なんでも速報

カテゴリ: ビジネスnews+

1: なまえないよぉ~ 2017/01/13(金) 22:26:44.64 ID:CAP_USER
http://response.jp/article/2017/01/13/288328.html

no title

no title


レクサスは1月12日、米国マイアミで開催したブランドイベント“Through the Lens”において、レクサス『スーパーヨット コンセプト』を初公開した。
トヨタは1997年から、プレジャーボートの開発、生産および販売を行ってきた。これまでに約900隻のボートを日本国内で販売している。

レクサス スーパーヨット コンセプトは、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、レクサスが車だけに留まらず、
顧客に驚きと感動を提供するための新たな提案のひとつとして開発。これまで培ってきた技術、ノウハウを最大限活用し、
スタイリッシュかつ卓越した走航性能を持つオープンクルーザーを完成させた。

開発にはレクサスのチーフブランディングオフィサーで、トヨタの豊田章男社長も参画。ブランドのデザインフィロソフィーに
基づく流麗なフォルムに、新型ラグジュアリークーペ『LC』用の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを2基(最大出力900ps)
搭載するなど、レクサスの特徴を数多く備えたコンセプトモデル。

豊田章男チーフブランディングオフィサーは、「モビリティの可能性を海にも広げたいという思いのもと、かねてから
マリン事業に取り組んできた。レクサス スーパーヨット コンセプトは、レクサスが提供するライフスタイルを拡げる新たなモビリティの提案」と語っている。

【レクサス、「スーパーヨット」初公開…LC 用エンジン2基で900馬力】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/01/16(月) 15:00:03.92 ID:CAP_USER
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170116/bsa1701161333003-n1.htm
no title

no title


伊高級車マセラティの日本法人は16日、スポーツセダン「クアトロポルテ」の新型車を発売した。
新開発のエンジンを搭載して走行性能を高めたほか、内外装を刷新。高級スポーツ車市場で、販売拡大を目指す。

 基本モデルは、伊高級スポーツ車メーカーのフェラーリと共同開発した排気量3・0リットルの
V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は20馬力増の350馬力に高めつつ、燃費は1リットル当たり10・9キロに改善した。

 一部モデルに高級感を演出した「グランルッソ」と、スポーツ性を重視した「グランスポーツ」の2タイプを用意。
グランルッソは内装に高級ファッションブランドのエルメネジルド・ゼニア製のシルクを採用している。
 ほかに排気量3・8リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「GTS」モデルなどをラインアップ。車両本体価格は1206万円から。

 日本法人のグイド・ジョバネッリ社長は、「ブランド(の精神)を引き継いだ性能や素晴らしいスタイリングを実現した」と述べた。

【マセラティ、新型「クアトロポルテ」を国内発売 フェラーリとエンジン共同開発】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/01/12(木) 19:21:42.45 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/economy/news/170112/ecn1701120022-n1.html
no title


 トヨタ自動車は12日、小型車「ヴィッツ」に、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)を
追加して発売したと発表した。排気量は1・5リットルで、ガソリン1リットル当たりの燃費は34・4キロメートルと、
従来のガソリンエンジン型の最高燃費(25キロメートル)より4割近く高めた。

 追加設定に合わせ外形デザインも見直した。価格は181万9800円から。シリーズ合計で月間9千台の販売を目指す。

【トヨタ、小型車「ヴィッツ」にHVを追加 燃費4割アップのリッター34キロ超】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/10(土) 20:13:07.77 ID:CAP_USER
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161210000062
no title


 若者の自動車離れが指摘される中、人気漫画と関連づけた中古車を販売したり、店舗を若者向けに新装したりするなど趣向を凝らして売り込む動きが出ている。京都市内の中古車販売店でも売り上げを伸ばす店舗もあり、工夫によっては若者を引きよせられそうだ。

 京都市南区の中古車販売店「カーランド」は、4代目スプリンタートレノおよびカローラレビン(通称ハチロク)を専門に扱っている。一時は低迷していたが、人気漫画「頭文字(イニシャル)D」の主人公が乗っている車両と同型のため一気に売り上げがアップ。製造年は1983年からと古いが、価格は新車時より高く200万円を超える。

