なんでも速報

カテゴリ: 芸スポ速報

1: なまえないよぉ~ 2017/04/25(火) 09:36:30.78 ID:CAP_USER9
モデルでタレントの筧美和子(23歳)が、4月24日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)に出演。
自身の胸の形に「自信がない」との悩みを打ち明けた。

男性誌などのグラビアでは、豊満なバストを強調した水着姿も披露している筧だが、「形に自信がなくって。(形悪いの? との質問に)はい…(笑)」。
具体的には「バーンと丸いキレイな形とかじゃないんですよ。水風船に近い。水風船がくっついてて、ちょっと上げたくらいな感じです」と表現した。

番組MCの明石家さんま(61歳)は、形を想像しながら「あー、悪くはないよな?」と、それもまた嫌いではない様子。

また、ほかのゲスト、タレントの宇都宮まき(35歳)は「ロケット型です」、磯山さやか(33歳)は「釣鐘型の離れパイです」、「美おっぱいコンテスト2016」でグランプリに輝いた中岡龍子(23歳)は「私はお椀型です」と、それぞれ自身の胸の形を明かしていた。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0425/nrn_170425_8553716095.html

筧美和子
no title

no title

no title

【筧美和子、胸の形に悩み「自信がない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/25(火) 11:33:37.49 ID:CAP_USER9
でんぱ組.incの最上もがが、23日付のInstagramにて新たなヘアカラーを公開した。

金髪ショートヘアがトレードマークの最上。
「これは何色なんだろね?」と本人がつづっている通り、新カラーは緑や青、シルバーが混じったような色合い。

最近出席したイベントでは、髪の痛みも激しいため金髪を卒業したいとも明かしており、
ファンからは「早速染めたんですね!」「何色なんだろう!?めっちゃキレイ」「イケメンが際立ってる」「もがグリーンと名付けよう」「すごい似合ってるよ」などの声が多数寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1681617

“金髪卒業”最上もが
no title

no title

金髪の最上もが
no title

no title

【最上もが、“金髪卒業”で劇的イメチェン 「めっちゃキレイ」「イケメンが際立ってる」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 20:06:19.89 ID:CAP_USER9
 一時期“色白ハーフ系”で人気者だったトリンドル玲奈(25)が失墜。その挽回策として仰天ヌードを披露するのではないか、と期待が高まっている。
 「ピーク時は、ベッキーやローラとは一味違うハーフキャラとして、テレビや雑誌などで引っ張りだこでした。ベッキーとローラがバラエティー中心で活動するのに対し、トリンドルは、モデル系アイドルとして高い評価を得ていたんです。人気の理由はギャップ。美少女系なのに、水着やエステCMでの下着披露もガンガンやっていましたからね」(グラビア雑誌編集者)

 とりわけトリンドルを有名にしたのは、同じハーフタレントのダレノガレ明美とのケンカ。2人はファッションショーの際、ランウェイ中にぶつかりそうになったことがきっかけだ。
 「本来、出るときはセンター、帰りは端を戻ってくるのがモデル界の常識。しかし、そのときは、ダレノガレはズバズバ言う絡みキャラだったので、トリンドルに軍配が上がった。でも実際は、ダレノガレにライバル意識を燃やしたトリンドルが、わざとぶつかったのではないか、とも囁かれています」(モデル関係者)

 しかし、その気性の荒さが裏目に出てしまった。慶応大在学中の、ある事件が表沙汰になったことだ。
 「握手を求めるファンに、『なんで、お前と握手しなきゃなんねえんだ』と発言したことがツイッターで拡散。しかも彼女は、付き合う相手を『慶応じゃ無理。東大じゃないと』と言ったことも暴露された。この一件で、トリンドルは決定的に評判が悪くなったのです」(芸能記者)

 そんな彼女は、金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に出演する。主演の剛力彩芽を筆頭に、橋本マナミ、安達祐実など豪華な出演陣だけに、彼女は脇役といっても過言ではない。しかし、この出演の裏に、ある狙いがある。
 「彼女自身、最近の人気急落は自覚していて、挽回のためなら脱ぐ覚悟もあるといいます。もともと下着などのエッチ路線でブレイクしたわけですから、脱ぐのは平気。聞こえてくる話では、今回の深夜ドラマでの囚人役を引き受けたのは、アイドルイメージを払拭するため。ズバリ、放送終了後、ライバルのダレノガレもが驚くヌードを発表するというのです。最後の挑戦に出るつもりらしいですよ」(写真集編集者)

 タイマン勝負。

2017年04月22日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/8916910/
no title

【【余裕】トリンドル玲奈 女囚ドラマ出演で見せるか仰天ヌード】の続きを読む

加藤綾子

1: なまえないよぉ~ 2017/04/24(月) 15:33:07.89 ID:CAP_USER9
 元フジテレビの“カトパン”こと加藤綾子(31)が、フリー転身後、初めて他局に出演した。しかし、その媚びまくりの態度にファンからの非難が殺到している。
 「カトパンは、4月3日放送の日本テレビ系バラエティー番組『しゃべくり007 春の2時間スペシャル』にゲストとして登場しました。他局に出演するまで時間がかかったのは、フリーになる際“フジテレビ1年縛り”という暗黙のルールがあったから。ただ今回、晴れて他局出演と相成ったのですが、フジの顔と言われたカトパンはどこへやら。トークもダメならリアクションもイマイチ。まるで、新人アイドルが仕事を欲しがっているようで情けなかった」(テレビ雑誌編集者)

