なんでも速報

カテゴリ: 芸スポ速報

1: なまえないよぉ~ 2017/03/26(日) 05:13:55.34 ID:CAP_USER9
 モデルで女優の中条あやみが25日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催中の「第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」(以下TGC)に出演し、ウエディング風衣装で魅了した。

中条は、日本発のカシミアブランド・beachme、デザイナーの山縣良和、TGCがトリプルコラボした「beachme special STAGE」に登場。TGCのビジュアルにも使用されているキャラクター「CANDY GIRL」からインスピレーションを得て、高級カシミアニットで制作した巨大なウエディング風衣装をまとい、頭には巨大なキャンディの飾りをつけ、"リアルなCANDY GIRL"に扮した。

そして、松田聖子の楽曲「SWEET MEMORIES」が流れる中、優雅にランウェイを歩いて観客を魅了。先端では、手に持っていた大きなウエディングブーケを投げ入れるパフォーマンスで沸かせた。さらに、羽織を脱いで美背中を披露すると歓声が。最後にかわいらしい投げキッスもプレゼントした。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title
 

【中条あやみの美背中に歓声! キュートなウエディング風衣装で魅了】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/26(日) 10:06:58.87 ID:CAP_USER9
日本テレビの水卜麻美アナ(29)とフリーアナの田中みな実(30)が、あるひとりの男を巡り三角関係に陥っている――という衝撃情報が浮上している。その男とは関ジャニ∞の横山裕(35)。2015年には、水卜アナとボクシングジムでデートする様子が報じられたこともある。

「実は、水卜アナと横山は、現在も交際が継続中といわれている。ところが、横山は最近、田中にも手を出したともっぱらなんです。港区内にある横山のマンションの地下駐車場から出入りする田中の姿を目撃したという関係者もいます」(芸能プロ幹部)

 すでに、この話をキャッチした一部写真週刊誌や女性誌は、マンション前に記者とカメラマンをベタ張りさせているという。もし、横山が本当に水卜アナと田中の両方と付き合っているとしたら、まさに二股。自身の好感度にもつながってくる。

■共演番組がゴールデン進出も横山だけ降板

「横山と田中が付き合うきっかけとなったのが、14年のフジテレビ『禁断の芸能人イメージ調査ゲーム ファイトグラフ』という番組です。その後『――ファイトグラフ』は、『SMAP×SMAP』の後継番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』として、特番からゴールデンに進出している。不思議だったのは『――ファイト』の時から出演している田中やフットボールアワーの後藤輝基はレギュラーになったのに、横山ひとりが降板しているんです」(放送作家)

 表向きは大先輩だったSMAPの冠番組に、関ジャニ∞の横山が出演することをはばかり、辞退したことになっている。しかし、本当はジャニーズサイドが、横山と田中の関係を疑ったということらしい。番組がゴールデンに進出するにもかかわらず、降板するのは考えられない事態のようだ。

 一方で、こんな証言もある。

「水卜アナは横山と完全に終わったそうです。昨年秋に『破局した』と関係者に報告したらしい。田中アナですが、横山は親友のひとり……。2人とも関係性を隠すことなく飲みに行くので、誤解されたのかもしれません」(民放関係者)

 芸能マスコミが一気にざわついた三角関係。果たして真相は……。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202247

20170324-00000336-oric-000-2-view[1]

【水卜麻美アナと田中みな実で、関ジャニ横山の争奪戦 三角関係か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/26(日) 07:00:28.29 ID:CAP_USER9
今から6年前に放送が始まり、人気を博した深夜番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、4月からリニューアルされた新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートする。

『怒り新党』は初代アシスタントが夏目三久アナ(フリー)で、2代目は青山愛(めぐみ)アナが務めた。

「夏目アナにとって『怒り新党』は、まさに救世主的な番組だったはず。2011年1月末で日本テレビを退社してフリーに転身したのですが、当時は仕事をホサれていた状態。業界関係者の間では『夏目は終わった』という声も聞かれたほど。

けど、そこから彼女は奮起し、トップレベルの人気を獲得するまでになった。マツコさんと有吉さんに出会っていなければ、今の彼女はなかったでしょうね」(芸能リポーター)

一方、青山アナもこの番組を担当したことで新境地を切り開くことができた。

「新人時代から『報道ステーション』を担当していたので知名度は高かったのですが、アナウンサーにとって自由度の低い番組。彼女のキャラクターはまったくといっていいほど伝わっていなかった。

ところが『怒り新党』では、MCのふたりから強烈なツッコミが入る。彼女が外国人男性好きだなんて、あの番組に出ていなければ絶対に公にはならなかったでしょう」(テレビ朝日関係者)

