なんでも速報

2017年04月

1: なまえないよぉ~ 2017/04/29(土) 19:02:11.59 ID:nYKMWKz30 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
4月25日にDVD「M」を発売した山崎真実が、東京・秋葉原でトーク&握手会を開催した。

山崎は「8年か9年ぶり(笑)。9年? DVD出すことになるとは全然思ってなかったです。
グラビア自体やると思ってなかったので」と控えめにあいさつした

「DVDは今回久しぶりだったので、ちょっと恥ずかしかったですね(笑)。カメラ目線で
色っぽい表情とかするのが恥ずかしかったです」と撮影を振り返った。

さらに競争の激しいグラビアの世界については「写真集のタイトルが『まんまとうそ。』
というタイトルで、ハワイ編はだいぶ鍛えていて(笑)、普段は運動しないので、そこは
“うその体形”で、東京編は逆にいつも通りの体形で撮影したのでどっちの体形も見ら
れるような作品になってます」とコメント。

今後の目標については「もういい年なので、そろそろ恋愛もしっかりやっていきたいなと
思います(笑)。再びDVDのオファーが来たら? コレが最後というつもりはないんです
けど、最後だと思って全力で写真集もDVDもやらせていただき、いざ終わると『こうやっ
たらいいな』とか自分で思うところがあったので、また今後、そういう部分をプラスして
できる写真集・DVDが作れたらなと思います」とさらなる飛躍を誓った。

https://news.walkerplus.com/article/106984/ 

818q5oY-HLL__SL1424_

81i3WCMlOBL__SL1491_

 
【B84W59H87、グラドル山崎真実が9年ぶりDVDで鍛え抜いたウエストのくびれを披露!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 09:24:38.63 ID:CAP_USER9
 今年もゴールデンウイークに合わせ、フレッシュな“注目ガール”を紹介する連載「気になるあの娘 GWコレクション」をスタート。初回は、この娘からです!(サンケイスポーツ)

 4月からTBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)の木、金曜のお天気キャスターに就任したモデル、池岡星香(21)。若手俳優集団、D-BOYSの池岡亮介(23)の実妹で、上品なオーラをまとう1メートル72の長身美人だ。

 初のレギュラー番組が全国ネットの生放送。「初日は緊張して足が震えました。司会の恵俊彰さんは話題によって出てくる言葉が変わり、本当にすごいです」と大先輩の仕事ぶりが何よりの教科書だ。

 高校時代から地元・名古屋の情報誌やイベントでモデルとして活動。現在、金城学院大4年生で就活も視野に入れていたが、兄から「やりたいと思うなら頑張って!」と背中を押された。

 目標は女優でモデル、佐々木希(29)で、「今後は演技にも挑戦して、マルチに活躍できたら」。スターを目指してひな鳥が羽ばたく。

2017.4.30 07:52
http://www.sankei.com/entertainments/news/170430/ent1704300007-n1.html
no title

no title

no title

no title

no title

【清楚なお天気キャスター・池岡星香、佐々木希お手本に女優&モデル目指します!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/29(土) 22:17:08.09 ID:CAP_USER9
 能年玲奈から「のん」(23)と改名し、初のCM起用となったLINEモバイルに加え、この4月からは岩手銀行のイメージキャラクターに就任。新人行員の入社式では、同じ制服を身にまとって出席し、その健在ぶりをアピールした。
 「事務所トラブルが長引いているせいもあり、全盛期のような活躍はまだまだですが、確実に状況はよくなっている。通称“いわぎん”は岩手県最大の銀行。地方バンクとはいえ、いいスポンサーがついたと思います」(芸能ライター)

 岩手といえば、彼女の代表作であるNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台にもなった土地。それだけに喜びもひとしおだろう。
 「ただ、'15年に起きた所属事務所との独立問題は、今も係争中です。HPには、いまだ能年玲奈の名前が出ていますから、ドロ沼ぶりが分かります」(同)

 解決もしないまま、彼女は芸名を“のん”に変え、昨年11月に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』に、主演・すず役で出演。同作は『第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞』に選ばれるなど話題となったが、彼女の名は黙殺された。
 「のんは、芸能界の掟破りのレッテルを貼られ、いわゆる干されている状態ですから、金銭で和解するしか打開策はない。最近、彼女も少しずつ理解してきているようで、金策のために活動拠点を広げているそうです。岩手に着目したのも、その一つと考えてもよいでしょう」(スポーツ紙記者)

 また、新情報によれば、今後は関西方面でも活動していくという。
 「もともと彼女は、兵庫県出身。関西には東京圏とは違うテレビ局もあるし、出版社もある。一時、1億円と囁かれた和解金も、もはや半額でも飲むと言われているだけに、関西も視野に入れて活動していく可能性は大きい」(同)

 そしてもう一つ、関西進出には狙いがあるという。
 「ズバリ、写真集出版です。聞けば、すでに脱がせ屋たちが接触しているとか。全裸はNGですが、透け下着での秘貝見せ写真集ならOKのよう。ただ、彼女の要求は1億円以上。ある出版社は10万部、ギャラ4000万円を見積もっているようですが、折り合いがつくか…」(写真集編集者)

 どうせ芸能界から嫌がらせされるのなら、「透け下着秘貝見せ写真集」大放出で芸能事務所、テレビ各局を仰天させちゃえ!
 もう「あまちゃん」なんて呼ばせない“セクシーのん”の誕生だ。東京がダメなら大阪があるさ。

http://wjn.jp/article/detail/7115601/

7115601-1-1

【【余裕】のん “透け下着秘貝見せ写真集”で「あまちゃん」卒業】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/29(土) 16:24:17.80 ID:CAP_USER9
 社会情勢からエンタメまでノンジャンルのニュースを届ける情報報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系、月~金曜深夜)が2016年4月のスタートから1年たった。同番組でメインMCを務めるモデルの市川紗椰さんに番組への思いや心境の変化などについて話を聞いた。

――市川さんがメインMCに就いて1年が経ちました。振り返っていかがですか?

