なんでも速報

タグ:ホンダ

1: なまえないよぉ~ 2017/04/10(月) 09:39:35.60 ID:kUGETd0L0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
 カリフォルニア州南部にあるロングビーチで開催されたインディカー・シリーズ第2戦。伝統のレースをジェームズ・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)が制し、2年ぶりの勝利を挙げた。
18番手からスタートした佐藤琢磨(アンドレティ・オートスポート)は、粘りの走りを見せるもマシントラブルでリタイアとなった。

■インディカー・シリーズ第2戦ロングビーチ決勝レース結果
Pos. No. Driver Team Eng /Aero Laps SP
1 5 J.ヒンチクリフ シュミット・ピーターソン H 85 4
2 18 S.ブルデー デイル・コイン・レーシング H 85 12
3 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 85 8
4 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 85 2
5 1 S.ペジナウ チーム・ペンスキー C 85 21
6 19 E.ジョーンズ デイル・コイン・レーシング H 85 13
7 14 C.ムニョス A.J.フォイト・レーシング C 85 14
8 20 S.ピゴット エド・カーペンター・レーシング C 85 19
9 3 H.カストロネべス チーム・ペンスキー C 85 1
10 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 85 6

https://www.as-web.jp/overseas/107425
no title

【インディカー・シリーズ第2戦 ホンダ 1,2フィニッシュ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/08(土) 11:09:25.81 ID:Kuq9YdiF0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title


ホンダは、『ヴェゼル』および『ヴェゼル ハイブリッド』の2016年度(2016年4月~2017年3月)販売台数が7万3583台となり、暦年に続き年度でも、3年連続でのSUV新車販売台数第1位を獲得したと発表した。

2013年12月に発売したヴェゼルは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには高い燃費性能など、ジャンルの枠を超えた価値を高い次元で融合。
まったく新しいクルマとして幅広い層の支持を得ている。2016年2月には、「ホンダセンシング」を全タイプで設定するなど、商品の魅力を向上させている。

ヴェゼルは、2014年暦年(1月~12月)、2014年度(2014年4月~2015年3月)、2015年暦年(1月~12月)、2015年度(2015年4月~2016年3月)、
2016年暦年(1月~12月)でもSUV新車登録販売台数で1位となり、発売以来の累計販売台数は26万台を超えている。

http://response.jp/article/2017/04/07/293248.html

【ホンダ ヴェゼル、SUV新車販売台数で3年連続トップ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/07(金) 21:20:53.64 ID:YVuSp1tm0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ホンダは4月6日、新型『シビック Si』の量産モデルを米国で発表した。

シビック Siは、米国向けの新型『シビック』に追加設定された高性能グレード。ボディタイプは、4ドアセダンと2ドアクーペの2種類。

パワートレインは、直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニングして搭載。最大出力174hpから205hpへ、最大トルクは22.4kgmから26.5kgmへ、31hp、4.1kgm強化された。

トランスミッションは、ショートストロークの6速MT。足回りは、ダンパーやスプリングを強化。フロントのアッパーコントロールアームや前後のブッシュは、新型『シビック タイプR』と共用している。

http://response.jp/article/2017/04/07/293220.html 
 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

C8vYhlqVwAEab9c

【ホンダシビックSi 1.5Lで205馬力!!6速MTのみ!!!】の続きを読む

4d82b4cf (2)

1: なまえないよぉ~ 2017/03/30(木) 03:48:50.51 ID:A8J2aRr/0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
マクラーレンは、違約金を支払ってホンダとの契約を解消し、今シーズン中にもメルセデスのカスタマーエンジンを搭載すると Motorsport-Total.com が報じている。

マクラーレンは、ホンダと2024年までF1エンジン供給契約を結んでいるとされているが、ホンダとの契約は年間1億ドル(約113億4000万円)の価値があると言われている。

しかし、ホンダのF1エンジンの信頼性とパフォーマンス不足に忍耐が尽きたマクラーレンは、多額の違約金を支払ってもホンダとの契約を解消して、メルセデスのエンジンを搭載する意向だという。

マクラーレンは、今シーズン中にもメルセデスのカスタマーに戻るために、ザウバーにホンダと契約を結ばせることを裏で計画 しているとも報じられていた。マクラーレンは、それを実現させるためにザウバーにギアボックスを供給するという。

現在、ザウバーは1年落ちのフェラーリ製エンジンを搭載しており、ホンダとの契約によって金銭的に利益を得るとされている。
ホンダは、ザウバーに資金をもたらすことで、日本人ドライバーを乗せるシートを確保するという。
http://f1-gate.com/mclaren/f1_35576.html

【マクラーレン「ホンダのF1エンジンひどすぎ。違約金払ってメルセデスに変えるわ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/27(月) 21:23:22.94 ID:/bcyjtba0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
新型シビックを見て、乗るチャンス! ホンダは27日、ファン向けイベント「Enjoy Honda 2017」の会場で、今夏に国内発売予定の新型シビックシリーズを特別展示すると発表した。
「Enjoy Honda 2017」は4月1日(土)~2日(日)のHSR九州(熊本県)を皮切りに、全国9会場で実施。HSR九州・鈴鹿サーキット・富士スピードウェイの3会場では、抽選で試乗できるプログラムも設定される予定だ。

展示が予定されているのは、「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビック タイプR」(プロトタイプモデル)の3モデル。
海外ではすでに販売されている新型シビックシリーズだが、日本では1月に開催された東京オートサロン2017で初披露され、導入が待たれている状態だ。(carview!)

https://carview.yahoo.co.jp/news/event/20170327-10262661-carview/
no title

【ホンダ新型シビックの特別展示 試乗】の続きを読む







このページのトップヘ