なんでも速報

タグ:のん

1: なまえないよぉ~ 2017/05/25(木) 22:54:50.46 ID:CAP_USER9
5月20日女優ののんが岩手県花巻市で田植えに挑戦し、宣伝本部長を務める岩手米をPRした。

 当日の彼女は膝まである長靴に黄色のつなぎという本格的なスタイル。長手袋をはめた手で、
岩手県のオリジナルブランド米「銀河のしずく」をひと束ずつ丁寧に手作業で植えていった。

 地元農家の方の指導のもと、田植え機を運転する一幕も。

「もし自分が生産者だったら、『こんなお嫁さんが来てくれて、いっしょにお米づくりを手伝ってくれたら‥‥』
と妄想してにやけてしまうと思います。それぐらいのんの姿は破壊力がありました。女優としての活動は
思うようにいっていないようですが、コツコツとこういう仕事を続けて、ファンを安心させてほしいですね」(前出・女性週刊誌記者)

http://www.asagei.com/excerpt/81630

参考
no title

no title

【のんが田植えに挑戦、素朴なつなぎ姿に日本中から「嫁にこい!」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/20(土) 18:11:20.45 ID:CAP_USER9
 JA全農いわての「純情産地いわて宣伝本部長」を務める女優のん(能年玲奈から改名)さんが20日、岩手県花巻市の田んぼで、同県が生産に力を入れるブランド米「銀河のしずく」の田植えをし「ふっくらやわらかいお米に育ってほしいです」と笑顔でPRした。

 雲一つない快晴の下、のんさんは黄色のつなぎ姿で田植え機を運転し、泥に足を取られそうになりながら手植えも体験。「どこに足を入れるか分からず難しかった」と話した。9月下旬ごろに収穫予定で、パックご飯として販売される。

 銀河のしずくは、同県が独自に開発した品種で2016年から一般に市販されている。日本穀物検定協会の食味ランキングでは、15、16年産が2年連続で最高評価「特A」を獲得した。


田植え機を運転する女優のんさん(左)=20日午後、岩手県花巻市
no title

田植えをする女優のんさん=20日午後、岩手県花巻市
no title

http://www.sankei.com/photo/story/news/170520/sty1705200011-n1.html

【女優のんさんが田植え 岩手「銀河のしずく」をPR】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/09(火) 16:13:38.31 ID:CAP_USER9
オリコン 5/9(火) 15:18配信

 女優・のん(23)が9日、都内のZeroBase表参道でスペインのファッションブランド
「Jocomomola de Sybilla」(ホコモモラ デ シビラ)とのコラボプロジェクト
『ホコとのん Jocomomola x non』のポップアップストアのメディア向けイベントに参加。
美術大学に通うという夢を語り、すでにオープンキャンパスに行っていることを明かした。

 のんは、これからやりたいことについて問われると「美大生になりたい!」とにっこり。
幼少期から絵を描くことが好きだったため、高校卒業時にも美大への進学を考えたが、
仕事への影響を考えて断念。しかし、夢を諦めることができず、再びチャレンジすることを宣言し
「全然(絵の)勉強をしたことがないので、しっかりデッサン力をつけたりしたい」と
意欲を見せた。

 受験に合格すれば、すぐに入学をする予定だという。「自分で(美大を)探しています。
最近、オープンキャンパスにも行ってみたりした。こっそり行きました。全然、バレなかったです」
とにやり。「23歳で飛び込んでいったら恥ずかしいですかね。でも楽しみ」と美大生になる自分に
思いをはせた。

 ポップアップストアの1階は、本物そっくりな超リアル“のん”のマネキンが、
ホコモモラファッションに身を包み大勢で出迎える。この光景を見たのんは
「すばらしいですね。のんがいっぱい。よく立派に増殖したと、すごくうれしくなりました。
いっぱいいてもイヤじゃない」と笑顔。この日は3階に直筆イラストを描き、
出来栄えについて「100点です」と満足げな表情だった。ポップアップストアは10日から
15日まで同所で開催される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000306-oric-ent
no title

no title

no title

【のん、美大進学を検討中「オープンキャンパスに行きました」】の続きを読む

43ae52db5389885ca0b48959857dbd7820161209125949218


1: なまえないよぉ~ 2017/05/04(木) 21:49:17.26 ID:CAP_USER9
 「彼女は現在、『LINEモバイル』のテレビCMに出演しています。これがひんぱんに流れているので、完全復活の印象を受けますが、まだまだテレビ出演には高いハードルがあるんです。LINEは新興のIT企業なので、出演可能だったにすぎないんです」(広告代理店関係者)

