なんでも速報

タグ:井上真央

1: なまえないよぉ~ 2017/03/20(月) 13:34:47.63 ID:CAP_USER9
 ジャニーズの人気グループ・嵐の松本潤(33)との交際の行方が注目される井上真央(30)に電撃引退説が飛び交っているという。現在受けている仕事を最後に、女優として第一線から引くのでは?というのだ。一時は結婚も取り沙汰された2人も、松本にセクシー女優との交際が発覚するなど不安材料が持ち上がった。それでも強い“松潤愛”は変わらないというから、井上の胸中にはやはり「結婚」の2文字があるようだが…。

 井上は一昨年に主演したNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が終了後、昨夏に当時所属していた事務所を辞め、昨年末ごろに俳優の岸部一徳(70)が代表を務める個人事務所に移った。

「そもそも井上が事務所を辞めたのは、遅々として進まない松潤との結婚話を進めるためだったんです。当時は、芸能界を引退すれば結婚できると考えていたようです。ところが例のSMAP解散騒動で、とてもじゃないが松潤と結婚できるような状況ではなくなってしまったわけです」(芸能プロ関係者)

 SMAPを巡る騒動が火を噴いたのは昨年1月で、8月に解散が発表された。そのはざまにあって井上と松本にも余波が及んだ。嵐はジャニーズの稼ぎ頭だけに、そう簡単に話が進まないのは無理もないところ。それでも井上は、信じる道をひたすら歩いていくと言わんばかりの様子だったという。

 2012年に「八日目の蝉」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた井上は、NHK大河主演翌年の16年に野田秀樹氏の作・演出による舞台「逆鱗」に出演したが、最近はテレビを見ても旧作の再放送が多く、目立った活動が伝わってこない。ある芸能プロ関係者の話。

「岸部さんや今の事務所のスタッフも、当惑しているんじゃないかと思いますよ。だって、井上に仕事を持ってきても受けようとしないんです。唯一のCMだった飲料メーカーの仕事も、自分から降板したとさえ言われている。テレビ局側も改編期の特別ドラマの主演を打診したところもあるようですが、断られてしまったそうです。じゃあ、スケジュールが埋まっているのかといえば、まったくの逆だというんですからね」

 仕事をあえて入れていない状況だというのだ。

「岸部さんの事務所に移籍した理由の一つは、やりたい仕事だけを受ければいいという条件があったそうなんですが…」(同関係者)。女優としてわざわざ引退宣言をしなくても、実質的に引退状況を自ら作り出していると言っても過言ではない。この状態に陥った一因と考えられるのが、週刊誌で持ち上がった松本とセクシー女優とのスキャンダルだ。

 ただ、それでも「井上の松本への愛情は何ら変わりはない。それより井上の中では、自分が仕事を続けているからこそ、余計なスキャンダルが出回り、結婚へ進めない要因になっているのでは?くらいに考えてしまったそうなんです。だからこそ、いつ結婚となってもいいように仕事を減らしているんじゃないか。あえて引退状態に追い込むんじゃないか、とさえ言われています」と前出の関係者は続ける。

 1人が準備万端整えたからといって、うまくいくとは限らないのが結婚というもの。ジャニーズ側に嵐を2020年の東京五輪・パラリンピックに絡ませたいとの思いがあり、そこまで待ったをかけているというのは本紙で既に報じている。

 だが「それ以上に2人の壁になりそうなのが、櫻井(翔)ですよ」とは制作会社関係者だ。

「テレビ朝日の小川(彩佳)アナとの交際はこの先、大きなプラスになると考え、コチラの結婚を優先させるんじゃないかと言われている。一つのグループで結婚は1人までというのは、形骸化している部分はありますが、さすがに嵐から2人の既婚者を出すとはちょっと考えにくい。松本の方には待ったがかかるんじゃないかと言われています」(同)

 交際期間10年以上といわれる2人だが、果たしてその行方は――。

2017年03月20日 11時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/664276/
no title

【休業状態・井上真央の結婚への計算 嵐・松潤とのゴールへ仕事断ち】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/21(土) 13:13:46.07 ID:CAP_USER9
事務所独立騒動の渦中にある井上真央(29)。原因は「金」と報じられた。
昨年主役を務めた、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」視聴率の歴史的惨敗と合わさって、困窮しているかと思いきや、脱ぐ気マンマンだという。

