なんでも速報

タグ:ホンダ

1: なまえないよぉ~ 2016/05/27(金) 21:28:16.04 ID:qWdBf3hw0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
ホンダの9代目となる『アコード』は一部改良を機に、シフト操作がノブからボタンタイプに切り替えられた。

燃料電池車『クラリティ フューエルセル』と同じタイプのエレクトリックギアセレクターを採用しているが、
開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの二宮亘治氏は
「社内でもボタン操作が正か非かという議論があった」と明かす。

二宮氏は「どの技術開発でも『大丈夫かい?』という反応はある。
なかでも走行に関わる操作系はセンシティブになる」とした上で、
「初めて見ると最初はみんな『非』という反応を示した」という。

それでもあえてボタン操作を選んだ理由について
「センターコンソールの使い勝手の向上と、やはり新しくなったという印象を打ち出したかった」と二宮氏は語る。

また「シフトがあるとセンターコンソール下の使い勝手が非常に悪い。今回、
ホンダアクセスに非接触型スマートフォン充電器を用意してもらったが、
センターコンソール下にスマホを置こうとするとシフトが邪魔になる」とも。

社内でも最初はネガティブな意見がでたエレクトリックギアセレクターだが、二宮氏によると
「ただ実際に乗ってみて、しばらく試してもらうと、リバースと前進でそれぞれボタン操作の向きを変えているので、
慣れれば『これもありだよね』ということになって、今回搭載に至った」とのことだ。
http://response.jp/article/2016/05/27/275883.html
no title

【ホンダ新型アコード シフトノブを廃止しボタン式に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/26(木) 22:22:26.34 ID:yS6LXpE10 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title

no title


Honda WR-V (Jazz Cross) front and rear renderings

To be introduced at the 2016 Sao Paulo Auto Show in November.

QuatroRodas Brasil has posted a couple of new renderings of the upcoming Honda WR-V (Jazz-based crossover).
It is expected to be introduced at the 2016 Sao Paulo Auto Show in November, and is rumored to be in the pipeline for the Indian market in 2017.

【ホンダ フィットベースのSUV「WR-V」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/25(水) 12:08:45.50 ID:E6Rghklx0● BE:544223375-PLT(14000) ポイント特典
ホンダは24日、約10年ぶりの復活となる高級スポーツカー「NSX」の量産1号車を完成させ、米中西部オハイオ州の専用工場で記念式典を開いた。NSXの生産は、2005年に栃木県高根沢町の工場で初代NSXの製造を終えて以来となる。

式典では1号車をオークションで落札した自動車販売会社の創業者に引き渡された。落札額の120万ドル(約1億3200万円)は、子どもの教育を支援する団体などに全額寄付される。

製造責任者のクレメント・ズソーザ氏は「大きな夢がかなった。これはオハイオ州での30年を超える生産の経験と専門的技術の集大成だ」と述べた。

NSXはハイブリッド車(HV)で最高出力は573馬力。米国での希望小売価格は15万6千~20万5700ドル。関係者によると日本では今夏にも受注が始まる見通し。

no title

no title


http://www.sankeibiz.jp/business/news/160525/bsa1605251107003-n1.htm

【ホンダ、10年ぶり復活「NSX」 完成1号車キタ━━(゚∀゚)━━!! 米国で記念式典】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/21(土) 18:09:10.95 ID:efNOuQjf0 BE:545162937-BRZ(10500)
【動画】ターボ化されたランボルギーニをホンダ シビックが圧倒!! シビック速すぎワロタ
http://magazine.vehiclenavi.com/archives/10305

no title

https://www.youtube.com/watch?v=HB6DoW77OaA



アメリカからの衝撃的な動画です。夜のハイウェイで加速を競い合う映像ですが、そこに現れたのは日本の
ホンダ シビックです。そして相手をするのはツインターボ化されたランボルギーニ ガヤルド。ただでさえ
500馬力超えのランボルギーニを更に手を加えてあります。

しかし、このシビックは只者ではなくランボルギーニの加速を圧倒してしまいます。シビックのエンジンは
ホンダ インテグラなどに搭載されるB18を搭載し、巨大なタービンを装着して馬力は700馬力超えだとか、
そこに軽量なボディも相まって尋常じゃない加速をしてしまいます。これは凄い!!

【ホンダ シビックがターボ化されたランボルギーニを圧倒、シビック速すぎワロタwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/05/20(金) 17:41:18.09 ID:B0JjrL0s0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title


エンジン設計の基本ルールでは、シリンダー1気筒あたりの排気量は、エンジン全体の排気量をシリンダーの数で割った数値と同等とされる。
しかし、ホンダから提出された特許によると、同社は異なるサイズのシリンダーでエンジンを構成し、この基本ルールを打破しようとしているようだ。

ホンダの構想のように、エンジンをサイズの異なる燃焼室で構成した場合、休止あるいは停止するシリンダーの組み合わせにより多様性が出てくる。
シリンダーの組み合わせ次第で全体の排気量が変わるため、同じ排気量のシリンダーで構成されたエンジンよりも変化の幅が広くなるからだ。
2.0リッター4気筒を例に考えてみよう。排気量の黄金律に従えば、それぞれのシリンダーは排気量500ccで、いずれかのシリンダーを休止した場合の排気量の変化は500ccずつとなる。
しかし、それを各シリンダーの排気量が300cc、425cc、600cc、675ccだと仮定してみると、先ほどは4通りしかなかった排気量のバリエーションが、15通りもでき、変化量も500ccずつより小さくできるのだ。

つまり、従来のエンジンに気筒休止システムを搭載するよりも、異なるサイズのシリンダーを組み合わせた方が、出力と効率のバランスがとりやすくなるということだ。
ホンダの特許では、各シリンダーのボアは同一で、排気量の違いはクランク半径に基づく。クランク半径が長くなれば、ストロークも長くなり、その燃焼室の排気量が多くなるわけだ。

特許申請の図面では、クランクシャフトにかかる荷重を分散し振幅の違いから生じるであろう振動を抑えるためには、どのようにシリンダーのサイズを設定する必要があるのかが記されている。
もっと正確に言えば、最も大きいシリンダー(最もクランク半径が大きいもの)が中央に配され、その両脇に2番目に大きなもの、3番目に大きなものが置かれる。

このコンセプトは、様々なサイズの直列およびV型多気筒エンジン用と明記されている。もし実現すれば燃費と出力の両面で強みになることは想像に難くない。

http://jp.autoblog.com/2016/05/11/honda-patents-engine-different-cylinder-displacements/

【ホンダ、排気量の異なるシリンダーで構成されたエンジンの特許を申請】の続きを読む







このページのトップヘ