なんでも速報

カテゴリ: 芸スポ速報

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 11:00:33.15 ID:CAP_USER*.net
1カ月にブログで500万円以上を稼ぎ出すといわれ、芸能界屈指の「ブログ長者」として知られるのは、元モーニング娘の辻希美である。

辻を筆頭とする「ママタレブロガー」のほか、市川海老蔵や佐々木健介など、近年、ブログ掲載で多額の収入を得るタレントブロガーが存在するようになった。

そんなタレントブログ界に大ダメージを与える「冬の時代」が到来するのではないかと囁かれている。

「今年の春ごろからタレントブログのギャラが激減するんじゃないかといわれているんですよ」

と語るのは、ブログサービスを展開するIT企業の社員である。

「ブログサービスの収益モデルは『アクセスを集めることにより広告収入を得る』ことです。
タレントの方々には、サービスの広告塔として多額のギャラを支払っているんですが、それを見直そうという動きが出ているんです」

一体どのような理由でギャラ削減が検討されているのだろうか。この社員が続けて説明する。

「どこのサービスも同じですが、タレントの方々に“広告塔”として高いギャラを払っていても、ブログを新規に開設する人の増加傾向が頭打ちなんですよ。
そもそも、有名人を起用する目的は『一般ユーザーにブログを始めてもらうこと』。
高額ギャラでタレントブログを展開する効果と必然性が薄れてきたというのが現状ですね」

タレントブログ界を襲う「冬の時代」。この機会に、タレントブロガー諸氏に本業での奮起を期待したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1105582/
2016.03.21 09:58 アサジョ

no title

【【芸能】辻希美の収入も激減必至!タレントブログ界に「冬の時代」が到来!?】の続きを読む

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 22:32:13.16 ID:CAP_USER*.net
ニューアルバム『Sweet Song Covers』を3月16日にリリースした歌姫May J.。
今回のアルバムでは、山口百恵や山下達郎などの大御所が歌っていた昭和の名曲をカバーする。
今や、幅広い層のファンに愛されるMay J.だが、10周年を振り返っての葛藤や新しいアルバム、そして今まで彼女を支えてきた家族について語ってもらった。

◆歌姫May J.を支えてきた家族への思い

――今回のアルバムでは、May J.さんの両親の世代も、きっと聴いていてすごくうれしくなる曲ばかりですよね。May J.さんにとって、今、家族はどんな存在ですか?

May J.:家族は、やっぱりどんなときもそばにいてくれる大切な存在ですよね。何か落ち込んでるときとか、うまくいかなかったりとかしても、常に味方になってくれるから、
いつでも帰れる場所があるという安心感をくれる。私のベースになっているところですよね。今回のアルバムに収録している『秋桜』もお母さんに向けて歌う曲です。

――小さいとき、家族と一緒にいるとき、どんな曲を聴いていましたか?

May J.:それこそ父が洋楽を中心に聴いていたので、例えばホイットニー・ヒューストンとか、マライア・キャリーとか。
あと宇多田ヒカルさんは、私、日本のアーティストさんの中で一番尊敬してて、「ああ、こういうアーティストになりたい」と思っていた方なんですけど、
それも父が家で宇多田ヒカルさんのCDを聴いていて、何気なく置いてあったんですね。けっこう父の影響が大きいんですけど、
『RIDE ON TIME』という今回収録しているこの曲も、私が小さいときに、父がピアノを弾き語りしてくれていました。

――お父さんが宇多田ヒカルさんを教えてくれて、それからずっと好きだとおっしゃっていましたね。宇多田さんはこの春、音楽活動を再開しますが、どういうところで影響されていますか?

May J.:彼女の音楽のスタイルは、英語と日本語を混ぜた、R&Bっていうジャンルですよね。私のデビュー当時は、R&Bのダンサブルな曲を歌っていたので、今と全然雰囲気が違うんです。
でも当時、私が想像していた自分のなりたいアーティスト像っていうのが、すごく宇多田さんに近かったんですよね。

◆カバー曲で届けたい思い

――今回のカバーアルバム、プレッシャーなどありましたか? 山口百恵さんや山下達郎さんら錚々たるシンガーの名曲が並んでいますが……。

May J.:そのカバーをすることによって、オリジナルと変わらないように、どれだけ自分の曲にできるかということを楽しんでいます。
やっぱり歌詞も何回も読み返すし、原曲も何回も聞いて、原曲の素晴らしいところって、どこなんだろうって。
そこをやっぱり残したいなっていう思いがあって、そこを残しつつも、でも自分にしかできないことをしました。自分のキーに合わせたり、
自分の声で生かせる部分っていうのもたくさんあるので、自分だけにしかできないテイストも入れて、自分の曲にできるようにしています。

――今回のアルバムで、有名どころの曲がたくさんあったと思うんですけど、この選曲の基準は何だったんですか?