4月24日にサンケイスポーツが報じた井上の事務所独立。5月10日発売の「FLASH」誌では、“金”を巡るトラブルが原因であることが報じられている。芸能記者が解説する。

「井上の母親と、所属事務所の女性社長のギャラを巡る対立がきっかけです。
3年前から独立を申し出て、昨夏頃から実現に向けて急展開したようです」

井上は昨年、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主演を務めた。全50回の平均視聴率12.0%は、
「平清盛」(12年)と並ぶ史上最低視聴率となった。同局の籾井勝人会長が昨年5月に、

「低すぎるなぁ、という気がしている」

と発言。半年後にも、

「あんまり人が死ぬドラマはよくないですよね」

と、こき下ろした。責任を感じた井上は、

「笑って御飯を食べられない」

と周囲に漏らすほど憔悴した状態になったという。

一方「大河」が原因で、事務所との溝はますます深まっていったようだ。

「芸能界の慣例として、『大河』に出るとギャラは倍になります。
所属事務所としてはこれからがさらなる儲け時でした。ところが、井上本人は仕事を受けなかったようです」(前出・芸能記者)

確かに大河クランクアップ後の仕事は、野田秀樹氏作・演出の舞台「逆鱗」と、CM1本のみ。「逆鱗」は1月から3月まで東京で上演され、
その後は間を置いて4月上旬まで上演された。独立騒動と仕事量はまさに連動していたことになる。

「井上の相談相手は母親です。スケジュールがほぼ『白紙』となっているのも母親と相談のうえのことでしょう」(前出・芸能記者)

当の井上は、騒動の渦中にあって困窮しているというよりは、開き直っているようだ。

「30歳を境にしてステップアップして女優として、いろいろと挑戦したい」

 と早くも「次」に向けての気持ちを周囲に漏らしているばかりか、女優として出演する作品しだいでは、

「ラブシーンや濡れ場が必要なら挑戦したい」

とさえ言っているという。とはいえ、井上は身長158センチ・体重41キロの超スレンダーボディ。
B77・W60・H81のスリーサイズで、カップもギリギリの「B」とされ、水着写真が極端に少ないのも、この体形のせいだと言われている。
井上本人も濡れ場挑戦に当たっては、

「私のセミ・ヌードを見て男性の方が興味を持ってくださるか心配です」

と心配を周囲に漏らしている。しかし、逆に言えば「セミ」までは脱ぐ覚悟があるということだ。

「清純派でこれまで来ましたが、無味無臭の透明感が強みになるのはCMだけ。
女優として大成するには、艶が必要です。そのこともあって脱ぐことを決意したようです」(前出・芸能記者)

 ドロドロの独立騒動より、着衣からの「独立」を待ちたい!

http://dailynewsonline.jp/article/1132667/
2016.05.21 09:57 アサ芸プラス

no title

【井上真央 低視聴率&事務所独立で「特濃ベッドシーン」挑戦を宣言!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/11(水) 06:21:07.18 ID:CAP_USER9
所属事務所「セブンス・アヴェニュー」から近く独立するといわれる女優の井上真央(29)に“銭ゲバ独立闘争”が持ち上がった。
10日発売の写真週刊誌「フラッシュ」が報じたもので、井上&母親VS事務所の女社長のギャラをめぐる争いが明らかに。
さらに本紙が取材を進めると、この独立の背後には、俳優の小栗旬(33)の存在が見え隠れするのだ。

一部朝刊スポーツ紙が報じたことに端を発する井上の“独立騒動”。
2005年にTBS系ドラマ「花より男子」で共演して以後、何度も交際が伝えられた嵐の松本潤(32)との結婚も噂されている。

ただ、「フラッシュ」によれば、井上と女手一つで井上を育て上げた母親は、事務所が払うギャラの安さに不満を持ち、3年前から独立を直訴。
主演のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の撮影後に“稼ぎ時”と考えた女社長は慰留を重ねてきたが、井上と母親の決断を翻意させることはできなかったという。

