なんでも速報

タグ:不倫

1: なまえないよぉ~ 2017/06/14(水) 20:22:01.86 ID:CAP_USER9
 一時は「不倫」の代名詞ともなり、平成26年の流行語大賞にもノミネートされた「昼顔」。このブームを作ったドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の完結編が劇場版「昼顔」として製作された。

 「この映画はできるだけ多くの人に見てほしい。でも同時にたくさん批判もしてほしい。不倫は許されるものではないですから…」

 これまでテレビドラマや映画、CMなどで見せてきた、朗らかで快活なイメージを覆す「不倫妻」を演じた主演女優の上戸彩はこう複雑な胸中を打ち明けた。

 主婦の紗和(上戸)と妻帯者である高校の生物の教諭、裕一郎(斎藤工)は恋に落ちる。だが許されない恋は破綻し紗和は離婚。裕一郎と別れ町を出て行く。

 ドラマ最終回のこの衝撃の結末から映画は始まる。

 海の見える町に転居し、独り暮らしを始めた紗和。二度と裕一郎と会わないと決めたはずだったが、近くの公民館で開催予定のホタルの講演会の告知チラシを見て驚く。講師の名は大学講師になった裕一郎だった…。

 「私自身がドラマのファン。だから2年ぶりの裕一郎との再会には涙が止まりませんでした」と言う。

 実は映画撮影初日が、紗和が裕一郎に会うために訪れた講演会会場でのこの再会シーンだった。

 「公民館の外で裕一郎の声が聞こえた瞬間、もう涙があふれ出して…。台本には『泣く』とは書かれていなかったのですが」

 12年放送のドラマ「涙をふいて」で、15歳で女優デビュー。少女剣士を演じた映画「あずみ」(15年)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、新人俳優賞を受賞。近年はコメディー映画「テルマエ・ロマエ」シリーズで、漫画家志望のヒロインをコミカルに演じるなど、天真爛漫な役柄を演じることが多かった。

 ドラマ「昼顔」の着想は仏・伊合作映画「昼顔」(1967年)から生まれた。パリで暮らす医師の妻が“昼顔”と名乗り娼婦となる物語。名女優、カトリーヌ・ドヌーヴがヒロインを演じ、ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した傑作だ。上戸がドヌーヴを彷彿(ほうふつ)とさせる不倫妻を演じるという、その意外さが話題を呼んだ。実は「最も不倫のイメージから遠い天真爛漫な女優を」というプロデューサーら製作側の要望が上戸抜擢(ばってき)の理由だったのだ。

 「これまでのイメージを打ち破る役を演じたい。そう思っていた時期だっただけに『昼顔』との出会いに感謝しています」。30代となって進化を見せる上戸の更なる新境地に注目だ。


2017.6.14 12:20
http://www.sankei.com/west/news/170614/wst1706140005-n1.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【 「不倫は許されない」けれど…映画「昼顔」主演 上戸彩 「多くの人に見てほしい。そして批判してほしい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/06(火) 07:01:24.19 ID:CAP_USER9
 女優の上戸彩が5日、フジテレビ系「キスマイブサイク!?」に出演し、不倫についてのトークで「自分もそういう経験をいつするか分からない」と述べた。

 番組では、上戸が主演する映画「昼顔」にあわせて不倫がトークのテーマとなった。上戸は「禁断の恋って憧れる?経験しなくていいなら経験したくないですけど。まっすぐ一筋が理想ですけど、そうもうまくはなってないわけですよね」と現実には、少なくない既婚者が婚姻相手以外の異性と深い関係になることに言い及んだ。

 上戸は「誘惑が来た時とかに、気持ちを貫ける女性でいたいなとは思います」と誘惑に抵抗できる自分でいたいと述べた。また、番組ではアンケート結果として、「身近に不倫をしたことがある」との問いに70%が「はい」と答えたことを紹介。

 上戸は「多いなとは感じますけど、人ごとじゃないというか。自分もそういう経験をいつするか分からない。こればっかりは」と将来は自分自身も不倫をする可能性は排除できないことを述べた。


2017.6.5
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/05/0010257373.shtml
no title

【上戸彩 不倫について「人ごとじゃない」…自分もそういう経験をいつするか】の続きを読む

91b7548d

1: なまえないよぉ~ 2017/01/31(火) 14:14:04.32 ID:CAP_USER9
タレントでモデルのマギー(24)が写真週刊誌『フライデー』でロックバンド『Hi-STANDARD』のボーカルの横山健(47)との不倫が報じられたが、ベッキーの“ゲス不倫騒動”の時とは異なり、情報番組やスポーツ紙などでのバッシングが異常なほど少ない。
 「マギーが売れてないならともかく、昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『バズリズム』(同)などバラエティー番組のレギュラーを数本持ち、ハーフタレントの中では勝ち組の1人です。追及しないのはおかしい」(芸能プロダクション関係者)

