なんでも速報

タグ:シビック

1: なまえないよぉ~ 2017/03/17(金) 20:48:53.29 ID:YGj7ZLSB0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ホンダが、ジュネーブモーターショー2017で初公開したばかりの新型『シビック・タイプR』。同車の米国での価格帯が判明した。

これは、ホンダの米国法人、アメリカンホンダが明らかにしたもの。「新型シビック・タイプRの価格を、3万ドル台半ばに設定する」と公表している。

新型シビック・タイプRには、2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」を改良して搭載。最大出力は320ps、最大トルクは40.8kgmを引き出す。これは、現行比で10psのパワーアップとなる。

新型の米国価格は3万ドル台半ばに決定。仮に3万5000ドルとすれば、日本円で400万円程度となる。アメリカンホンダは、「今春、米国市場で発売する予定」と発表している。

http://response.jp/article/2017/03/17/292281.html
no title

no title

no title

【ホンダシビックタイプRの価格帯が400万円で決定!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/19(日) 21:28:19.20 ID:CAP_USER
http://autoc-one.jp/news/3184425/
no title

http://autoc-one.jp/news/3184425/photo/0011.html
東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ新型シビックタイプRの
市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。

新型シビックタイプRは、新型シビックハッチバックと並行して開発が進められてきた特別なモデル。

新型シビックタイプRに搭載されるエンジンは、最新の2リッターVTECターボエンジンだ(ハッチバックは1.5リッターVTECターボエンジン)。

>>ホンダ 新型シビックタイプR(プロトタイプ)の写真を見る
なお、シビックタイプRとシビックハッチバックは、2017年夏より
ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.HUM)
で生産が開始され、ヨーロッパや日本、米国を含む世界の各市場に輸出されることになる。
これまで公開されてきたシビックタイプRはプロトタイプモデルだったから、市販モデルの正式公開が待ち遠しい。
オートックワンでは、ジュネーブショーで公開される市販モデルの情報が入り次第お届けする。

【ホンダ新型シビックタイプRの市販モデルがついに世界初公開】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/02/06(月) 11:47:43.81 ID:HzsKpksc0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
no title


 東京・青山にあるホンダウェルカムプラザ青山で1月28日より特別展示「CIVIC Racing History ~FF最速ツーリングカーの系譜~」を開催している。5台の歴代レーシングシビックを間近で見られるチャンスだ。
no title

no title

no title


http://mainichi.jp/articles/20170204/ctp/00m/020/002000c

【ファン垂涎! ホンダ・シビックのレーシングマシンを青山本社で一般公開中】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2017/01/28(土) 21:21:49.53 ID:VwZvxLBT0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
 ホンダは今2017年夏、「シビック」シリーズを日本市場に6年ぶりに再投入する。千葉・幕張メッセで1月中旬に開かれた「東京オートサロン2017」の場で明らかにされた。
世界的に人気が高いものの、日本では販売されていないことから、待望久しいシビックだけに、かつての人気車を復活させ、国内販売のてこ入れを図る考えだ。

 今夏の投入が予定されているのは、広い室内空間と力強い走りへのこだわりが評価されて、最も優れた車に贈られる「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を2016年に受賞したシビックセダンに加え、
5ドアのシビックハッチバック、スポーツ性能を高めたシビックタイプRの3タイプ。

 発売するセダンとハッチバックのパワートレインには力強い走りと優れた燃費性能を両立し、さらに高出力となった1.5リットル直噴VTECターボエンジンを搭載。
古いホンダファンがイメージする、いわゆる「ホンダらしさ」を具現化したとの指摘も出ている。東京オートサロンで記者会見した日本本部長の寺谷公良執行役員は「シビックシリーズを所有し、操る喜びを感じてもらいたい」と訴えた。

満を持しての国内再投入。シビックファンの心をどこまでつかめるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000006-jct-bus_all

【新型シビック 1.5Lターボと2Lターボのみ 男らしいラインナップにファン歓喜】の続きを読む







このページのトップヘ