なんでも速報

タグ:ローラ

1: なまえないよぉ~ 2016/12/09(金) 13:21:17.83 ID:/CY1lbVE0
シリーズ第6弾にして最終作「バイオハザード:ザ・ファイナル」から、本作でハリウッドデビューを飾るローラ(26歳)の緊迫の劇中初登場シーンが解禁となった。
今回、解禁となる本編映像は、ローラ演じる女戦士コバルトの劇中初登場シーン。荒廃したラクーンシティで、人類の最後の砦となっている
基地の中で目を覚ましたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の前に、拳銃を構えた生き残り戦士達が彼女を取り囲んでいた。

状況を把握するために、アリスはドク(オーエン・マッケン)を楯に状況把握を試みる。戦士達が「彼(ドク)をはなせ!」と迫る中、
女戦士コバルトはアリスに対して「撃つよ!」と厳しい表情で銃口を向ける。そんな緊迫した状況の最中で「彼をはなして、(武器を)下ろすのよ」と
強い口調で銃口を向けて登場したのは「バイオハザードIII」「バイオハザードIV アフターライフ」でともにアリスと戦った盟友・クレアだ。
相手がアリスだったことに驚きを隠せない衝撃の再会シーンとなっている。

http://www.narinari.com/Nd/20161241240.html
no title

動画
https://youtu.be/TQXTYe3pxJ4


【ローラ「バイオハザード」緊迫の初登場シーン【動画】】の続きを読む

ローラ

1: なまえないよぉ~ 2016/12/04(日) 00:02:13.64 ID:CAP_USER9
最近の芸能界では、両親のどちらかが外国人であるという、いわゆるハーフタレントの人達が人気です。
彼達、もしくは彼女達の魅力はフレンドリーな人柄。ローラさんや藤田ニコルさんはその中でも、目上の人にも物怖じしないタメ口トークが大きな魅力となっています。
さて、一般人の学生は彼女達芸能人のタメ口をどのように思っているのでしょうか? 実際に話を聞いてみました。

■ローラや藤田ニコルなど誰に対してもタメ語の芸能人はありですか?

あり 114人(55.3%)
なし 91人(44.2%)

■そう思う理由を教えてください
●あり

・テレビならでは(男性/26歳/大学4年生)
・敬語は大切だとは思うが親近感がわく。、ニコルなどはタメ語でも状況に応じて使えているから人気があると思う(男性/21歳/大学4年生)
・タレントならそれもキャラで魅力になりうるから(女性/24歳/大学院生)
・テレビの中と外で礼儀を使い分けているのであればかまわないと思うから(男性/22歳/大学4年生)
・タメ語の方が人と仲良くなれると思う。普段敬語で話していなそうな芸能人でも、場をわきまえて使える人もいるだろうからそんなに気にしていない(女性/22歳/大学4年生)
・その人の人柄にもよると思う。
相手に対する敬意が見られればいいと思う(女性/22歳/大学4年生)
・不快に思う人がマジョリティーなのであれば、自然に淘汰されていくはずだから(女性/24歳/大学院生)
・相手が不快に思わないならいい(女性/22歳/大学4年生)

●なし

・常識があるか心配になるから(女性/24歳/大学院生)
・目上の人にはきちんと敬意を表すべき(女性/21歳/短大・専門学校生)
・少なからずタメ口を使われることで不快になる人がいると思うから(女性/22歳/大学4年生)
・なれなれしさが鼻につくから(男性/22歳/大学4年生)
・そういう関係は内々でしていればいいと思う。外見で誤解される可能性があるから損(女性/21歳/大学4年生)
・大先輩にはやっぱり敬意を表す意味でも敬語を使ったほうがいいと思うから(女性/21歳/大学4年生)
・誰にでもタメ口はバカっぽく見えるし、ある程度空気を読んで使い分けをした方がいいと思うから(女性/21歳/大学4年生)
・時と場は考えた方がいいと思うから(女性/22歳/大学4年生)

「キャラクターだから許される」という意見がある一方「やはり見てて不快」という見方もあり、結果は互角といってもいいものでした。
カメラが回っていないときはどのような態度をとるのかが気になるという意見も中にはありました。

目上の人へのタメ口は賛否両論があるものの、それがキャラクターとして彼女のうりであれば問題ないという声もが多く集まりました。
誰に対しても明るくて平等に接する彼女たちが人気になるのは理解できます。あなたは芸能人のタメ語についてどう思いますか?