本紙は井上の事務所に事実関係を問い合わせると「担当者不在でお答えしかねます」と回答。
連絡先を伝えたが、折り返しはなかった。

来年で30歳となる井上。昨年10月にクランクアップした「花燃ゆ」後、
1月から4月までの舞台とCM1本、今夏公開のアニメ映画の声優くらいしか表立った仕事がない。
女優として節目の年を迎えることもあるだろうが、ここへきて独立が現実になった理由は何なのか。

「女社長が井上に『花燃ゆ』主演を持ってきたが、結果的に歴史的な低視聴率だったことが大きい。
散々叩かれ、精神的に苦しい時期に井上が頼ったのは、女社長よりも母親だった。
大河後を“稼ぎ時”と考え、仕事を入れようとする女社長に対し、しばらく娘を休ませようと考えた母親。
5歳から芸能界にいる井上にとって、ギャラの件も含めて母親の方が『信頼できる』となるのは当然です。両者の溝は決定的になった」(芸能プロ関係者)

また、井上の独立に影響を与えたと噂されるのが、「花より男子」の共演者で、大親友でもある俳優の小栗だ。

「共演経験も多く、2人は『何でも言い合える仲』ともいわれる。井上は小栗のことを兄のように慕っていろいろと相談してきた。
そんな小栗は、日本では事務所の言いなりにならざるを得ない俳優の労働条件を改善すべく、俳優のための労働組合づくりを目指している。
ギャラなどの待遇で事務所に不満を持つ井上も、小栗に相談していたといいますからね。
今回の独立への動きも、小栗の影響が大きかったといわれている」(前同)

米国では、1933年に設立された映画俳優組合「SAG(現SAG―AFTRA)」があり、実に約16万人の組合員を抱える巨大組織だ。
日本にも、俳優の西田敏行(68)が理事長を務める協同組合「日本俳優連合」が存在するが、会員数は約2500人と小規模で、大きな改革をもたらすまでには至っていない。

「米国は組合のおかげで、撮影ロケで過度な労働を強いられない。俳優である前に人としての権利をきちんと与えられている。
井上は松本潤との結婚を事務所の力で許されない状況が続いてきたが、米国は前提として恋愛をはじめプライベートまでがんじがらめに管理することはない。
井上にとって、小栗の『事務所の言いなりにならない』考え方には賛同できるでしょう」(前同)

小栗は一昨年8月発売の「クイック・ジャパン」で、俳優の労働組合づくりを仲間に呼びかけてもなかなか乗ってくる人は少ないことを告白。

「『自分は誰かに殺されるかもしれない』くらいの覚悟で闘わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね」と発言したこともあった。

「今後、もしかしたら、井上は小栗と“旗振り役”として俳優の労働組合づくりに向かって、共闘することも考えているかもしれない」(前同)

“銭ゲバ闘争”と思われた両者の争いは日本の芸能界に一石を投じる独立騒動になるのか。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/538881/
2016年05月11日 06時00分

no title

【井上真央“銭ゲバ”独立騒動の背後に小栗旬の影】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/26(火) 06:42:18.69 ID:CAP_USER*.net
結婚へのカウントダウンか!? 女優の井上真央(29)が24日、所属事務所であるセブンス・アヴェニューを退社し、独立すると「サンケイスポーツ」に報じられた。
時期は未定ながら30歳を前に独立に動いた井上に、ネット上からは嵐の松本潤(32)と「ついに結婚か!」と大騒ぎ状態になっている。
果たしてゴールインはあるのか――。

報道によれば、井上は事務所に退社の意思を示し、事務所側も了承しているという。
井上は俳優の玉木宏(36)と共演している「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」のCMが22日から放送されたばかり。
契約などの調整を経て、退社ということになりそうだ。

本紙は井上の事務所に問い合わせたが、不在。留守電に要件を入れたが、折り返しはなかった。

来年で30歳。女優としては節目ということもあるのかもしれないが、ネット上では「ついに結婚か」と大騒ぎ状態。
井上は2005年に放映されたTBS系ドラマ「花より男子」で松本と共演して以降、2人は何度も交際が報じられてきた。
本紙も結婚情報を伝えている。

「10年越しの“春”が現実味を帯びだしたのは、井上主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が、昨年末で終了したこと。
事務所は大河主演が決定した時に井上のやる気を引き出すため、大河ドラマの成功次第で、
結婚に配慮する約束をしていたとも言われていますから」と芸能プロ関係者は語る。