 あっという間のような気がしますが、10年ほど続けているような気持ちもあり、不思議な感覚です。ここ数カ月で、やっとなじんできたかなと感じられる点が増えてきました。思いのほか慣れるまでに時間がかかったのは、ほぼ毎日、同じ時間に、同じ顔ぶれで集まるということ。「ユアタイム」はウィークデーの生放送なので、決められた時間におなじみのメンバーが集まって番組の進行を務めます。規則正しく進んでいくこの感じは、高校生以来の体験です(笑)。

――深夜の生放送ということで生活リズムはどうですか?

 最初のうちは時差ぼけのような感覚が続いていました。夜遅いので帰宅してからの食事は控えていたのですが、午前1時半であっても「今は夜の7時半だ!」ということにして、最近は思い切って食べるようになりました(笑)。栄養を取ってしっかり体を休め、ベストな状態で番組に挑めるよう調整しています。

伝える立場で見えてきたルール

――情報を伝える立場になったことで、新たな気づきはありましたか?

 「言えること」と「言えないこと」が想像していた以上に存在することです。一視聴者の時は「どうしてこの情報は伝えないんだろう?」などと疑問を抱くときがありましたが、「正確に情報を伝える」という立場に立つと、いろいろなルールが見えてきます。実際には、時間が足りないために簡潔にまとめるなど、単純な理由だったりするのが意外でした。

――ほかの情報番組と比べると「ユアタイム」が一番遅い時間に放送されています。その日のトリを飾っているわけですが。

 そうなんです。最後の時間帯だからこそ、出来ることがたくさんあると感じています。放送直前まで最新情報を入れられますし、冷静に物事を伝えることができます。1日を締めくくる番組なので、視聴者に伝える事柄は、発生してから時間が経っているんですよね。だからこそ、頭をクリアにして多角的に物事を見られると思います。なぜこの情報が出てきたのか、なぜこのタイミングなのか。全体を俯瞰(ふかん)し、冷静に伝えていきたいと考えています。

――特に印象に残っているニュースは何でしょうか?

 相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件は衝撃でした。事件の真相がまだ明らかになっていない時点で臆測が飛び交い、差別を助長するような風潮になっている印象を受けました。少し話は変わりますが、父がアメリカ人なので、外国と比べることで日本について考えることがあります。日本の場合、容疑者段階でプライベートも含めた情報を調べ、強い関心を示す。ところが、裁判が始まった途端にまったく注目しなくなるということは少なくありません。すっかり忘れ去り、判決の結果だけを知る人はきっと多いはずです。

 「より学びを吸収できるのはどっちなんだろう?」と考えると、私は、裁判に入ってからの方がより重要ではないかと思うんです。どんな事件であったかを振り返り、こういったプロセスで進み、こんな対策が行われたということを段階ごとに考えることは、事件そのものをとらえるとき、非常に大きな意味を持つと日頃から感じています。

>>2以降に続きます

朝日新聞デジタル 4/29(土) 11:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010002-asahit-ent 


no title

no title

AS20170425003423_comm

【ユアタイムMCの市川紗椰 自分らしく「伝えたいことをもっと」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/29(土) 22:35:08.13 ID:sBN/hMfV0 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
  日本時間の4月29日3時より国際大会「MSI」が開幕した『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』プロシーン。開幕直前である4月28日未明に、
ブラジル代表チーム「RED Canids」所属のFelipe “YoDa” Noronha選手がSNSにて日本人に対する人種差別発言を行ったとして、運営よりMSIにおける3試合の出場停止および2000ドルの罰金処分が発表された。

YoDa選手はブラジルの『LoL』プロリーグで今年の春スプリットで優勝した「RED Canids」のサブミッドレーナーだ。
もともとブラジルの有名配信者であり、配信の視聴者を中心に絶大な人気を誇っている。
その彼が4月28日に行った「Ja passei gritando Flango no quarto de hotel dos japoronga aqui e BR full trab flw」というポルトガル語のツイートは、コミュニティで即座に物議を醸した。
ポルトガル語で鶏を意味する「Frango」だが、ここでは日本人がRを正確に発音できないことを揶揄する意図で「Flango」とスペルを変えられている。
またツイート後半の「japoronga」はポルトガル語における日本人への侮蔑表現となる。
これがMSIルール(PDFファイル)に定められた「不敬とヘイトスピーチ」「差別と誹謗中傷」を禁じる条項に違反していたという判断だ。
YoDa選手はコミュニティの反応を受け、すぐに謝罪をツイートした後に当該ツイートを削除。現在は謝罪ツイートも削除されている。

『LoL』プロシーンは国際大会で過去に同様の事件を経験している。ステージごとにアジア各地で開催された2014年の世界大会で、
支給された台湾サーバーのアカウント名を台湾人を侮辱する文言に変更したとして、EUから出場したSK Gaming所属(当時)のSvenskeren選手が3試合の出場停止および2500ドルの罰金処分を受けたのだ。
コミュニティではこの事例を思い出すファンが多く、同等の処分を望む声がすぐさま上がっていた。

中央に立つbrTT選手のすぐ左側に寄り添うのがYoDa選手。ジャングラーからミッドへとコンバートしたデビュー戦はなんとつい先月の準決勝だった。画像出典:@lolesportsbr
no title

【【悲報】ブラジル人プロゲーマーが日本人に差別発言をし大会出場停止&罰金処分 なお謝罪tweetを削除】の続きを読む







このページのトップヘ