なんでも速報

タグ:ベッキー

1: なまえないよぉ~ 2017/03/24(金) 18:19:37.62 ID:CAP_USER9
 タレント・ベッキー(33)の妹で、米国でプロのダンサーとして活躍しているジェシカ・レイボーン(31)が、日本でCMデビューすることが23日、分かった。

 先月からサービスを開始しているスマートフォンの無料コミュニケーションアプリ「PiQy(ピッキー)」のCMで、アプリ内で名刺交換ができる。ジェシカはキャリアウーマンに扮し、切れ味鋭いパフォーマンスを披露。きょう24日からYouTubeなどの動画サイトなどで公開される。

 実は当初、サービス提供元の株式会社ブローダは姉ベッキーの起用を検討していた。ベッキーの出演で“ピッキー”というアプリ名を連想してもらいやすいという発想から事務所に打診。ただ、ベッキーは昨年末から年始にかけてLINEのCMに出演。同じスマホのコミュニケーションアプリということで、事務所が固辞していた。そこで白羽の矢を立てたのが妹ジェシカ。関係者によると「アプローチすると“ぜひやりたい”と目を輝かせた」という。

 ジェシカは21歳の時にプロのダンサーを目指して渡米。トレーニングを重ね、13年にはストリートダンス世界大会「ジュストゥ・ドゥブ」の米国大会で優勝。夢を実現させた。現在も米ロサンゼルスを拠点に、ダンサーとして世界中を飛び回っている。昨年は不倫騒動で精神的に落ち込んでいた姉を支え、今年1月にはテレビ番組で共演。これまで以上に家族への気持ちを強めていた。そのため「将来的には日本での仕事も増やしたい」という思いを周囲に伝えている。

 「ピッキー」はテレビCMも制作中で、近日中にはオンエア予定。ジェシカの、日本での本格的な芸能界デビューへの可能性が高まりそうだ。

[ 2017年3月24日 08:25 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/24/kiji/20170323s00041000348000c.html
no title

no title


cm動画https://youtu.be/EmKjHCU_d2I


【ベッキー妹のジェシカ 日本でCMデビュー!LA拠点のプロダンサー】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/27(月) 18:40:20.89 ID:CAP_USER9
 「第26回東京スポーツ映画大賞」の授賞式が26日、都内にて開催。ビートたけしが選ぶエンターテインメント賞のカムバック・奨励賞にタレントのベッキーが選ばれ、授賞式に登場した。
同賞は1992年に発足した東京スポーツ新聞社主催の映画賞。日本全国10の映画祭がノミネート審査に参加し、その結果を踏まえて、お笑いタレントのビートたけしが最終選考を行う。
また第10回より「ビートたけしのエンターテインメント賞」が併設され、幅広い分野を選考対象とし表彰している。

この日のエンタメ賞は「授賞式に来ないだろう人をあえて選出した」(たけし)などとしており、2016年に芸能界で“お騒がせ”したお笑い芸人の狩野英孝、アンタッチャブル柴田英嗣らが続々と“欠席”の中、大本命のベッキーはまさかの登壇。

ベッキーを選んだ理由についてたけしは「かっこよかった!妙な隠し事もないし、妙に飾ることもなく、好きなものを好きで何が悪い!というのが正直でいいなと思った」とし、
「今後ベッキーがどういう仕事をして、どうやって上にあがっていくかという勝負の年で、今日が一括りと思っていただけたらと思う」と励ました。

これを受けてベッキーは「私はこんなポジティブな素敵な賞をいただけるような人間ではない」としつつ「ちょっと東スポさんとの関係性をお話しますけど…」と切り出し
「昨年は東スポさん、あること、ないこと、ないこと…いろいろ記事にしていただきました(笑)そして全然かわいくない写真ばっかり使われて嫌だなと思っていたんですけど、
昨年末から急にまあまあ写りのいい写真が使われ始めて、えっ…どうしたんだろうと思ってたら、この授賞式のオファーがきました。わかりやすい作戦…(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。

ベッキーは続けて「私は単純な人間なのでうれしいですし、この賞はお尻を叩かれたと思って今後がんばっていきたいです。本当にありがとうございました!」と気持ちを新たにし、前を向いた。