 大手プロ幹部はその理由を、「事務所の力」と言う。
 「マギーが所属するのは急成長の芸能プロ。設立当初は吉川ひなのぐらいしかいませんでしたが、今は長谷川京子や新垣結衣を始め、多くの人気俳優を抱えている。事務所の名前が世間一般に知れ渡ったのは、当時は能年玲奈の芸名だった、のんの独立騒動です」(中堅芸能プロマネージャー)

 のんは一昨年に無断で個人事務所を設立したことでトラブルに発展し、業界から干された。
 「所属事務所のA社長はこの件について、一部メディアを除いて後追い取材しないように根回ししたという。それが利くのもA社長のバックに“芸能界のドン”と呼ばれる大手プロ社長がついているからです」(同)

 A社長は、この“ドン”のみならず、夏目三久と有吉弘行の交際を闇に葬ったとされる、剛腕実力者の芸能プロ社長にも近いとされる。
 「A社長には、そんな業界の“ドン”2人がバックについている。マギーの不倫騒動を揉み消すのは朝飯前ですよ」(夕刊紙記者)

 しかし、ネット上では「ベッキーが叩かれてマギーが黙認されるのは納得できない」との書き込みが後を絶たない。
 「ゲス不倫後のベッキーは、すべてのレギュラー番組、CMなどを降板し、約1年間の謹慎生活を送りました。損害も5億円以上になったとされますからね」(芸能レポーター)

 マギーとベッキー、やったことは似ているのに…。

http://npn.co.jp/article/detail/84166425/

【マギーの不倫騒動追及ナシの裏に芸能界の“2人のドン”】の続きを読む

91b7548d

1: なまえないよぉ~ 2017/01/19(木) 21:26:42.16 ID:CAP_USER9
写真週刊誌「FRIDAY」に不倫&二股交際疑惑を報じられたモデルのマギーさん(24)が、スキャンダルが明らかになった後もテレビ番組やイベントへの出演を続けている。彼女のSNSに寄せられる批判の声も、そこまで過熱していない状況だ。

一方、ちょうど1年前の2016年1月の週刊文春で「ゲス不倫」を報じられたタレントのベッキーさん(32)は、いまだ「完全復帰」への途上にある状況だ。同じハーフタレントなのに、いったいなぜ、2人の間にはここまでの「差」が付いたのだろうか。

マギーさんは報道後もSNSを更新中

マギーさんの不倫スキャンダルは、2017年1月13日発売(首都圏など)のフライデーで報じられた。記事によれば、お相手はパンクバンド「Hi-STANDARD」の横山健さん(47)で、2人が交際を始めたのは16年8月頃だという。

そんなマギーさんをめぐっては、16年9月発売の「女性セブン」でも、ロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATOさん(32)との熱愛報道が出ていた。今回のフライデー記事の中では、こうしたマギーさんの「恋愛事情」について、

「カブッタ時期はありましたが、最終的にマギーは横山さんを選んだ」
という関係者の話を伝えている。つまりは、「不倫」と「二股」を同時に行っていた時期があったというのだ。

こうした「不倫&二股スキャンダル」が出たにも関わらず、マギーさんを批判する声は少ない印象だ。本人は報道後もツイッターやインスタグラムの更新を続けているが、投稿に寄せられる批判的なコメントは100件程度におさまっている。

一方、同じハーフタレントで、似たような「不倫疑惑」が取り沙汰されたベッキーさんは、報道当初から異常ともいえる猛批判を浴びていた。

当時は、ベッキーさんを擁護した芸能人にまで批判の矛先が向いたり、過去のブログやツイートが蒸し返されて批判されるなど、まさにネット上は「総たたき」といった状況になっていた。実際、ベッキーさんのツイッターには17年1月19日までに、少なくとも1万件以上の批判的なリプライ(返信)が送られている。

ロンブー淳「ベッキーは不倫 マギーは熱愛」

そんな2人の「差」を不思議に思う人は多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「ベッキーはあんなに叩かれてたのにマギーはそうでもない。この差はなんだろう」
「マギーとベッキーのこの差ってなんですか」
「ベッキーはあんなに騒いだのにマギーは騒がれない」
といった書き込みが数多く出ている。こうした疑問の声は、マギーさんが1月16日放送のレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日テレ系)に、騒動前と変わらずに生出演したことでさらに強まったようだ。

こうした状況には一般ユーザーだけではなく、芸能人からも「違和感」を示す声が出ている。お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(43)は13日のツイッターで、

「ベッキーは不倫 マギーは熱愛... なんでだろ?」
と一言。また、お笑い芸人の土田晃之さんも1月15日放送のラジオ番組で、

「去年の今頃は、ベッキーじゃない?でも、マギーはそうでもないのね。このまま、そんなに何もなさそうな感じで、終わりそうだよね。でも同じでしょ?相手の方もミュージシャンで、ご家庭もあってさあ」
と疑問を述べていた。

no title

不倫スキャンダルが飛び出したマギーさん

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.j-cast.com/2017/01/19288543.html?p=all

【マギーとベッキー、この差は何なのか 「不倫」批判にあまりの違い】の続きを読む







このページのトップヘ