なんでも速報

1: なまえないよぉ~ 2017/05/29(月) 20:25:34.01 ID:CAP_USER9
森高千里が、1990年代前半に行ったツアーのセットリストを再現する「TOMORROW NEVER KNOWS」と題したライブを10月に3公演行うことが決定した。

この企画では、10月6日の東京・昭和女子大学人見記念講堂にて1991年のツアー「ザ・森高」、10月11日の東京・Zepp DiverCity TOKYOにて1992年のツアー「ROCK ALIVE」、10月12日のZepp DiverCity TOKYOにて1993年のツアー「LUCKY SEVEN」を再現。約25年前のステージを体感できる貴重な機会となりそうだ。

チケットは8月12日に一般発売開始。(以下略、全文はソースをご覧ください。)

◆TOMORROW NEVER KNOWS

◇「ザ・森高」
2017年10月6日(金)東京都 昭和女子大学人見記念講堂

「ザ・森高」1991年8月22日 渋谷公会堂 セットリスト
01. 彼女
02. 短い夏
03. ザ・勉強の歌
04. 青春
05. あるOLの青春 ~A子の場合~
06. ザ・ミーハー
07. 雨
08. ザ・のぞかないで
09. ザ・ストレス
10. NEW SEASON
11. 臭いものにはフタをしろ!!
12. その後の私
13. 夜の煙突
14. GET SMILE
15. 八月の恋
16. ファンキー・モンキー・ベイビー
17. テリヤキ・バーガー
18. この街

>>2以降につづく)


森高千里
no title

http://natalie.mu/music/news/234526

【25年前の森高を再び!森高千里が90年代ツアーのセットリスト再現ライブ】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2017/05/30(火) 02:25:16.38 ID:Jl+6uCmi0 BE:828293379-PLT(12345) ポイント特典
2017年5月25日、とある女性アイドルがネット配信を行っていたところ、うっかりカメラに生理用品のナプキンが映るハプニングが発生。

「映しちゃいけないもの映しちゃった」と、焦ってナプキンを隠す女性アイドル。
すると、にわかには信じがたいコメントが動画に寄せられました。

『月経がある女性=男性経験済み』?
「このアイドルは男性経験済み!性行為の予定ないのに、生理する意味ってあんの?」

なんとこのファンは、『月経がある女性=男性経験済み』だと思っているのです。

女性アイドルが所属するグループは『恋愛禁止』とされています。そのため、コメントをしたファンは怒ったのかもしれません。


2017年5月25日、とある女性アイドルがネット配信を行っていたところ、うっかりカメラに生理用品のナプキンが映るハプニングが発生。

「映しちゃいけないもの映しちゃった」と、焦ってナプキンを隠す女性アイドル。
すると、にわかには信じがたいコメントが動画に寄せられました。

『月経がある女性=男性経験済み』?
「このアイドルは男性経験済み!性行為の予定ないのに、生理する意味ってあんの?」

なんとこのファンは、『月経がある女性=男性経験済み』だと思っているのです。

女性アイドルが所属するグループは『恋愛禁止』とされています。そのため、コメントをしたファンは怒ったのかもしれません。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13127248/


【生理って処女膜が破れてから始まるんだよな??】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/29(月) 20:13:15.99 ID:CAP_USER9
『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

報道情報番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)ではメインMCを務める人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

自他共に認めるガンダムオタクの彼女。お台場の「実物大ガンダム」解体を惜しんで考えたアイデアとは…?

* * *

お台場のランドマークだった「実物大ガンダム」が、今年3月に解体・撤去されました。私も『ユアタイム』に出演させていただくようになってから毎日のようにお台場に通っていたので、なくなると聞いたときはとてもショックでした。

ガンダム立像の前にあるフードコートまでご飯を買いに行って、「今日も立ってるなぁ」と見上げたあの日。雪が降るなか、「雪に耐えるガンダムが見たい」と思って出かけた思い出…。お台場のガンダムは、私にとって日常そのものでした。

この実物大ガンダムが、お台場・潮風公園に初めてお目見えしたのは、2009年でした。台場の海をバックにそびえ立つ、高さ18mのガンダム立像を見たときの感動は、言葉にできないほどでした。「ホンモノだ! ホンモノがいる!」と、デジカメで何十枚も写真を撮ってしまった記憶があります。

潮風公園での展示は2ヵ月弱と短かったんですが、翌10年、実物大ガンダムは静岡に出撃します。日本最大のプラモデル産地である静岡市にあのガンダムが立つとあって、このときは、組み立て中の様子も見に行きました。でっかいクレーンに囲まれた姿は、まるで本物のガンダムの生産工程を見ているようで、ものすごく興奮させられました。

そして、お台場のダイバーシティ東京にやって来たのは12年。潮風公園や静岡のガンダム立像には、足元に台座のようなものがあったんですが、ダイバーシティは足元まで近づくことができる構造になっていてうれしかったです。解体時にも、まず左腕と頭部を外し、テレビアニメ最終回の「ラストシューティング」状態の姿を見せてくれたりと、最後までわくわくさせられました。

>>2以降に続きます

[2017年05月29日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/05/29/85321/
no title

【市川紗椰が語るガンダム愛「日本全国に実物大モビルスーツを立ててほしい」】の続きを読む







このページのトップヘ