May J.:ここ2~3年ぐらい、NHKさんの番組『歌謡コンサート』などで、いろんな歌謡曲や昔の歌を歌わせていただく機会をいただいていました。
そこで、30代後半から60代までいろんなファンの方々から反響があったんですよね。それで、「いつか歌謡曲を歌ったカバーアルバムを出したいな」っていうのが、ずっとあったので今回、80年代を中心に選曲しました。

――カバー曲を多くなさっていると思うんですが、カバーをすることの魅力を教えてください。

May J.:カバー曲を今までは出すつもりはまったくなくて。なぜ出したかというと、いろんな番組で、いろんな曲を歌わせてもらうようになって、その曲をレコーディングしてほしいとか、
カバーアルバムを出してほしいっていうリクエストを、すごくたくさんいただいたんですよ。それがきっかけでしたね。だから、そうやって「聴きたい」って言ってくださる方がいるっていうのは、
本当に幸せなことなんだなって思ったんです。だから、それに応えたいという思いで作っています。

>>2以降につづく

週刊SPA! 3月19日(土)16時21分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160319-01073251-sspa-soci

2: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 22:32:28.87 ID:CAP_USER*.net
◆10周年を迎える2016年。これからのMay J.

――今年で10周年ですが、これからどんな歌手になっていきたいですか?

May J.:いろんな経験を積んで、歌とともに成長していきたいなと思っています。やっぱりいい歌を聞かせるためにも、いろんな訓練や人生経験をして、自分と向き合って歌で表現するっていうことが必要になってきます。
でもどうしてそこまで歌を追求していきたいかというと、やっぱり聴いてくださる方がいるからなんですよね。私の歌を聴いて、心を動かしたり、笑顔になったり、楽しくなったり、そういうふうに歌で人を動かせたらいいなっていう思いがあります。

――自分がやりたいことと、周りの人が「やってほしい」と思うことは、どうしても違ってくると思います。そこでの違和感みたいなものはないですか?

May J.:もうないですね。デビュー当時だったら、たぶんこんなに幅広くできなかったと思うんですよ。やっぱり自分のやりたいことの幅が狭くて、それ以外のことをブロックしていました。
ですが、その壁を取ることで、今は何に挑戦してもやっぱりMay J.になれるっていうことを目指しています。だから、いろんなことに挑戦して、それを吸収して表現していきたいっていうのが、今の私のモットーです。

 悩む日もありますが、答えは自分の中にあるんですよ。ただ、それが出ない日って、やっぱりあるし、何をしてもよくない日ってあるじゃないですか。それはそれで、またやっぱり明日から頑張ろうってことで(笑)。

写真
no title


【音楽】<May j.>松田聖子の神曲「SWEET MEMORIES」をカバー!「やっぱり本物に勝てないですね」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458083130/

【【音楽】<May J.>デビュー10周年!“日本の歌姫”が昭和の名曲をカバーする理由】の続きを読む

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 23:12:09.33 ID:CAP_USER*.net
[2016/03/20]

モデルで女優の香里奈が19日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」(以下TGC)に出演した。

no title

※「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」に出演した香里奈

香里奈は、TGCと国連の友がコラボレーションした「TGC UN ACTION SUPPORT STAGE」に、トップバッターとして登場。赤いトップスと黒いミニスカート、そして赤いサンダルを組み合わせたコーディネートで、美脚を披露した。

世界の活動指針である"SDGs(持続可能な開発目標)"をテーマにした同ステージでは、出演者が、193の国連加盟国が取り決めた"世界の目標"が書かれたプラカードを持って登場。香里奈は「男女平等」を掲げ、早見優は「教育の平等」、大場久美子を「健康と福祉」を掲げて歩いた。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/03/20/204/


※関連板 http://wc2014.2ch.net/model/ モデル

【【モデル】香里奈、ミニスカ姿で美脚披露! 貫禄のウォーキングに歓声 (マイナビニュース)】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 12:45:55.61 ID:CAP_USER*.net
原幹恵、完熟Gカップボディ披露に「待ちきれない!」とファン興奮 経験人数3ケタ疑惑&“結婚後浪費癖”に「志村けん、危なかった?」の声

9日、グラビアアイドルの原幹恵が自身のブログで、「10冊目となる最新写真集が4月1日に発売されます」と報告。タンクトップ姿のオフショットも公開され、ファンからは「待ちきれない!」
「熟したビキニ姿を見るのが楽しみ」など、興奮の声が上がっている。