 現在、彼女は『ホンマでっか!?TV』、『スポーツLIFE HERO'S』にレギュラー出演中。CMも、アサヒビールなど大手広告ばかりと契約する活躍ぶり。しかし、この日の彼女といえば、売れっ子オーラは見る影もなかったというのだ。
 「無理にウケようとしているのが逆に空回りしている感じでした。司会の『くりぃむしちゅー』上田晋也が、日テレに初めて来た感想を聞くと、カトパンは『トイレに和式があるんですね』と返すのが精一杯。あまりのシラケムードに、有田哲平は自らM字開脚をして、場を取り繕っていたくらいです」(日本テレビ関係者)

 さらにこの後も、目を覆いたくなるようなトークが繰り広げられた。
 「フジテレビを辞めた理由でも、『みんなのように普通に遊んでみたかった』とトンチンカン。さらに、明石家さんまとの共演が多いことを聞かれると、『曲がった人ですね』と意味不明な発言。フリーアナでありながら、グラビアやCMなど、中途半端な活動をしてきたせいで、自分の立ち位置が分かっていないのでしょう。最後まで、話がズレっぱなしでした」(同)

 この惨状に、「女子アナ界の女王として君臨してきた彼女も結局、お山の大将だった」と苦笑いするのは、フジテレビ関係者だ。
 「加藤って、案外、アドリブが利かないんです。過去、フジのバラエティー番組でも、シラケさせたことはしょっちゅうで、フリートークはヘタ。とどのつまり、編集技術によって彼女のキャラクターを守ってきたわけですよ。さすがに、視聴率三冠王の日テレ相手には、通用しなかったということですね」

 カトパン株暴落。

http://dailynewsonline.jp/article/1303956/
2017.04.24 12:00 週刊実話

【加藤綾子 三冠王・日テレでは通用しなかった元女子アナ女王】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/24(月) 15:39:11.14 ID:CAP_USER9
歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(24)が5日に発売した最新シングル、『良すた』の初動売り上げが15位だったことが分かり、人気低迷かと話題になっている。

全盛期の2012?13年には『ファッションモンスター』『にんじゃりばんばん』といったヒット曲を連発し、シングルも軒並み2万枚を超える売り上げをみせていた、きゃりーぱみゅぱみゅ。
しかし、2015年以降は1万枚を割るようになり、ここ2作はとうとう5,000枚をも下回ってしまった。それもあってか、昨年末の『NHK紅白歌合戦』にも出演していない。

原宿ファッション文化を長きに渡って牽引してきたきゃりーだが、CDがパタリと売れなくなってしまったのは、原宿系の“世代交代”も要因の一つだと言われている。
最近では、ぺえ(24)や、りゅうちぇる(21)といった新たな原宿ファッションを提唱する若手タレントが台頭し始め、
きゃりーのファッション性に対して「旬は過ぎた」という声が広がり始めている。にもかかわらず、
今なおTwitter上で独自のカルチャー論を展開するきゃりーに対して、「ファッションリーダー気取り?」と批判の声が寄せられるなど、プチ炎上を繰り返している状態だ。

「過去にTwitterなどでも披露していますが、プライベートは大衆イメージと相反するような黒ばかりの地味な私服がほとんど。
ステージ上などで見せるカラフルなポップアイコンとしての姿は結局、ビジネスとして作りこまれた姿だったことが明らかになった。
今となってはきゃりーぱみゅぱみゅ本人に独自のセンスやファッションマインドがないことが露呈し、
それに気付いてアンチに転じた一般人からの批判も相次いでいます」(芸能関係者)

楽曲自体の評価は比較的高かったものの、きゃりーを支えている若者層離れによってCDの売り上げも落ち込み、
さらにファッションアイコンとしての存在価値も急落しているとなると、きゃりーが”オワコン状態”になるのは時間の問題だったのかもしれない。

■きゃりーはこのままフェードアウトが濃厚か?

きゃりーは今作のシングルリリースに向けたインタビューで、「向上心も野望もない」とも語っている。
それだけに、原宿のファッションに対して憧れを持っていただけの少女に様々なイメージを大人が付け足して、
「きゃりーぱみゅぱみゅ」というアイコンが作り上げられていただけとの見方が固まってしまった
。今後はこのままフェードアウトしていくのではと囁かれている。

「詰め込まれた多忙過ぎるスケジュールに、本人は憔悴しきっているようです。
本人に”芸能人”としての意識も今後の芸能生活に向けた意欲もないだけに、仕事の減少と共にこのまま芸能界をフェードアウトし、
気付けば実質引退状態となっている可能性は否定はできません」(芸能記者)

きゃりーぱみゅぱみゅがオワコン化となれば、本人はお望み通り“普通の女の子”に戻れるだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1303845/
2017.04.24 11:46 デイリーニュースオンライン

no title


https://www.youtube.com/watch?v=UoK8DaJRDaM


きゃりーぱみゅぱみゅ - CANDY CANDY , Kyary Pamyu Pamyu - CANDY CANDY

【きゃりーぱみゅぱみゅに限界説?原宿系にも”世代交代”の波が】の続きを読む







このページのトップヘ