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年11月
調査人数:大学生男女206人(男性79人、女性127人)

http://dailynewsonline.jp/article/1237761/
2016.12.03 11:00 学生の窓口

【ローラ、藤田ニコルはキャラ得!? 誰にでもタメ口の芸能人ってどう思う?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/04(日) 18:05:29.82 ID:CAP_USER9
 
no title

no title


モデルのローラが4日、自身のInstagramを更新。ビキニショットを公開し、ファンから反響が殺到している。
現在ハワイにいる様子のローラは、「On the beach in December」と海を満喫した姿を投稿。
真っ青な海をバックにピースを掲げた全身ショットと、谷間がくっきりとあらわになったバストアップのショットを公開した。

ファンからは「ローラ綺麗すぎる~!」「こんな人が海にいたら倒れるよ」「美しすぎて言葉が出ない…」
「完璧すぎて『エロい』とかいう次元超えてる」「ローラちゃんになりたい」など絶賛の声が相次いでいる。
(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1642783
2016-12-04 12:16

【ローラ、谷間&美ヒップあらわなビキニショットで悩殺「美しすぎて言葉が出ない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/11/25(金) 21:02:33.98 ID:CAP_USER9
 「バイオハザード:ザ・ファイナル」より、新たな場面写真が到着した。
本作は、2002年に第1弾が公開された「バイオハザード」シリーズの最終章。
元特殊部隊員アリスと、人間をゾンビ化させた元凶である宿敵アンブレラ社の最後の戦いが描かれる。
アリス役をミラ・ジョヴォヴィッチが務め、ポール・W・S・アンダーソンがメガホンを取った。

このたび到着した場面写真には、本作でハリウッドデビューを果たしたローラ演じる女戦士コバルトの姿が。
鋭い眼光でマシンガンを向けるシーンや、ウィリアム・レヴィ扮する恋人クリスチャンとの2ショット、最終決戦を前にアリスたちと屋上に立つ様子などが切り取られた。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」は、日本で12月23日より世界最速公開される。

動画 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』新予告編
https://youtu.be/gM0EgdNyI6U



no title

no title

no title

no title

no title

http://natalie.mu/eiga/news/210669
2016年11月25日 12:00


【「バイオハザード」ローラ演じる女戦士の写真到着、恋人役との2ショットも】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/10/05(水) 13:38:31.15 ID:CAP_USER9
モデルのローラ(26)が、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で毎週金曜日に料理コーナーを担当することが明らかになった。

発表によるとこのコーナーは、ローラ自身が考案した、美容に効果のある健康的な料理の作り方を紹介していくというもの。
初収録を終えたローラは、「料理の機会をもらって本当にうれしい! 料理の楽しさを伝えていきたい」とマスコミに向けてコメント。
「自分がいいなと思うものを実際に使って、たくさんの人に知ってもらうのはすごくうれしいことだと思うし、たくさんの人が健康になったらもっといいなと思った」と語り、
また「裏番組の『MOCO’Sキッチン』はたまに見てた。そっちのキッチンもすごく好きだからライバルとして頑張ろうと思ってる」と意気込みを口にしたという。

今回、ローラが担当するのは、速水もこみち(32)が料理に腕を振るう『ZIP!』(日本テレビ)と同じ時間帯。
これまでオリーブオイルを豪快にかける姿が話題となってきた『MOCO’Sキッチン』に、ようやくフジテレビが戦いを挑んだと見る人が多かったようで、
SNSなどでは「やっとか、ずいぶん重い腰だったな」「今さらではあるが楽しみ」「なにげに面白い対決な気がする」と新コーナーに期待を寄せる声があった。

「女優の川島海荷(22)を司会に抜擢したり、『ZIP!』にはキャスティングの自由さがあるのですが、フジの『めざまし』はアナウンサー中心のため、あまり冒険することができませんでした。
ですが、4月からHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)を木曜パーソナリティに起用するなど、新たな視聴者層の獲得に乗り出してますね。
ローラの料理コーナーで、さらなる番組の活性化に期待できるのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)――もこみちのオリーブオイルに対抗する、ローラの飛び道具にも期待?

http://dailynewsonline.jp/article/1206339/
2016.10.05 07:15 日刊大衆

no title

【ローラ「もこみちと真っ向勝負!?」フジで料理コーナー開始】の続きを読む







このページのトップヘ