 能年玲奈(23歳)は昨年7月から本名だった芸名をあらためて、「のん」として芸能活動をしている。NHK朝ドラ『あまちゃん』で国民的人気を獲得しながら、所属事務所「レプロエンタテインメント」と契約をめぐってトラブルになり、独立後も彼女は活動の場が狭められているのが、現状なのである。

 「改名後は彼女の個人事務所がマネジメントをしています。ただし前所属事務所のレプロは契約の問題はまだ解決していないというスタンス。

 実際、レプロのHPには『能年玲奈』が所属タレントとして掲載されています。同事務所は新垣結衣などの人気女優を抱え、芸能界でも影響力が大きい。そのため各テレビ局は『のん』にオファーしたくても、レプロに配慮してキャスティングできないんです。

 スポンサーも同様でトラブルを抱えたままの女優を起用することには及び腰。独立問題の際、先生と慕う演出家に『洗脳』されたと一部で報道されたイメージダウンも大きい」(民放テレビ局局員)

 だが、のんは小規模の公開予定だったアニメ映画『この世界の片隅に』に、片渕須直監督のたっての願いで声優として出演。これが興行収入25億円を突破する大ヒットとなり、風向きは変わりつつある。

 「いまは個人事務所では捌ききれないほど、仕事のオファーが舞い込み、雑誌の連載や書き下ろし本の出版の計画が複数進んでいるようです。

 ただし、相変わらず民放のテレビ番組や、大スポンサーやテレビ局が絡む映画からの依頼はないと聞いています。事務所のスタッフはもともと芸能界とは関係のない人たちですし、強力な後ろ盾もいない。レプロと和解し、この状態を打開することは簡単ではないでしょうね」(芸能事務所関係者)

 そんなのんの救世主となりそうなのが、あの人気脚本家だ。

 「『あまちゃん』の脚本を手がけたクドカンこと宮藤官九郎です。いまもクドカンはのんと連絡を取り合う親しい関係。彼が脚本を書く'19年放送の大河ドラマに、のんは起用されることになると思います。

 同作のチーフプロデューサーと演出家が『あまちゃん』と同じですし、主演の阿部サダヲと中村勘九郎はレプロとの関係が薄い。そもそもNHKならスポンサーは関係ないですし、芸能界のしがらみもさほど気にしません」(前出・芸能事務所関係者)

 のんは騒動後、本誌の取材にこう答えている。

 「役者としての想いは変わっていません。暇な時間ができましたが、お休みしている意識はなかった。感覚が鈍らないように、演技やクラシックバレエを習ったりと忙しかったです」

 彼女が本名を取り戻し、活躍できる日を待っているファンは多い。

 「週刊現代」2017年5月6日・13日合併号より

現代ビジネス 5/4(木) 14:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170504-00051603-gendaibiz-bus_all

【「能年玲奈」改め「のん」 いまだに民放テレビに出られないワケ...本名を取り戻し、活躍できる日を待っているファンは多い】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/02(火) 05:29:27.38 ID:CAP_USER9
 女優のんと“ひがみソングの女王”で話題のシンガーソングライター関取花。この2人の初コラボレーションが、ネッツトヨタ広島株式会社のTVCMで実現する。

 創立50周年を迎えた同社のアニバーサリーイヤーとなる今年、一年を通して展開されるブランドアップキャンペーン。このCMで、真っ青な空と瀬戸内海に広がるキラキラと輝く青い海のコントラストの中、のんが関取花の楽曲「君の住む街」(http://youtu.be/JTQt_HmT5-4

)をアカペラで口ずさみ、途中から関取花の歌声が絶妙にシンクロしていく。透明感あふれるのんの演技と関取花の楽曲の世界観が見事にマッチして、とても印象的なCMに仕上がった。

 CMは広島の各放送局にて、5月20日からオンエアがスタート。同時にYoutubeでも公開予定。

◎リリース情報
関取花
アルバム『君によく似た人がいる』
2017/02/15 RELEASE
<CD>DSKI-1001 / 2,130円(tax out.)


no title

no title

no title

no title

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50528/2

【のん アカペラで関取花「君の住む街」を歌唱! 瀬戸内海での透明感あふれる演技】の続きを読む







このページのトップヘ