また、司会のガタルカナル・タカがベッキーに「今年、もう一回大きい不倫でもしていただくと、ベッキーさすがだなと思いますが…」と冗談の声がけをすると、ベッキーはうんざりという様子で大きく手を横に振りながら去っていった。 
 
https://mdpr.jp/news/detail/1666593
2017-02-27 06:00 


no title

no title

no title

【ベッキー、まさかの登場に会場ざわつく ビートたけしのエンタメ賞カムバック&激励賞】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/20(月) 20:32:53.78 ID:CAP_USER9
 昨年12月の暮れの19時にバンド『Hi-STANDARD』横山健がマギー(24)のマンションを訪ねて数時間滞在したことをスクープされながらもスルーし続けているマギーにベッキー(32)が大激怒。その余波でハーフタレント2人の“全裸抗争”勃発必至と言われている。
 「マギーは、1月13日発売の『フライデー』で横山健との不倫疑惑や、別のミュージシャンも含めた二股疑惑が報じられたのですが、釈明もせず無視を決め込んでいる。後追いするメディアも少なかった。日本テレビ系のレギュラー番組『ヒルナンデス!』への出演も続け、ブログも平然と更新していることで、疑問の声が上がっているのです」(芸能記者)

 そんな状況に怒り心頭なのがベッキー。昨年1月、『ゲスの極み乙女。』川谷絵音との不倫が報じられたことで、レギュラーを全降板したばかりか、長期間休業を余儀なくされたからだ。
 「“みそぎ期間”は約1年に及んだ。それだけに“なんで私はあれだけ叩かれたのに、マギーは無視し続けてて平気なの?”と憤慨しているそうです」(同)

 日英ハーフのベッキーは、同じく日本とカナダのハーフであるマギーの追い上げを強く意識していたようだ。
 「マギーは、モデル体型のハーフ顔美人というだけで露出を増やしており、ベッキーは不快感を持っていた。今回も新垣結衣らを抱え、業界に強い力を持つマギーの所属事務所サイドが、多くのメディアに、不倫報道を制限する“圧力”をかけているとされることに、堪忍袋の緒が切れる寸前なのです」(芸能プロ幹部)

 そんな怒りを表現するためか、ベッキーは“打倒マギー”のヌード披露計画を打ち明けているという。
 「憎っくきマギーに負けまいと、全裸ヌードを披露する意思を固めたようです。インタビューなども収録したフォトブック形式写真集の中でフルヌードを披露し、金髪の下半身ヘアも解禁する見込み」(出版関係者)

 ベッキーは、すでに全裸への布石を打っている。昨年9月、全国紙の広告で“美背中ヌード”を披露して驚かせたのだ。とはいえ、マギーも黙っていない。
 「マギーは'15年、ファッション誌や写真集などで乳首を腕だけで隠したセミヌードや、パンティーだけの姿などを公開した。ベッキーがヌード攻撃でくれば、さすがにマギーも対抗することは必至。彼女のヘアも金髪といわれ、もし解禁すれば、話題騒然は必至です」(スポーツ紙記者)

 ベッキーは“不倫”でマギーは“熱愛”? この不条理は、2人の“全裸金髪ヘア”対決で決着をつけてもらいたい。

2017年02月20日 20時30分
http://wjn.jp/article/detail/8695130/
no title

【【余裕】マギー“不倫スルー”にベッキー激怒! 金髪ヘア“全裸抗争”勃発必至】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/04(土) 22:23:11.96 ID:CAP_USER9
 タレントのベッキーが、あす5日に放送されるフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)に出演。休業中に支えてくれた芸能界の先輩・ヒロミ、事務所の先輩・カンニング竹山とともに語り合う。

ヒロミは休業中のベッキーをホームパーティーに呼ぶなど、傷心の彼女を癒やしてくれた1人だが、今回の番組では愛のムチを放つ。
「良い子を演じるな」「ベッキーがいなくても番組は回る」など、歯に衣着せぬ物言いで、ベッキーに芸能界の厳しさを説いていく。

さらに、ヒロミは恋愛の話題も触れ、「芸能人はもうやめろ!」と助言すると、ベッキーは恋への意欲を。
ヒロミは松本伊代との結婚に至った経緯を、照れながら振り返り、既婚者の竹山とともに、"結婚のススメ"を伝える。