「原は、2003年に行われた『第9回全日本国民的美少女コンテスト』で『グラビア賞』を受賞し、芸能界デビュー。
Gカップの巨乳を武器に、グラビア界を席巻。
今回の写真集は2年ぶりに発売されるとあって、28歳になり円熟味を増した原のビキニ姿を見るのを、ファンは待ち遠しく思っているようです。
原といえば、グラビアだけでなく女優としても活躍しているのですが、07年に放送され、ドラマ初出演、初主演となった『キューティーハニー THE LIVE』(テレビ東京系)では、
『リアルハニーちゃん』『原作よりも色気がある』など、そのビジュアルに関しては評価が高かったため、今秋公開予定の映画『CUTIE HONEY -TEARS-』で、
西内まりやが“お色気を封印した”キューティーハニー役に抜擢されたことが発表された際には、原ファンから『ふざけるな!』『幹恵ちゃんに役を譲れ!』などと、怒りの声が上がっていたようです」(芸能関係者)

原ファンの間では、09年に放送されたドラマ『嬢王 Virgin』で演じたキャバクラ嬢役に関しても「はまり役だった」「セクシーなドレス姿に、毎回ドキドキした」など評価が高いようだ。
しかし、ドラマで演じた主人公の“処女”という設定に関しては、原自ら、役とは違うことを暴露し、ファンを失望させた。

「原は、09年に放送された、くりぃむしちゅー有田哲平とアンタッチャブル山崎弘也が司会の『有田&山崎のひきだし太郎』(テレビ東京系)に、
『嬢王 Virgin』の番宣のために出演したのですが、有田に『原さんはもちろんアイドルだからバージン(処女)なんだよね?』と質問された際に、『いや、捨ててます』とあっさり否定。

さらに、有田が『まあ1人とそういう関係があったくらいでしょ?』と質問すると、『1人とは限らないですけど』と答えを濁し、
『1ケタだよね?』の質問には『そんなわけないじゃないですか』と笑って答え、山崎からの『じゃあ2ケタだ?』の質問にも
『え、なんでですか?』と答えたため、当然、3ケタ疑惑が浮上。
最終的に、有田からは『え、アイドルなんだよね? AVの方じゃなくて』と、AV女優疑惑まで飛び出す事態に。
この時の発言が今でも尾を引き、ネット上では『22歳で経験人数3ケタいってたなら、一体今は何人経験してんだ?』『まさか、千人斬り達成済み?』など、疑惑の声が上がっているようです」(同)

原は、先月25日に放送されたドラマ『マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~』(読売テレビ系)で、結婚前はお淑やかだったが、結婚してから浪費をするようになった“浪費妻”の役を演じ、
「リアリティーがある」とファンの間で評判になったのだが、原といえば、13年に志村けんとの熱愛報道が流れたことがあるだけに、
ネット上では「志村けんが結婚してたら、莫大な財産を浪費されていたのでは?」と指摘する声も上がっているようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1105290/
2016.03.20 12:00 おたぽる

no title

no title

no title

【【芸能】原幹恵経験人数3ケタ疑惑&“結婚後浪費癖”に「志村けん、危なかった?」の声】の続きを読む

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 05:27:03.20 ID:CAP_USER*.net
2016.3.21 05:02

人気子役、芦田愛菜(11)が4月スタートのフジテレビ系主演ドラマ「OUR HOUSE」
(日曜後9・0)で披露するセーラー服姿が20日、初公開された。

清貧な大家族・伴一家を描いたハートフルコメディーで、来月から小6の芦田は
実年齢より1歳上の中学生役に初挑戦。衣装合わせで一足早くセーラー服に袖を通し、
「うれしすぎてニヤニヤが止まらなかったです。もし周りに誰もいなかったら『イエーイ!』と叫んで、
“ファッションショー”をやっていたと思います」と大喜び。

初々しい姿に継母役でW主演する米女優、シャーロット・ケイト・フォックス(30)も「カワイイネ!」と絶賛。
撮影は順調に進んでおり、芦田は「いつもはランドセルですが、
(ドラマでは)肩掛けバッグなので背中がスースーする(笑)」とセーラー服を満喫している。


・こんなに大きくなりました-。キュートなセーラー服姿を初披露した芦田愛菜。
. 「ずっと憧れていたので、舞い上がっています」とハニかんだ
no title
【【ドラマ】芦田愛菜ちゃん、初セーラー服!役では1歳上の中学生に“進学”】の続きを読む







このページのトップヘ