いた話では、筒香のスマホに、カトパンから『WBCで優勝したらお祝いしましょうね』と、“お誘いメール”があったと評判になっているんです。もはや加藤と筒香は、仕事を超えた間柄なのは確実。独身の大人の男女となれば当然、WBC優勝のご褒美は、エッチしかないでしょう」(同)

 カトパン、筒香選手の“下の筒”の香りにゾッコンとなる日はすぐそこだ。


2017年02月14日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/0709942/
no title


関連スレ
【テレビ】カトパン1人勝ちに“待った”をかける高島彩の女帝復活 - “パンパン”対決に注目
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486736089/

【【余裕】DeNA・筒香にカトパン求愛モード全開 “下の筒”の香りにゾッコン】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: なまえないよぉ~ 2017/02/13(月) 20:07:54.79 ID:CAP_USER9
 元日にヤクルトの杉浦稔大投手(24)と結婚。1月28日、自身の公式ブログでテレビ東京の退社を発表した紺野あさ美アナ(29)に、仰天計画が浮上している。
 「紺野アナは、3月をもってテレ東を退社することをブログで発表しました。表向きは主婦業に専念すると説明していますが、芸能界に復帰する可能性が高いのです」(テレ東関係者)

 '01年にモー娘。入りした紺野は、主力メンバーとして活躍後、'06年に卒業。慶大卒業後の'11年にテレ東に入社し、異色の“国民的アイドル出身アナ”として注目を浴びた。
 「ただ、杉浦投手以外にも、プロ野球選手との熱愛疑惑が報じられたり、体調不良で数カ月休業するなど、ドタバタ続きの女子アナ生活でした。しかし、'15年からは紺野自身がダンスを踊る初冠番組『紺野、今から踊るってよ』が好評で新境地を開いたのです。バラエティーアナとして期待を集めていた矢先の結婚&退社決定に、ファンも落胆。アイドル歴が長いだけに、会社に縛られるのは合わなかったのでは…」(同)

 国民的アイドルグループ、慶大卒、局アナ…魅力的要素を兼ね備える逸材だけに、主婦に収まるとは考えにくい。
 「すでに、退社後のサプライズプランを、芸能関係者との間で進めているようなんです。それはズバリ、モー娘。への再加入ですよ。現在、モー娘。は有名メンバーが次々卒業し、存在感はイマイチ。そこに紺野が“人妻アイドル”として電撃合流することで、起爆剤にしたいと考えているわけです。紺野自身も、その願望が強く、'15年6月の『テレ東音楽祭(2)』では、モー娘。OGの1人として参加しただけに、まんざらではないはずです」(芸能記者)

 また、結婚の影響か、巨乳化も著しいという。
 「彼女はアイドル時代、ロリ顔とDカップ乳のギャップがウケていましたが、女子アナのストレスから小さくなっていたのです。最近、Dカップに戻ったのがうれしかったのか、周囲に“ビキニになろうかな~”と、露出する気満々」(同)

 さらにもう一つ、ビッグな計画も浮上している。
 「ビキニ写真集計画ですよ。すでに親しい出版関係者と極秘で話し合いを進めているようで、子作りに入る前に撮影したい意向。Dカップ復活を強調し、かつ、インパクトを出すため、“極小ビキニ”での撮影になりそうです。ビキニで芸能界に再参戦したら、バカ売れ必至でしょうね」(スポーツ紙記者)


2017年02月13日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/4816722/
no title

【【余裕】紺野あさ美 モー娘。再合流で人妻アイドル&極小ビキニ写真集...周囲に“ビキニになろうかな~”と、露出する気満々】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: なまえないよぉ~ 2017/02/10(金) 23:14:49.72 ID:CAP_USER9
 「フリー女子アナ市場は、カトパンこと元フジテレビの加藤綾子(31)の“1人勝ち”と言われていますが、これで、ウカウカしていられなくなったのではないでしょうか」(芸能記者)

 元フジで、現在はフリーで活躍中の高島彩(37)が、4月にスタートするテレビ朝日のニュース情報番組『サタデーステーション』(毎週土曜・午後9時~)でキャスターを務めることが明らかになった。
 「意外なことに、'11年1月にフジを退社後、これが古巣以外で初めてのレギュラー番組です」(同)

 人気女子アナがフリーになる場合、数年は古巣以外の他局に出られないという“縛り”をつけられることがある。特に高島は、この縛りがキツかったようで、フジ以外の番組に出演したのは、なんと退社から4年以上が経った'15年10月の『徹子の部屋』だった。
 「ずっとフジに義理立てをしてきたわけですが、その間、高島に回ってくる番組は企画の弱いものばかりで、すべてが短命に終わっていました。そうこうしているうちにフリーアナとしての鮮度が失われ、気がつけば、昨年の4月にフリーになった後輩のカトパンに大きく水をあけられていました。しかし今回、テレ朝の大看板である『報道ステーション』の姉妹番組を任されることとなり、改めて、その存在がクローズアップされています」(芸能ジャーナリスト・渡邊孝浩氏)

