なんでも速報

タグ:ホンダ

1: なまえないよぉ~ 2016/05/06(金) 20:45:42.31 ID:DkCaJ5IT0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
昨年9月にアメリカでデビューし、北米カーオブザイヤーにも輝いた新型『シビック』が3月よりタイ国内でも
販売が開始した。ショーが事実上の初披露でもあり、ホンダはかつてない規模でアピール。
その甲斐あって新型『シビック』は会場でトップクラスの人気となっていた。

一般公開となった3月23日、ホンダ・ブースに展示された新型シビックの周りには大勢の来場者が群がった。
元々ホンダ車はタイ国内で上位にランクする人気メーカーで、『ジャズ(日本名:フィット)』が
タイ国内で生産されるようになったこともあり、以来その人気は上昇の一途をたどってきた。
右ハンドルのシビックは世界初の登場となり、
同じ右ハンドル車を輸入するオーストラリアからの取材も数多く訪れていたようだ。

新型シビックに対するホンダの意気込みは半端ではなく、ステージ上はもちろん、
ステージまでのアプローチにはすべて新型を並べる。さらにブース背後にある商談コーナーにも
2台の新型を配置するなど、印象として会場内は“シビック一色”という状態だったと言っていい。

タイ国内ではここ数年の景気低迷が尾を引くが、それでもクルマに対する上昇志向は旺盛の様子で、
新型シビックの登場はその流れに合致するものだ。しかも、新たに搭載される1.5リットルターボエンジンを含め、
生産はタイ国内で行う。そのため、価格ももっともベーシックな「1.8E」では86万9000バーツ(円換算:約280万円)、
人気車種となりそうな1.5リットルターボで109万9000バーツ(同:約350万円)に抑えられた。
この設定が早くも効果を発揮したものと思われる。
no title

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/blog-entry-3028.html

【ホンダの新型シビック 右ハンドル、1.5リットルターボエンジン仕様でお値段350万円に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/05(木) 17:58:57.58 ID:YXwcD6CZ0.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典

ホンダの大型バイク「CRF1000L アフリカツイン」発売1週間で受注は驚きの…

 ホンダの大型バイク「CRF1000L アフリカツイン」が人気を呼んでいる。
旧モデルは世界有数の過酷なレース「パリ・ダカール・ラリー(パリダカ、現ダカール・ラリー)」を連覇したバイクの市販車で、
同名の新型モデルとして約17年ぶりに復活した。オフロードでの高い走行性能など伝統を継承しつつ最新技術を駆使。
発売約1週間で受注が年間計画の1000台を超え、低迷する国内市場で異例の好発進となった。

 入社以来の悲願を実現できる-。
開発子会社、本田技術研究所東南アジア現地法人の山倉裕研究員は同社二輪R&Dセンターに所属していた平成25年、胸の高鳴りを抑えられなかった。
アフリカツインの新型モデルの開発をスタートすることになったからだ。

 アフリカツインの生産が終了した11年に入社した山倉氏は現在も旧モデルを保有する熱烈なファンの一人として、社内で「アフリカツインをつくりたい」と訴え続けた。

 市場でも、長距離ツーリングやオフロードを走る大排気量の「アドベンチャー(冒険)ツアラー」と呼ばれる車種が中高齢層を中心に支持を広げる中、ファンの待望論が高まり、復活を後押しした。

 開発陣にとって最大の課題は、最新技術を取り入れて旧モデルの特徴を進化させることだ。
山倉氏は「パリダカを走ったマシンの複製として出てきたので、オフロードの走行性能は妥協できなかった」と語る。

 エンジンは排気量を先代の750ccから1000ccに引き上げつつ、通常はシリンダー下部に置くオイルタンクをクランクケース内蔵にすることなどで小型化。
車体下部を地上から25センチと3センチ高くし、荒れた道でも操作しやすくした。