女優の松嶋菜々子(42)と並ぶ所属事務所の二枚看板の井上。
結婚という“ご褒美”を持ち出してまで、事務所としても何が何でも高視聴率を獲得したかったところだろうが、
そんな願いとは裏腹に「花燃ゆ」は平均視聴率12%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と歴史的な大惨敗を喫した。

とはいえ、この低視聴率が2人の絆を深めたとも言われている。
「低視聴率に責任を感じている井上さんにマツジュンの方から励ましのメールを送っていたといわれています」とある芸能プロマネジャー。
散々、叩かれていた井上が最後まで笑顔で貫き通せたのも陰の支えがあったためとも言われている。

報道では、事務所関係者は今回の独立が結婚を理由としていることを否定しているが、
井上は昨年9月の女性誌のインタビューで「結婚したら引退」の決意をチラつかせ、ファンに結婚へのアピールと騒がれたこともあった。

「ジャニーズのタレントと結婚した例でいえば、SMAPのキムタク(木村拓哉)と結婚した工藤静香、V6の井ノ原快彦と結婚した瀬戸朝香でしょうが、
バリバリの第一線で活躍というよりも、夫を陰ながら支えるというスタンス。井上が事務所を独立するというのは、同じようなスタンスをとる覚悟ということでしょう」(前同)

嵐はいまでは国民的アイドルグループと言っても過言ではない。
そのグループのメンバーが結婚となれば、日本中に大きな衝撃を与えかねないが、むしろこのタイミングだからこそアリともいわれているのだ。

「嵐といえば、ジャニーズ事務所の次期社長と言われる藤島ジュリー景子副社長が一番かわいがり、大事にしているグループですから、
結婚を認めるなんて、あり得ないというのが普通でしょう。
ただ、昨年9月にTOKIOの国分太一が結婚した際、ジャニー喜多川社長が『(アイドルも)適齢期になったら遠慮なく結婚すべき』と発言したが、
ジュリー副社長への“禅譲”も近いと言われている。
ジャニー社長の意向も受け入れて結婚を認めることで、新たなジャニーズの体制を内外に発信するという意味では絶好のタイミングかも」と同関係者。

ファンからも「真央潤」と応援されるまでになった2人。
いよいよゴールインは近い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000002-tospoweb-ent
東スポWeb 4月26日(火)6時0分配信

no title

事務所からの独立が報じられた井上真央

【井上真央「独立」は結婚準備か…松本潤と10年愛】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/25(月) 10:28:51.18 ID:CAP_USER*.net
主演を果たしたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が史上最低視聴率を記録し、表舞台で見る機会も激減した井上真央が、久しぶりにニュースをにぎわせた。
4月21日に日本酒の新CM発表会に出演したものだが、この場ではベテラン女優ぶりが感じられなかったという。テレビ誌のライターが説明する。

「井上は『お酒のCMって大人になったなと感じる』と語っていましたが、2012年にも発泡酒のCMに出演しており、何を今さらという感じです。
しかも童顔とはいえ、すでに29歳ですし、もはや大人がどうこうと語る年齢でもありません。
それとも自分の中ではまだフレッシュ感がアピールポイントなのでしょうか」

これから挑戦してみたいことを尋ねられた井上は、地方に行って地元の人と直接触れ合いたいとコメント。
なかなか結構なことだが、この質問自体が井上の現状を表していると指摘するのは、スポーツ紙デスクだ。

「29歳の大河女優に『挑戦してみたいこと』なんて普通は聞いたりしないもの。
どうやらマスコミ陣には井上が成長途上の駆け出し女優に見えるのかもしれません。
その井上にしても、数十本の映画やドラマに出演した実績があるのに、いまさら『全国に行きたい』はないでしょう。
よっぽど仕事がなくてヒマなのかと心配になるほどです」

2011年にはNHK連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを演じ、紅白歌合戦では紅組司会を務めるなど、女優人生を謳歌していた井上。
しかし現状は、20代を迎えたばかりの新進女優と同様の扱いに甘んじるのが現実のようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1121022/
2016.04.25 09:59 アサ芸プラス

no title

【井上真央、久々登場のCM発表会でのコメント&マスコミの扱いがヤバすぎる!】の続きを読む







このページのトップヘ