 高島起用の裏には、テレ朝の思惑もあるという。
 「午後の編成を見直したいテレ朝は、高島に帯番組を持たせたいんですよ。そうなれば、高島はフリーアナ界の女帝に再君臨することになる」(番組関係者)

 フジのお局・阿部知代アナをして「史上最強女子アナ」と言わしめたアヤパンが本気になれば、それも難しいことではないだろう。
 「加藤は、高島に仕事を持っていかれてしまうと焦り始めているといいます。一度は断った、夏目三久のTBS系『あさチャン!』の後番組の交渉のテーブルに、改めてつく構えだそうですね」(同)

 “パンパン”対決に注目である。

2017年02月10日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/2269331/
no title

【【余裕】カトパン1人勝ちに“待った”をかける高島彩の女帝復活 - “パンパン”対決に注目】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
no title

1: なまえないよぉ~ 2017/02/08(水) 20:10:26.68 ID:CAP_USER9
 乳房の8割近くが見えているコルセットブラジャーに、美尻を強調する薄いレースのパンティーから艶めかしく伸びる長い脚…。
 清純派の王道を歩んできた長澤まさみ(29)が、ついに殻を破り“脱皮”した

 1月11日から始まった長澤初挑戦の舞台ミュージカル『キャバレー』が大変なことになっている。
 「いやぁ、ひさしぶりに下半身が熱くなりました。Fカップの胸は、ほぼ丸見え。しかも、踊るたびにプルプル揺れるのですからたまりません。その激しい動きに耐えられず、ブラのヒモが外れそうになり、本番中、何度も直す場面もありました」(芸能レポーター)

 下半身は、ボンデージに網タイツの衣装がメーンだが、開演前にはこんなハプニングもあったという。
 「予想以上に彼女のお尻がムチムチだったため、衣装が破れてしまったのです。で、ゲネプロ(本番と同じ内容の通し舞台)の数日前に、スタッフがベージュ色のショーツを急きょ用意しました。本番では、革のボンデージの下にショーツを重ね着して挑んでいるようです」(芸能ライター)
 季節柄、立春の豆まきならぬ“豆見せ”に危なくなるところだった。

 物語の舞台は、ナチスが台頭するドイツの首都ベルリンのナイトクラブ。
 「長澤演じる歌姫・サリーと、小池徹平演じるアメリカ人作家との悲恋が描かれています。他に、石丸幹二、村杉蝉之介らが出演しています」(舞台関係者)

 演出は、俳優でもある“鬼才”松尾スズキ。
 「長澤は今回、最初で最後のミュージカルという思いで挑みました。1年ほど前からボイストレーニングに通っていたようで、こぶしのきいた低音から高音まで伸びやかで歌唱力もなかなかです。松尾には、“何でもやります”と言ったそうですよ」(芸能記者)

 ――役者にとことん恥ずかしいことを演じさせて、笑いとエロスを入れ込む――
 そういった“ドS”な演出が松尾スタイルと呼ばれているのだ。
 「'00年の舞台『キレイ』では、当時、美少女のイメージだった奥菜恵に“変顔”をさせたり、'02年の舞台『業音』では、荻野目慶子を全裸にし“お尻を見せる”という演出をしました。だから、長澤に対しても容赦しないんです」(演劇関係者)

 顔を左右に振りながら『ブチュ~ッ』と、音を立てて絡み合う計7回のキスシーンもスゴいが、最大の見せ場は、何と言ってもダンスを踊りながらの決めポーズだ。
 「椅子に座り、歌いながら、お股を思いっ切り開くんです。ええ、M字開脚と言っていいと思いますが、もしショーツを穿いていなかったら、中の秘部まで見えていたのは間違いありません」(芸能レポーター)

 そんな長澤の舞台を熱い想いで見ていたのが、お笑い界の大御所、志村けん(66)だという。
 「お忍びで来ていたようですが、“ひさしぶりにいいものを見た”と、大変興奮していたそうです。また彼女のエロボディーにフル勃起したとも伝えられています」(舞台関係者)

 かつて、自分の番組で優香を重用したように、志村は巨乳女優が“大好物”。長澤のナマおっぱいにすっかり魅了されたようだ。
 「さっそく関係者を通じて自分の番組での共演の求愛オファーを掛けたようです。芸域を広げる意味でも、長澤にとってはイイ話だと思います」(芸能記者)

 立春を迎えた昨今、志村ならずともエロまさみの「マメまき」には“勃春”させられる。

2017年02月08日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/4339832/
no title

【【余裕】長澤まさみの“マメ見え”舞台に 志村けん、思わず「アイ~ン」と“勃春】の続きを読む







このページのトップヘ