以下ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000510-san-bus_all

3: なまえないよぉ~ 2016/05/05(木) 18:00:57.32 ID:FGbw6Gd10.net

【ホンダの大型バイク「アフリカツイン」発売1週間での受注は年間計画1000台を超える超絶好発進!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/30(土) 20:09:20.29 ID:yIjUk3h60.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
 
スズキ イグニス vs ホンダ フィット どっちが買い!?徹底比較

クルマにはさまざまなジャンルがあるが、実用性を総合的に高めたのがコンパクトカーだ。
全長は3600~4200mm前後で、全幅を含めて5ナンバーサイズに収まる。
混雑した街中や狭い駐車場でも運転しやすい。

その一方で空間効率の優れた車種が多く、大人4名の乗車にも適する。
ボディの後部にはリアゲートが装着されて荷室も使いやすい。

エンジンは1~1.5リッターが主力で、燃費が優れていることも特徴だ。競争の激しいジャンルなので、
各車とも価格を割安に抑えている。今では緊急自動ブレーキ装着車が増えたことも注目点だろう。

そこで今回比較するのは、スズキ イグニスとホンダ フィットだ。
http://autoc-one.jp/suzuki/ignis/whichone-2683350/
no title

【スズキ イグニス vs ホンダ フィット】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/04/11(月) 02:40:34.81 ID:49YxvMjk0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
ホンダは4月7日からスタートしたジャカルタモーターショー16(IIMS 2016)において、新型『シビック』を公開。これは3月のタイに続くアジア二番目の発表で、
即日よりインドネシア国内向けに販売を開始した。

ラインナップは、1.5リットルターボVTECエンジンで、最大出力は173ps、1700から5500回転までトルク幅で220Nmを発揮する。
タイでは1.8リットル車も発表されたが、インドネシア向けはこのエンジンのみの展開となる。

車両価格は4.75億インドネシアルピア(約390万円)と、日本でシビックが販売されていた頃とは想像も付かない価格帯となっている。

新型シビックは歴代10代目を数える。近々日本国内にも投入されるとの話が伝えられているが、その時は日本でもこの価格帯は反映されるはず。
もはやシビックは大衆車とは呼べない領域に入ってしまっているようだ。

http://response.jp/article/2016/04/10/273250.html
no title
【シビックが高級車へ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/03/24(木) 22:13:35.29 ID:SJHzTXPx0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

 本田技研工業(ホンダ)の米国法人は23日、同日開幕した自動車展示会「ニューヨーク国際自動車ショー」に、
マイナーモデルチェンジした「アキュラ」(Acura)のラグジュアリーSUV「MDX」や、
新型「シビック(CIVIC)ハッチバック」プロトタイプモデルを出展したと発表した。
 同社によると、現行モデルのMDXは3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンと9速オートマチックトランスミッションを採用するが、
2017年モデルから3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」も追加する。
SPORT HYBRID SH-AWD搭載モデルは3.0L SOHC V型6気筒エンジンと7速DCTの組み合わせにより、
ガソリンモデルを35馬力上回る325馬力の最大出力としている。
 外観は1月に北米国際自動車ショーで世界初披露したコンセプトモデル「Acura Precision Concept」
で示したデザインを採用している。特徴的な「ダイアモンド ペンタゴン グリル」やスポーティーさを強調するシャープな
フロントフェイスなどで構成される。また、Acura車として初めて全グレードに先進の安全運転支援システム
「アキュラ ウォッチ(Acura WatchTM)」を標準装備するという。
 北米での発売はガソリンモデルを今夏に、SPORT HYBRID SH-AWD搭載モデルは今年後半を予定。
 このほか、Acuraブースでは北米レース用に開発した新世代スーパースポーツモデル「NSX」のGT3レースカーを世界初出展している。
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0324/zks_160324_5903585965.html
no title
【ホンダ ハリアーHVキラーのラグジュアリーSUV、MDXハイブリッド他シビック、NSX GT3を披露】の続きを読む







このページのトップヘ