 同店代表の得知雅人さんは「漫画の登場とともに同車の人気は急上昇し、販売価格は10倍前後になった」と笑顔で話し、市内だけでなく海外からも若いファンが来るという。

 中古車業界に詳しい自動車評論家の西川淳さん(51)=京都市上京区=は「中古車業界も全体として若者の車離れが進んでいるが、最近の若者は製造年が古い車を好んで購入している。販売店も工夫次第だ」と話す。

 西川さんによると、大阪市港区で1970年頃の旧型車を中心に取り扱う店舗が、カフェなどを併設することで若者の客を増やしているといい、「レトロな雰囲気が、ファッションとして受け入れられている」と旧型車人気を分析、今後もこの傾向が続くと見ている。

【頭文字Dのハチロクも 若者にアピール、京都の中古車販売店】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2016/12/01(木) 15:43:39.68 ID:CAP_USER
http://japanese.engadget.com/2016/12/01/6-8-sim-zenfone-3-ultra-uq-mobile-12-9/
no title

no title


UQ mobileは、ASUS製のSIMフリースマートフォン ZenFone 3 Ultraを、12月9日より順次発売します。
特徴は、一般的なスマートフォン離れした6.8インチの大型ディスプレイを搭載する点です。
これは一体どれほどの大きさなのか、他の端末と比較してみました。

ZenFone 3 Ultraは、6.8インチの大画面を搭載したスマートフォン、いわゆる「ファブレット」に分類されます。
そのファブレットの中でも特に巨大なのが特徴で、5.5インチのiPhone 7 Plusより1インチ以上大きく、かつて人気を博した
Googleのタブレット「Nexus 7」に比べると0.2インチだけ小型。つまり、タブレット並みと表現しても違和感のない大きさです。
UQ mobile向けモデルの仕様は、クアルコムのSnapdragon 652オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GBストレージ容量、
microSDXC外部ストレージ(microSDXC 2TB)など。カメラは背面が2300万画素、前面が800万画素。OSにはAndroid 6.0.1を採用します。

片手で操作できる? 大画面ならではの魅力も
筆者はグローバル発表時に、ZenFone 3 Ultraの実機に触りました。左右のベゼルが狭いため、両手持ちを前提にしていれば、
意外にもスマホとして違和感のない使用感です。
本体サイズは93.9 x 186.4 x 6.8mm。大画面ではありますが、iPhone 7 Plusよりも薄くスタイリッシュです。さすがに片手操作は難しく、
服のポケットにも収まりきりませんが、鞄の中に入れて持ち運ぶのであれば、普段使いとしても十分にアリでしょう。
なお大画面を活かし、マルチメディア機能を強化しているのも特徴です。デュアルスピーカーを搭載しているので、イヤホンを使わずに、
大画面で映画を大迫力で鑑賞できそうです。DTS Headphone:X 7.1サラウンド出力、ハイレゾオーディオ再生にも対応。
また、大画面ゆえに筐体サイズが大きく、内蔵バッテリーは4600 mAhと多め。他のモバイルデバイスに対しても1.5Aでの給電が可能です。


筐体はZenFone 3 DeluxeやZenFone 3 Laserと同様にメタルを採用。ガラス背面の無印ZenFone 3とはデザインが大きく
異る印象です。また、無印ZenFone 3と異なり、iPhoneやGalaxyなどと同様の、物理式のホームボタンを採用しています。
静電センサーとは異なり、触覚を頼りにホームボタンを探せるので便利です。

他のスマートフォンとサイズを比較してみた
6.8インチというスマートフォン離れした画面サイズは、いまいちイメージがしずらい面もあります。そこで5.5インチの海外版ZenFone 3、
そして4.7インチのiPhone 6sと比較した写真が下記となります。とても素晴らしいことになっていますね。

UQ mobileは、このZenFone 3 Ultraを12月9日に主要家電量販店にて発売。UQ mobileオンラインストアでは、
12月16日より順次発売します。カラーバリエーションはグレー、ローズピンク、シルバーの3色展開です。

【でかすぎる?ほぼ7インチの巨大SIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」が9日発売】の続きを読む







このページのトップヘ