後番組では久保田直子アナがアシスタントに起用されることが決まっている。遅咲きだが、また新たなスターアナが誕生するかもしれない。

2017年03月26日
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/26/82210/
no title

no title

【『マツコ&有吉の怒り新党』が終了、救われたふたりの女子アナ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/25(土) 10:37:31.58 ID:CAP_USER9
no title

 20日に最終回を迎えた月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で主演を務めた女優・西内まりや(23)。全話の平均視聴率が一桁台どころか6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で月9ワースト記録を塗り替えた同作だが、放送前からこうなることは誰もがわかっていただろう。あまりのドタバタ現場で、役者や現場スタッフが努力したところで良作に仕上げるには無理があった。

 そもそも1~3月クールの月9作品は竹野内豊が主演する予定で企画を進めていたという。しかしなかなか企画は煮詰まらず、12月になって竹野内サイドから「やりたい話が全然出てこない」と出演辞退されてしまったため、急遽、西内とflumpoolのボーカル・山村隆太をメインに据えた少女漫画原作の恋愛ドラマに決定。大手銀行に勤めるエリートOLの24歳女性が結婚して専業主婦になることを望み、「自分は絶対に結婚なんかしない」と公言する28歳の人気イケメンアナウンサー男性と恋に落ちるというストーリーは原作そのままだが、ただ実写で俳優たちに演技をさせただけで、ドラマ化にあたって練られた様子が見られなかった。練る時間もなかったのだろう。

 月9枠は昨年の『ラヴソング』、『好きな人がいること』、『カインとアベル』のいずれも視聴率が低迷し一桁台をうろうろ。そんな中でドタキャンをくらい準備不足が否めない今年1~3月クールの『突然ですが~』主演を引き受けた西内まりやが、低視聴率女優の汚名を着せられてしまうことは気の毒でならない。彼女自身に視聴者を惹きつける女優パワーがあるかと問われれば残念ながらそれもなさそうだが、同世代の女優と比べて演技力が特別に低いわけではない。

 現場での西内評価は高い。山村は21日、ドラマの打ち上げの模様についてTwitterに投稿したが、西内のことを「打ち上げでの色んなスタッフさんのお話から、今回の主演を引き受けることがどれだけのことか、改めてその重圧と困難を思い知りました」「打ち上げにいた全員がまりやちゃんに感謝し、その頑張りにみんなが涙しているシーンが全てを物語っていましたね。ほんとお疲れさまでした」と、労っている。

 しかしいかんせん、数字に直結するタレント力は、今の西内にはまだない。主役を張らせるのは酷だということだ。もともと歌手を目指していた彼女はドラマ主題歌も担当しシングルCDをリリースしたが、歌唱力がないわけではないのにこちらも初週4000枚と売れ行きは振るわない。「ニコラ」(新潮社)、「セブンティーン」(集英社)のモデル時代は同世代~年下女子からの圧倒的な支持を誇っていた彼女だが、女優や歌手として活動するからには、もともとのファン層の支持だけでは厳しいのだ。

https://news.infoseek.co.jp/article/messy_43886/
https://news.infoseek.co.jp/article/messy_43886/?p=2

 西内は同じ所属事務所の観月ありさへの憧れを公言している。確かに全盛期の観月は歌にドラマに大活躍で、参加作品がいずれもヒットした。しかしそれも一時的なことだったのではないだろうか。現在まで26年連続、通算30作で連続テレビドラマの主演を毎年務めている観月だが、たとえば2014年『夜のせんせい』(TBS系)、2015年『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(テレビ朝日系)などは視聴率を見れば『突然ですが~』と似たり寄ったり。主演女優の格こそあれ、記録は形骸化している。

 所属事務所としては西内を観月クラスのタレントに育て上げたいのかもしれないが、西内と観月は違うし、時代もまた異なる。力量に見合わない仕事をさせて重圧を与えたからといって必ず伸びるとは限らず、それどころかタレント価値をつぶしてしまうことにもなりかねない。なんにでも強引にねじ込まず、最適な時に最適な仕事を与えることでブレイクへ導く。そのマネジメントテクニックが西内の今後には必要だろう。

【いま一番かわいそうな女優・西内まりやの今後】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/03/25(土) 05:21:50.23 ID:CAP_USER9
 タレント、中川翔子(31)が24日、東京都内で行われた「第7回渋谷ファッションウィーク SHIBUYA RUNWAY」に出演。ドラマの役作りで、胸元まであった長髪を約30センチ切り、ボブヘアになって登場。5月には結婚年齢の目標としていた32歳に。「ただちに!」と結婚に意欲を燃やした。


東京・渋谷の金王八幡宮で行われた「第7回渋谷ファッションウィーク SHIBUYA RUNWAY」に出席した中川翔子
no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170325/geo17032505000015-n1.html

【ボブヘアで登場のしょこたん、結婚に意欲「ただちに!」】の続きを読む







このページのトップヘ