なんでも速報

タグ:ホンダ

1: なまえないよぉ~ 2017/05/27(土) 10:30:31.02 ID:SGuKCIQv0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
一時期、日本での販売が停止していたホンダ『シビック』が今夏、再び日本で発売されることになった。新型は初代から数えて10代目にあたる。

日本で発売されるシビックはセダンとハッチバックの2種となるが、イギリスのウィルシャー工場(ホンダオブUKマニュファクチャリング)で製造されるハッチバックに対し、セダンは国内の寄居工場で生産される国産車となる。

ボディサイズは全幅が従来比45mm幅広の1800mm、全長は95mm長い4650mm、全高は20mm低められた1415mm。ホイールベースも先代より30mm長い1700mmで全体として大きくなりつつ、全高は下げてワイド&ローのスタイリングを実現している。

搭載されるエンジンはセダン、ハッチバックともに1.5リットルターボだが、細かいセッティングが異なりセダン用は173馬力、220Nmのスペック。組み合わされるミッションはCVTのみとなっている。

https://response.jp/article/2017/05/27/295315.html
no title

no title

no title

no title

no title

【ホンダ・シビックがかっこよすぎる!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/25(木) 22:47:09.20 ID:Udf3CUEX0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ホンダ、「N-BOX」を今秋フルモデルチェンジ。公式サイトで先行公開
2011年12月に発売されて以来、初のフルモデルチェンジ

no title


 本田技研工業は5月25日、今秋フルモデルチェンジを予定している軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、新型N-BOX先行情報サイトで公開した。

 2011年12月に「N」シリーズの第1弾モデルとして発売されてから初めてのフルモデルチェンジとなる今回は、広い室内空間や存在感のあるデザインといった
N-BOXの特徴に磨きをかけながら、日本の人や街、暮らしなどを見つめ直し、使い勝手を高めているという。

 新型N-BOXに関する情報はWebサイトで順次公開していくとのこと。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1061546.html

【新型N-BOX】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/18(木) 18:11:17.01 ID:mdWv+bZ80 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ホンダ、6月2日~11月30日期間限定販売の「S660」特別仕様車「Bruno Leather Edition」

 本田技研工業は、2シーター・オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のαグレードに特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を
設定して6月2日~11月30日の期間限定で販売する。価格は228万円。

 Bruno Leather Editionは、エクステリアではボディカラーに「ベルベットマルーン・メタリック」を特別色として設定したほか、「ブラックドアミラー」「オールブラックアルミホイール」を装備。

 インテリアでは、「ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻ステアリングホイール/インパネソフトパッド)」「専用アルミ製コンソールプレート」
「センターディスプレイ(internavi POCKET連携)」を採用する。

 ボディカラーは、特別色「ベルベットマルーン・メタリック」のほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アドミラルグレー・メタリック」の計3色を設定。

また、S660専用iPhone向けアプリ「レブビート S660」を6月2日にリリースする。同アプリではシフトチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイに「Excellent」「Good」「Bad」表示と音声でフィードバック(6MT車のみ)。
自らの走行履歴はiPhoneで保存・確認でき、Twitterへ投稿することもできる。さらに走行を重ねることで、専用楽曲などのアイテムが増えるゲーム性も兼ね備えている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1060257.html
no title

no title

no title

no title

【ホンダ、スペシャルなS660を発表!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/17(水) 20:57:00.38 ID:1Rph3Nk60 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
最新のCBR250RRと最新のプレミアムレーシングディスクを体感

スプロケット/ブレーキディスクの企画・製造・販売を行うサンスターは、鹿児島県鹿児島市にある、サンスター ブレーキエクセルディーラー認定店「ホンダドリーム鹿児島」にて、5月21日(日)に、サンスターイベント(ブレーキディスクの取付実演と、体感試乗会)を開催する。

開催当日は、発売したばかりの最新ディスクローターが店頭に展示される他、サンスターの市販最高峰ディスクローター「ワークスエキスパンド」が実装された、CBR1000RR-SPとGROMも装着例として終日展示される。

ホンダの1000CCと125CCの大小スポーツモデルが、2台揃って「ワークスエキスパンド」装着展示車両として見ることができる。

ホンダドリーム鹿児島では、発売日の5月12日(金)より、発売したばかりの最新ミドルスーパースポーツ CBR250RR の試乗車が用意されます。そのおろしたての試乗車に、イベント当日の5月21日(日)サンスタープレミアムレーシングディスクが装着され、全国で最も早く、最新のCBR250RRと最新のプレミアムレーシングディスクを体感することができます。

no title

https://news.webike.net/2017/05/17/97431/

【バイク乗りは見下しているけどCBR250RRだけはかっこよすぎると思う】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/26(水) 21:00:15.50 ID:PXMsa9ao0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title

no title

no title


1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」が復活する可能性があることが分かった。

プレリュードは、1982年に2代目が発売されると人気が爆発。当時国産車では珍しいワイド&ローボディに、スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトが女性にも受け、最強デートカーと言わしめた。

その後、斬新な「4WS」(4輪操舵システム)を装備した3代目、スポーツクーペに成長した4代目、夜空を眺めるカップルにはかかせない、サンルーフが復活した5代目が2001年に生産終了するまで、実に23年間もホンダを支えた人気車種だった。

その伝説のデートカーの後継モデルをCGで予想してみた。

低く長いフロントノーズを残し、NSXの意匠を継ぐフロントマスクに宝石のように美しいジュエルアイLEDヘッドライト、スピード感あふれるプレスライン、エアインテークを装備したグラマラスなリアフェンダー、
Aピラーからリアへ流れるような美しいルーフラインを描いた。これならば女子受けも間違いない。

パワートレインは、2リットル直列4気筒T-TEC TURBOガソリンエンジンで、最高馬力はライバルのトヨタ「86」を凌駕する240ps程度と予想する。

目指す世界デビューは2019年、東京モーターショーか。

https://response.jp/article/2017/04/26/294031.html

【ホンダ「プレリュード」復活へ】の続きを読む







このページのトップヘ