なんでも速報

タグ:スズキ

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 15:19:05.63 ID:FfcUhG6E0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
「軽自動車の真ん中」が伸びない

スズキ新型ワゴンRが苦戦している。

一般社団法人全国軽自動車協会連合会によると、2017年3月の同車販売台数は1万3949台で第6位となり、トップの
ホンダN-BOXの2万6124台の約半分という厳しい状況だ。ワゴンRは6代目として2月に発売開始したばかりだが、
一方のN-BOXは今年夏頃にフルモデルチェンジが噂されるモデル末期である。

ワゴンRといえば、1993年のデビュー以来、軽ワゴン市場をけん引し、2016年末時点での累積販売台数は約440万台、
このうち約280万台が現時点で保有されているという、軽自動車の王道である。スズキが配布した6代目の広報資料の
1ページ目にも「軽自動車の真ん中、それがワゴンR」との記載がある。

その“軽自動車の真ん中”にいま、いったい何が起こっているのか?

市場の成熟と分散化

軽自動車市場が変調している。これが、いまワゴンRの販売に影響を与えている最大の原因だ。

日本国内の全体需要の中で、軽自動車のシェアは“ほぼ半数”に達したが、軽自動車の市場環境自体も成熟してきた。
ここ数年は、ワゴンRとダイハツムーヴというツートップを母体として、スペーシアとタントというハイト系に派生、
そこにホンダがN-BOXで一気に攻勢をかけるという市場が形成されてきたが、これが崩れ始めている。

そのきっかけを作ったのは、ハスラーだ。同車の購入者の平均年齢は30歳代で、ワゴンRの平均年齢である50代半ばから
一気に若返った。これまで軽自動車に興味のなかった層が、ライフスタイル系の新しい乗り物としてハスラーをフックに
軽自動車市場に入ってきた。2017年3月のハスラー販売台数は1万240台となり、ワゴンRとの差は少ない。

これは、ハスラーがワゴンRを“食っている”訳ではなく、ハスラーが軽自動車のイメージを変えた、と捉えるべきだ。

続きはソースで
http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/special-3296731/
no title

【スズキ・新型ワゴンRはなぜ全然売れないのか? 販売台数はN-BOXに惨敗】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/21(火) 17:04:42.57 ID:CAP_USER
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1050476.html

no title


 スズキは3月21日、燃料電池2輪車「バーグマン フューエルセル」18台がナンバープレートを取得して公道走行を開始すると発表した。

 スズキのミドルスクーター「バーグマン 200」をベースに、水素タンクをフレーム内にレイアウトし、
軽量・コンパクトな空冷式燃料電池を搭載。後輪の高出力インホイールモーターによって走行し、
これまでのスクーターと同様のスタイルを持つことを特長としている。

 圧縮水素の燃料タンク容量は10L(70MPa)で、強制空冷の固体高分子型燃料電池による定格出力は3.5kW。
インホイールモーターの最高出力は4.5kW/7650rpm、最大トルクは23Nm/1870rpmとなり、
最高速75km/h、1充填走行距離(60km/h定地走行)は120kmを実現している。

 国土交通省が2016年2月に公布・施行した道路運送車両法の「燃料電池二輪車に関する保安基準」に基づいて
車両型式の申請を行ない、2016年8月に型式認定を受けた。3月にナンバープレートを取得した
18台のバーグマン フューエルセルは、静岡県、福岡県などに設置された水素ステーションを活用しながら公道走行を実施して、
燃料電池2輪車が持つ市場性の確認などを行なう

【スズキ、燃料電池スクーター「バーグマン フューエルセル」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/13(月) 21:01:04.78 ID:6zvqmuhD0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
no title


スズキが1998年まで販売し、「軽のユーノス ロードスター」とも言われた2ドアオープン「カプチーノ」に、20年振り後継モデルの噂が立っている。

発売当時はマツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、と並び「ABCトリオ」とも言われ人気を博したモデルだ。

その後ホンダは、2015年に後継モデルとして「S660」を発売し話題となっており、スズキもカプチーノ後継モデルに意欲的だと言う。

後継モデルには、「アルト」からプラットフォームを流用し、駆動方式はFF、軽量化に特化させクラス最強のパフォーマンスを目指す。

パワートレインは、直列3気筒DOHCエンジンを搭載し、最高馬力は66ps程度が予想される。

ワールドプレミアは2018年秋、発売価格は200万円以下を期待したい。

http://spyder7.com/article/2017/03/13/3168.html

【スズキ カプチーノ、20年振り後継モデル登場か!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/27(月) 07:56:31.11 ID:kAhn61wm0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
5代目となる新型『ワゴンR』には3つの顔が与えられた。今回紹介するのは標準タイプの上級グレードとなる「ハイブリッドFZ」。
2分割ヘッドライトを採用した専用のスタイリングで、『アルファード』&『ヴェルファイア』や『エルグランド』などの国産Lクラスミニバンを想起させる、
迫力あるフロントマスクが特徴だ。

スタイリングの雰囲気は先代『ワゴンRスティングレー』に通じるものがある。先代のデザインが気に入っていた人は、
現行よりもこちらのほうがしっくりくるかもしれない。

搭載されるパワーユニットは52馬力の3気筒エンジンに3.1馬力のISGと呼ばれる発電機&モーターの組み合わせ。
ISGはオルタネーターの容量をアップしたもの。駆動用のバッテリーはリチウムイオンで、助手席下に収められている。トランスミッションはCVT。このISGの採用によって、モーターによるクリープ走行が可能となった。

駆動方式はFFが基本で4WDも用意。車両本体価格はFFが145万円、4WDが147万0960円。デュアルセンサーブレーキサポートや
ヘッドアップディスプレイなどがセットになったセーフティパッケージ装着車が用意され、5万9400円高の価格設定となっている。

http://response.jp/article/2017/02/26/291232.html
no title

no title

no title

no title

no title

【お前らのコンビニカー スズキ「ワゴンR」5年ぶり全面改良 FF145万円 4WD147万0960円】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/13(月) 07:40:48.17 ID:E6alTi8z0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
スズキは2月6日、『カプチーノ』のサービスキャンペーンを国土交通省に届け出た。

今回のサービスキャンペーンは、エンジンに関して行われるもの。補給部品として販売したシリンダーブロックに、原動機型式の「K6A」の打刻がないものがある。

そのため、当該シリンダーブロックを搭載した車両において、車検証との同一性の確認を行うことができず、車検に通らないおそれがある。

スズキは、「販売店において、原動機型式を打刻したシリンダーブロックと交換する」と説明している。

no title

http://response.jp/article/2017/02/13/290510.html

【スズキ カプチーノが今さら不具合でサービスキャンペーンwwwww】の続きを読む







このページのトップヘ