なんでも速報

1: なまえないよぉ~ 2017/06/23(金) 12:23:31.58 ID:9Fmz7anb0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
コスプレのクオリティーの高さから“日本一のコスプレイヤー”との呼び声の高いえなこ(23)が、22日発売の『週刊ヤングジャンプ』30号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。セクシーでハイクオリティーな魅惑のコスプレ5体を披露した。

えなこはコスプレのクオリティーをはじめ、透明感のあるルックス、知名度の高さから“日本一”と評され、『ナカイの窓』などテレビ番組にも出演し、注目度は急上昇中。
今年2月には、同誌史上初めてコスプレイヤーとして表紙を飾った。

同号のグラビアは、一冊を通して連載中のくノ一コメディー漫画『クノイチノイチ』(作:金沢真之介)とのコラボ企画を実施。
えなこは「あやめ」に扮し、水着や花魁、ネコ風衣装などのセクシーコスプレを華麗に着こなし、魅惑の“えなこワールド”を誌面で繰り広げている。

また、センターグラビアではグラドルの小日向結衣(23)が渚、巻末グラビアでもメガネっ娘アイドルの加藤里保菜(21)が美月を演じたコスプレを披露している。

同号の巻頭カラー漫画は、茅ヶ崎麻氏の新連載アクション作品『TAMATA』。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000344-oric-ent 

mm161231-0120380440

 
  
no title

【自称カリスマのコスレイヤーえなこさん画像修正してないと大したことないと話題に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/22(木) 18:34:57.07 ID:CAP_USER9
有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。
6月19日から第12週「内緒話と、春の風」が放送中。
22日に登場した、ぱるるの愛称で人気の島崎遥香が演じる牧野由香の“塩対応”が、インターネット上でも話題になっていた。

由香は、すずふり亭の料理長・省吾(佐々木蔵之介)の娘で、母親の死がきっかけで、わがままな”跳ねっ返り娘”になってしまい、父親にも反抗的な態度を……。
ヒロインのみね子(有村)は、ある日の休憩時間、省吾(佐々木)に、届け物を頼まれ、娘・由香(島崎)に会いに、近くの喫茶店に向かう。
そこでの由香の失礼な言動に、さすがのみね子もハラを立てる。

そんな堂々とした由香の演技について、
ネット上では「いい感じに感じ悪かったなあ♪ 跳ねっ返り娘由香ちゃん」「平和な朝ドラにようやくヒール役! 由佳、感じ悪いけど可愛いし、まだそんなにイライラしない。これからかな?」「ぱるるの演技、よかった! 絶妙に感じ悪いところ(笑)がうまく表現できていたと思う。かなりインパクトあり」「母親は誰なのか?」といった声があがっており、その存在感は視聴者にも強烈な印象を残したようだ。
島崎はキャスト発表会見で、「初めて見たときは、“なんだこの嫌な女”って思うかもしれないんですけれども、どうか最後まであたたかい目で見ていただけたらうれしいです」と語っていただけに、そのキャラクターにも注目したい。

<6月23日のあらすじ>
省吾(佐々木)に続いて鈴子(宮本信子)にも、ないしょで由香(島崎)への届け物を頼まれたみね子(有村)。
「今度こそ喫茶代を払わない」と意気込んで行くが、由香の失礼な態度でまたもや嫌な気分に。
誰にも言えず落ち込んでいると、秀俊(磯村勇斗)から意外なことを聞かされる。
その夜、仕事終わりに省吾から誘われて連れていかれたのは、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」だった。

http://www.excite.co.jp/News/tv/20170622/Dogatch_45569.html

NHK朝ドラ『ひよっこ』 牧野由香役 島崎遥香
no title

no title

no title

no title

no title

元AKB48 島崎遥香
no title

no title

no title

【ぱるる、朝ドラ『ひよっこ』に登場 「ぱるるの演技、よかった!」「感じ悪いけど可愛い」と話題に!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/23(金) 00:18:14.46 ID:ubvsL4qP0 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
最後の「モンキー」を7月から受け付け ホンダのミニバイク 500台限定で50周年特別車 - 産経ニュース

 ホンダは22日、8月末で生産を終了する排気量50ccのミニバイク「モンキー」の最後のモデルと
なる特別車「50周年スペシャル」を発表した。500台限定で、7月21日から専用サイト
http://www.honda.co.jp/motor-order/monkeysp/)で受注を開始する。希望小売価格は43万2千円。

 モンキーは昭和42年に初代モデルを発売し、独特の車体デザインが人気を集めた。だが、ホンダは
今年9月の排ガス規制の強化を踏まえ、技術やコストの面で生産継続が難しいと判断した。

 50周年スペシャルはスチール製の前後フェンダーや燃料タンクなどに仕上げの美しさを追求した
クロムメッキを施すほか、記念ロゴなどを採用した。受注は8月21日まで受け付け、限定台数を上
回る申し込みがあった場合は公開抽選を行う。
http://www.sankei.com/economy/news/170622/ecn1706220046-n1.html
no title

【最後のHONDA「モンキー」を7月から受け付け 500台限定で50周年特別車】の続きを読む







このページのトップヘ