また竹山は、借金400万円以上、事務所からクビ宣告までされたという売れないどん底生活から、"ブチギレ芸"でブレイクを果たしたきっかけを告白。
そして、2006年に相方・中島忠幸を亡くし、ピン芸人として活躍する今も、「カンニング」の名を背負い続ける理由を明かす。

no title

http://news.mynavi.jp/news/2017/02/04/145/
2017/02/04


【ヒロミ、ベッキーへ″愛のムチ″さく裂「良い子演じるな」「いなくても番組回る」 『ボクらの時代』5日放送】の続きを読む

91b7548d

1: なまえないよぉ~ 2017/01/19(木) 21:26:42.16 ID:CAP_USER9
写真週刊誌「FRIDAY」に不倫&二股交際疑惑を報じられたモデルのマギーさん(24)が、スキャンダルが明らかになった後もテレビ番組やイベントへの出演を続けている。彼女のSNSに寄せられる批判の声も、そこまで過熱していない状況だ。

一方、ちょうど1年前の2016年1月の週刊文春で「ゲス不倫」を報じられたタレントのベッキーさん(32)は、いまだ「完全復帰」への途上にある状況だ。同じハーフタレントなのに、いったいなぜ、2人の間にはここまでの「差」が付いたのだろうか。

マギーさんは報道後もSNSを更新中

マギーさんの不倫スキャンダルは、2017年1月13日発売(首都圏など)のフライデーで報じられた。記事によれば、お相手はパンクバンド「Hi-STANDARD」の横山健さん(47)で、2人が交際を始めたのは16年8月頃だという。

そんなマギーさんをめぐっては、16年9月発売の「女性セブン」でも、ロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATOさん(32)との熱愛報道が出ていた。今回のフライデー記事の中では、こうしたマギーさんの「恋愛事情」について、

「カブッタ時期はありましたが、最終的にマギーは横山さんを選んだ」
という関係者の話を伝えている。つまりは、「不倫」と「二股」を同時に行っていた時期があったというのだ。

こうした「不倫&二股スキャンダル」が出たにも関わらず、マギーさんを批判する声は少ない印象だ。本人は報道後もツイッターやインスタグラムの更新を続けているが、投稿に寄せられる批判的なコメントは100件程度におさまっている。

一方、同じハーフタレントで、似たような「不倫疑惑」が取り沙汰されたベッキーさんは、報道当初から異常ともいえる猛批判を浴びていた。

当時は、ベッキーさんを擁護した芸能人にまで批判の矛先が向いたり、過去のブログやツイートが蒸し返されて批判されるなど、まさにネット上は「総たたき」といった状況になっていた。実際、ベッキーさんのツイッターには17年1月19日までに、少なくとも1万件以上の批判的なリプライ(返信)が送られている。

ロンブー淳「ベッキーは不倫 マギーは熱愛」

そんな2人の「差」を不思議に思う人は多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「ベッキーはあんなに叩かれてたのにマギーはそうでもない。この差はなんだろう」
「マギーとベッキーのこの差ってなんですか」
「ベッキーはあんなに騒いだのにマギーは騒がれない」
といった書き込みが数多く出ている。こうした疑問の声は、マギーさんが1月16日放送のレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日テレ系)に、騒動前と変わらずに生出演したことでさらに強まったようだ。

こうした状況には一般ユーザーだけではなく、芸能人からも「違和感」を示す声が出ている。お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(43)は13日のツイッターで、

「ベッキーは不倫 マギーは熱愛... なんでだろ?」
と一言。また、お笑い芸人の土田晃之さんも1月15日放送のラジオ番組で、

「去年の今頃は、ベッキーじゃない?でも、マギーはそうでもないのね。このまま、そんなに何もなさそうな感じで、終わりそうだよね。でも同じでしょ?相手の方もミュージシャンで、ご家庭もあってさあ」
と疑問を述べていた。

no title

不倫スキャンダルが飛び出したマギーさん

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.j-cast.com/2017/01/19288543.html?p=all

【マギーとベッキー、この差は何なのか 「不倫」批判にあまりの違い】の続きを読む







このページのトップヘ